M&A仲介会社を徹底比較!口コミ・評判・実績情報まとめ!

M&A仲介会社をどこにするか検討する際、数多くのM&A仲介会社の中から選ぶのは簡単なことではありません。そこで今回は、主要なM&A仲介会社を比較し、特徴や評判・手数料・実績をまとめました。M&A仲介会社を比較する際のポイントについても、併せて解説します。


目次

  1. M&A仲介会社とは
  2. M&A仲介会社の動向
  3. M&A仲介会社の徹底比較
  4. M&A仲介会社を比較するポイント
  5. M&A仲介会社選びにお困りの際は
  6. まとめ

1. M&A仲介会社とは

M&A仲介会社とは

M&A仲介会社は、M&Aを行う売り手側と買い手側両方とアドバイザー契約を結び、M&Aの手続きを仲介します。M&Aアドバイザーが間に入ることで交渉が円滑に進み、スピーディに手続きが進むメリットがあります。

以前までは、M&Aといえば大企業が事業拡大のために行うイメージが強くありました。

しかし、近年では事業承継によって後継者不在問題を解決するためや、会社の売却益で新事業を始めるためなど、さまざまな目的で事業を売却する中小企業が増えています。

このようなM&Aニーズの変化によって、M&A仲介会社もさまざまなサービスを提供するところが増えました。本記事で紹介するM&A仲介会社も、独自のサービスで高い評判を得ている会社です。

M&Aアドバイザリーとの違い

M&Aアドバイザリーは、売り手か買い手どちらかとアドバイザリー契約を結びます。契約側の利益を最大化するように動いてもらえますが、交渉は長引きやすいです。

M&A仲介とM&Aアドバイザリーは契約形態が違いますが、M&A支援を行う会社を総じてM&A仲介会社と呼ぶこともあります。

【関連】M&Aのアドバイザリー(FA)ってどんな仕事?選び方やランキングあり!

M&A仲介会社の役割・業務

M&A仲介会社は主に以下の業務を行います。

  1. M&A案件紹介や相手探し
  2. M&Aの交渉を行う
  3. M&A先企業のデューデリジェンスを実施
  4. 契約書類の作成
  5. 統合プロセスの調整

M&A案件紹介や相手探し

M&A仲介会社では、売却先、買収先の案件紹介をしたり、相手探しをサポートしたりします。案件は、M&A仲介会社がWEBサイトでノンネームシートを公開するのが一般的です。サイトに行くだけで見られる場合もあれば、会員登録することで見られる場合もあります。

また、相手探しは、M&A仲介会社が直接交渉する方法や、最近ではAIを使ったマッチングシステムによって最適な相手を見つける方法などがあります。

M&Aの交渉を行う

M&A仲介会社はM&Aに関する交渉を仲介します。売り手と買い手の直接交渉ではなかなか思うことを伝えられなかったり、逆に感情的に伝えすぎたりして、交渉がスムーズに進まない事例もあります。

特に、自社に強い思い入れのある中小企業のオーナー社長同士の場合は、トラブルになることもあるでしょう。このようなケースでも、M&Aアドバイザーに交渉を代行してもらうことで、客観的で合理的な交渉を行うことができます。

M&A先企業のデューデリジェンスを実施

デューデリジェンスとは、企業調査のことです。買収先の企業価値算定やリスク要因の洗い出しなどを行います。デューデリジェンスを行うには、会計・税務、法務などさまざまな知識が必要なので、専門家の力が要ります。

M&A仲介会社にデューデリジェンスを実施してもらうことで、M&A後のトラブルを防ぎ、統合効果を高めることが可能です。

契約書類の作成

M&Aでは基本合意契約書や最終契約書など、さまざまな書類を作成しながら手続きを進めます。特に、株式譲渡契約書や事業譲渡契約書などの最終契約書にどのような契約を盛り込むかは、M&A後のトラブルを防ぐ意味でも重要です。

契約書の記載事項は法令で定められていないので、契約書の質は作成者次第のところがあります。M&Aの経験豊富なM&A仲介会社に契約書類作成をサポートしてもらうことで、M&A後にトラブルが起きたときも自社の損失を抑えることが可能です。

統合プロセスの調整

M&A仲介会社によっては、M&Aの手続きだけでなく、M&A後の統合プロセス(PMI)もサポートします。

M&Aの成功率は3割から5割程度といわれている中で、PMIは統合効果を高めるために重要な役割を果たします。M&A仲介会社にPMIを実施してもらうことで、期待していた統合効果を得やすくなるのです。

【関連】M&Aコンサルってどんな仕事?仲介会社との違いや選び方を解説!

2. M&A仲介会社の動向

M&A仲介会社の動向

M&Aの需要が増加し、目的が多様化したことによって、さまざまな要望に応えられるM&A仲介会社も増えてきました。年々変化を続けるM&A仲介会社の動向について解説します。

ITを駆使したサービスの進化

最近はAIやビッグデータを活用するなど、ITの先端技術を取り入れたM&A仲介会社が複数出てきています。

属人的といわれるM&A仲介会社の業務ですが、ITと人力を融合することで、両方のメリットを活かしたM&Aが実現できるようになりました。

手数料の低価格化

M&A需要が高まり、中小企業もM&Aを行うようになったことから、低価格な手数料で仲介を行うM&A仲介会社が増えました。

低価格でもサービスの質は高いので、順調に業績を伸ばす仲介会社も多く存在します。

手続きの短期化

M&Aの期間が長期化するほど負担が大きくなるので、M&Aの期間を気にする中小企業の経営者は多いです。そのため、短期間でM&Aを完了できるM&Aが増えてきました。

通常、速くても半年から1年以上かかっていたM&Aを、質を落とすことなく3ヶ月から半年程度で完了するM&A仲介会社も増えています。

3. M&A仲介会社の徹底比較

M&A仲介会社の比較

ここからは主要なM&A仲介会社の特徴などを比較して紹介します。今回紹介するM&A仲介会社は、以下28社です。

  1. M&A総合研究所
  2. Blue Partners
  3. TRANBI(トランビ)
  4. 中小企業M&Aサポート
  5. インテグループ
  6. 日本M&Aマネジメント
  7. コーポレート・アドバイザーズM&A
  8. かえでファイナンシャルアドバイザリー
  9. 会社引継ぎセンター新潟
  10. 経営承継支援
  11. 信金キャピタル
  12. アルテパートナーズ
  13. M&Aアソシエイツ
  14. 早稲田M&Aパートナーズ
  15. ロシェル
  16. つばさM&Aパートナーズ
  17. インターリンク
  18. フォーバル
  19. クラリスキャピタル
  20. NIコンサルティング
  21. 東京MAパートナーズ
  22. オンデック
  23. 名南M&A
  24. リソア
  25. 共生基盤
  26. レコフ
  27. アドバイザリー
  28. Tryfunds

①M&A総合研究所

M&A総合研究所

出典: https://masouken.com/

1社目はM&A総合研究所です。仲介の質の高さとスピード、安さをお求めの方におすすめいたします。

特徴・アピールポイント

M&A総合研究所では、独自のAIシステムを用いたマッチングプラットフォームを運用しております。プラットフォームの登録料・利用料は、売り手・買い手双方で完全無料です。

また、M&Aに精通したM&Aアドバイザーが案件をフルサポートいたします。通常6ヶ月から1年以上かかるM&Aを、最短3か月で成約しております。

着手金、中間報酬は無料で、成功報酬は業界最安値水準のシンプルな料金設定です。無料相談を行っておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

手数料・相談料など

M&A総合研究所の手数料・相談料などは、以下です。

  • 相談料:無料
  • 着手金:無料
  • 中間報酬:無料
  • 最低成功報酬:なし
  • 成功報酬:レーマン方式

口コミ・評判

M&A総合研究所を利用した方の口コミを紹介します。

  • 「依頼してから4ヶ月で、希望額でM&Aができた。1ヶ月経たずに譲渡先を見つけてもらった。担当者には親身に相談に乗ってもらった。」
  • 「プラットフォーム経由で1週間で買い手が見つかった。非常にスムーズにM&Aが進み、安心して任せることができた。」

実績数

実績数は、非公表です。

おすすめの会社規模

M&A総合研究所では、中規模案件から小規模案件まで幅広く対応しております。また、個人事業主のM&A案件も取り扱っております。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
03-6455-5875
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

②Blue Partners

2社目は、Blue Partnersです。専門性の高いM&A仲介会社を求める方におすすめです。

特徴・アピールポイント

Blue Partnersは、2017年9月に設立の比較的新しい会社ですが、すでに多くの成約実績があります。

また、MBOなどの複雑な案件も取り扱う点が特徴で、資金調達・事業成長コンサルティングなども行っています。

手数料・相談料など


手数料・相談料などは、要問い合わせです。

口コミ・評判

Blue Partnersは、「資金調達とM&Aで事業の成長機会を創造する」と謳っており、「資金調達コンサルティング」「事業成長コンサルティング」のサービスを行い、M&A成約へと導きます。

このような実力があるにもかかわらず、料金設定は他社よりリーズナブルな点が好評です。

実績数

実績数は、非公表です。

③TRANBI(トランビ)

3社目は、TRANBI(トランビ)です。オンラインM&A仲介サービスを求める方におすすめです。

特徴・アピールポイント

TRANBI(トランビ)は、オンラインM&A仲介サービス「TRANBI」を運営しており、メッセージを直接受け取ることができる国内初のM&Aプラットフォームです。

事業の買取希望を無料で募ることができ、幅広い候補者から選択できる点が強みです。費用を抑えたい方にも適しています。

手数料・相談料など

手数料・相談料などは、下記です。

  • 売り手:無料
  • 買い手:成約価格の3%

口コミ・評判

買い手からは「国内外の多数の案件の中から、自分で事業を探せる」という声が見られます。売り手からは「案件は匿名で掲載でき、複数の買い手がすぐに見つかった」という声があります。

これらの口コミから、スムーズに相手先を探せる点が好評だといえるでしょう。

実績数

TRANBI(トランビ)のホームページ上で、「成約・成功実績一覧」として事例を掲載しています。

  • 累計案件数:6,954件(2021年1月時点)

④中小企業M&Aサポート

4社目は中小企業M&Aサポートです。高い成約率と丁寧なサポートを求める方におすすめです。

特徴・アピールポイント

中小企業M&Aサポートは、中小企業のM&Aを中心に仲介しています。数百万円〜数千万円規模のM&A仲介実績が豊富で、小規模M&Aに強みを持ちます。また、案件成約率の高さも魅力です。

中小企業M&Aサポートは、成約数より成約率を重視するため89%を超える高成約率で、経営者とのコミュニケーションを重視しています。

手数料・相談料など

中小企業M&Aサポートの手数料・相談料などは、以下です。

  • 相談料:無料
  • 着手金:無料
  • 中間報酬:50万円
  • 成功報酬:レーマン方式
  • 最低成功報酬:150万円

口コミ・評判

中小企業M&Aサポートを利用した経営者の口コミでは、「中小企業M&Aサポートは案件の質を重視しているため、アドバイザーがよく話を聞いてくれて、納得いくまで説明してくれる」といった、印象の良さを挙げていました。

また、案件が小規模ということもあり、成約までがスピーディという声もあります。

実績数

実績数は、非公表です。

⑤インテグループ

5社目はインテグループです。経験豊富なM&Aアドバイザーを求める方におすすめの仲介会社です。

特徴・アピールポイント

インテグループは、中小企業から中堅企業までのM&A仲介を得意としています。売り上げでは、1億円から150億円までがコアターゲットです。

インテグループでは、経験豊富なM&Aアドバイザーがスピード感を持って対応できる強みがあります。そのため、成約までにもスピード感があり、平均6ヶ月から1年以上かかるM&Aを、インテグループでは3ヶ月から半年ほどで成立させます。

手数料・相談料など

インテグループの手数料・相談料などは、以下です。

  • 相談料:無料
  • 着手金:無料
  • 中間報酬:無料
  • 成功報酬:レーマン方式
  • 最低成功報酬:500万円

口コミ・評判

口コミで多いのが、M&Aアドバイザーの反応の速さです。相談に対する反応が速く、決断や具体的指示も速いことが、スピード感を求める経営者に好評です。

実績数

実績数は、非公表です。

⑥日本M&Aマネジメント

6社目は、日本M&Aマネジメントです。コンサルティングも行って欲しい方におすすめの仲介会社です。

特徴・アピールポイント

日本M&AマネジメントではM&A仲介の他にも、企業再生コンサルティングやファンドの運営も行っています。そのため、M&Aの手続きをサポートするだけでなく、M&Aも含めたトータルなコンサルティングに強みを持ちます。

自社で企業を買収し、コンサルティングによって成長させてから売却する投資ファンド業も行っているため、企業価値を向上させるコンサルティング力が強みです。

手数料・相談料など

手数料・相談料などは、非公表です。

口コミ・評判

日本M&AマネジメントのM&Aアドバイザーは、企業のM&Aニーズを掘り起こす新規開拓からM&Aの成約まで一貫して行うため、高い営業力とコンサルティング能力、努力が求められます。

そのため、日本M&Aマネジメントのベテランアドバイザーには、優秀なスペシャリストが在籍しています。

実績数

実績数は、非公表です。

⑦コーポレート・アドバイザーズM&A

7社目は、コーポレート・アドバイザーズM&Aです。税務や相続などの相談もしたい方におすすめの仲介会社です。

特徴・アピールポイント

コーポレート・アドバイザーズM&Aは会計事務所グループで、会計・税務に強みを持ちます。グループ全体で会計士・税理士が多数在籍しているほか、社会保険労務士や相続診断士も複数在籍しているので、労務や相続にも対応します。

ベンチャー企業から東証1部上場企業のM&A仲介・コンサルティングまで幅広くサポートできる点が強みです。また、少数精鋭で対応するため、スピード感のあるサポートが特徴です。

手数料・相談料など

手数料・相談料などは、以下です。

  • 相談料:無料
  • 着手金:50万円
  • 中間報酬:無料
  • 成功報酬:レーマン方式
  • 最低成功報酬:1,000万円

口コミ・評判

コーポレート・アドバイザーズM&Aでは数多くのセミナーを開催していて、「質問や相談をするとその分野の専門家が丁寧に対応してくれる」と好評です。

セミナーでの相談からそのままM&Aの依頼をしたケースもありました。

実績数

実績数は、非公表です。

⑧かえでファイナンシャルアドバイザリー

8社目は、かえでファイナンシャルアドバイザリーです。ベンチャー企業のM&A、コンサルティングにおすすめの仲介会社です。

特徴・アピールポイント

かえでファイナンシャルアドバイザリーは、中堅・中小企業へのM&Aを含めたコンサルティング業務を行っています。また、クロスボーダーM&Aにも対応していて、海外にネットワークがあります。

さらに、2005年の創業から300件以上の成約実績があり、近年のM&Aによるイグジット需要からベンチャー企業からの相談が急増しています。

ベンチャー企業へのサポートはM&Aだけでなく、資金調達、第2創業支援、会社売却後の税金対策や資産運用など、トータルなコンサルティングサポートを行う点が特徴です。

手数料・相談料など

かえでファイナンシャルアドバイザリーの手数料・相談料などは、以下です。

  • 相談料:無料
  • 着手金:無料
  • 中間報酬:無料
  • 成功報酬:レーマン方式
  • 最低成功報酬:500万円

口コミ・評判

かえでファイナンシャルアドバイザリーを利用した経営者からは、コンサルティングサポートが好評でした。

電話でM&Aの相談をすると、窓口で詳しく案内してもらえます。M&Aの担当者からは、コンサルティング部門からのサポートを勧められます。

実績数

かえでファイナンシャルアドバイザリーの実績数は、以下です。

  • 2019年M&A完了件数:89件

⑨会社引継ぎセンター新潟

9社目は、会社引継ぎセンター新潟(運営:絆コーポレーション)です。人材関連企業、医療・介護企業におすすめの仲介会社です。

特徴・アピールポイント

会社引継ぎセンター新潟は、新潟に拠点を置く企業で、M&A仲介のほか地域密着型の人材紹介業、医療・介護特化の人材派遣、職業紹介業などを行っています。対応地域は関東甲信越を中心に全国対応です。

会社引継ぎセンター新潟は、これまで上記の事業以外に、ビルメンテナンスや空調ダクト、給食といったさまざまな事業を行ってきた企業です。同じ事業会社の目線から、経営者に寄り添ったM&Aを行える点が他のM&A仲介会社と異なる特徴です。

手数料・相談料など

会社引継ぎセンター新潟の手数料・相談料などは、下記です。

  • 相談料:無料
  • 着手金:無料
  • 中間報酬:無料
  • 成果報酬:レーマン方式
  • 金額によって最低成功報酬有り

口コミ・評判

会社引継ぎセンター新潟は、経営者とのコミュニケーションや地域の活性化を重視することから、M&Aの真摯な対応や地元での事業承継支援で好評を得ています。

特に、人材関連業界や医療・介護業界のM&A仲介で高い評価を得ています。

実績数

実績数は、非公表です。

⑩経営承継支援

10社目は、経営承継支援です。高い成約率と親身な対応を求める方におすすめの仲介会社です。

特徴・アピールポイント

経営承継支援では、M&Aを行う前提で話を進めません。経営者の話をよく聞いたうえでさまざまな選択肢を説明し、M&Aが最適な方法だと判断した場合に、初めてM&Aの提案を行うスタンスです。

そのため、M&Aについての知識がない経営者でも適正な判断ができ、安心してM&Aを行うことができます。承継支援では第三者へのM&Aだけでなく、親族や役員への事業承継も視野に入れて無料で診断するため、経営承継支援の成約率は非常に高いです。

手数料・相談料など

手数料・相談料などは、以下です。

  • 相談料:無料
  • 着手金:無料
  • 中間報酬:100万円
  • 成功報酬:レーマン方式
  • 最低成功報酬:500万円

口コミ・評判

経営承継支援を利用した方の声で多いのが、「安心した」「迷いが消えた」といった精神的なメリットです。経営者にとってM&Aは大きな不安が伴いますが、事前に納得するまで説明してもらうことで安心感を得ています。

結果的にM&Aに至らなかったケースでも、「いずれM&Aを行うときは、経営承継支援に依頼したい」という声もあります。

実績数

実績数は、非公表です。

⑪信金キャピタル

11社目は、信金キャピタルです。信用金庫のネットワークサポートを受けたい方におすすめです。

特徴・アピールポイント

信用キャピタルは、信用金庫の中央銀行的な位置付けにある、信用中央金庫が全額出資しているベンチャーキャピタルです。ベンチャーキャピタルとは、成長性のある非上場会社に投資し、コンサルティングをとおして企業価値を上げる投資会社のことです。

M&A仲介では、中小企業に特化してサポートを行います。全国の信用金庫ネットワークを活かしてサポートを行うため、幅広い地域、業種の情報を持ちます。

また、信用キャピタルでは個別相談セミナーを随時受け付けていて、M&Aが必要ないと判断すれば、他の選択肢を示すこともあります。

手数料・相談料など

手数料・相談料などは、以下です。

  • 相談料:無料
  • 着手金:有り
  • 中間報酬:なし
  • 成功報酬:レーマン方式

口コミ・評判

信用キャピタルでは、「M&Aアドバイザーからの電話営業や訪問営業などはなく、こちらから相談した場合にのみ応じてもらえるので安心」という声があります。

また、信用金庫と取引がなくても、M&Aの無料相談に応じてくれる点が好評です。

実績数

実績数は、非公表です。

⑫アルテパートナーズ

12社目は、アルテパートナーズです。安さを求める小規模事業者などにおすすめの仲介会社です。

特徴・アピールポイント

アルテパートナーズでは、中小企業の小規模案件や個人事業主のM&Aに積極的に取り組んでいます。特に美容系や飲食系のM&Aに強みを持ちます。また、小規模M&Aに合わせて仲介手数料が安く、シンプルな設定も魅力の1つです。

アルテパートナーズは、近年需要が増加している中小企業の海外M&Aを仲介してきた実績もあり、マッチングの段階からサポートしてもらえます。

アルテパートナーズのM&Aアドバイザーは、完全成功報酬型で業務委託契約を結んでいる、いわば個人事業主です。そのため、経営者目線に近い感覚でM&Aをサポートできます。

手数料・相談料など

手数料・相談料などは、以下です。

  • 相談料:無料
  • 着手金:無料
  • 中間報酬:無料
  • 成功報酬:レーマン方式
  • 最低成功報酬:150万円

口コミ・評判

アルテパートナーズの利用者には、個人店などの小規模事業者も多いです。他の大手M&A仲介会社に依頼できなかった経営者も、「アルテパートナーズで丁寧に対応してもらえた」という声があります。

また、「アルテパートナーズの運営するWEBメディアの『M&Aファイナンス新聞』をきっかけに依頼した」という声もありました。

実績数

実績数は、非公表です。

⑬M&Aアソシエイツ

13社目はM&Aアソシエイツです。公的機関のような安心感を求める方におすすめの仲介会社です。

特徴・アピールポイント

M&Aアソシエイツは、公的金融機関出身者で設立されたM&A仲介会社です。そのため、M&A仲介の方針にも公的金融機関の特徴が受け継がれており、公平性を大事にしています。

また、目先の利益ではなく、中長期的な視点でM&Aをサポートします。M&Aアソシエイツが得意とするのは、中堅企業・中小企業の流通・小売業界です。

M&Aアソシエイツでは、中小企業特化型のM&A売買ニーズ情報掲載システム『M&Aニーズセンター』を運用しています。これにより、効率的なマッチングを実現します。

手数料・相談料など

手数料・相談料などは、以下です。

  • 相談料:無料
  • 中間報酬:無料
  • 成功報酬:レーマン方式
  • 最低成功報酬:なし

口コミ・評判

M&Aアソシエイツを利用した方からは、「売り手と買い手双方が納得いくまで、交渉を丁寧に仲介してもらえる」という評価があります。

また、質問や相談に対する返答の速さと的確さも好評です。

実績数

実績数は、非公表です。

⑭早稲田M&Aパートナーズ

14社目は早稲田M&Aパートナーズです。IT関連のベンチャー企業におすすめの仲介会社です。

特徴・アピールポイント

早稲田M&Aパートナーズでは、ネットベンチャー・IT関連のベンチャー企業に特化したM&A仲介を行っています。代表取締役自身がIT関連の新規事業立ち上げに携わった経験から、独自のノウハウやネットワークを持つ点が強みです。

また、中心メンバーも起業経験があり、ベンチャー起業家の気持ちをよく理解できます。早稲田M&Aパートナーズでは、ベンチャー企業の企業価値を算定するオンライン企業価値算定システムを提供しています。

このシステムにより、算定が難しいベンチャー企業の無形資産を客観的にオンラインで算出できます。

手数料・相談料など

手数料・相談料などは、以下です。

  • 相談料:無料
  • 着手金:無料
  • 中間報酬:無料
  • 成功報酬:レーマン方式
  • 最低成功報酬:有り

口コミ・評判

早稲田M&Aパートナーズには起業家が多いことから、若い起業家からの評価・信頼が高い傾向にあります。

特に、IT関連のベンチャー企業経営者から好評を得ています。

実績数

実績数は、非公表です。

⑮ロシェル

15社目はロシェルです。M&A後のアフターフォローをしっかり受けたい方におすすめの仲介会社です。

特徴・アピールポイント

ロシェルは中堅・中小企業を専門に取り扱う独立系のM&A仲介会社で、1984年に設立された老舗企業です。M&Aアドバイザーは専任担当制で、M&Aの手続きを一貫して担当するので信頼関係を築きやすいメリットがあります。

また、ロシェルはM&A後のアフターケアにも力を入れているので、事業統合後のマネジメントも安心して任せることが可能です。

手数料・相談料など

手数料・相談料などは、以下です。

  • 相談料:無料
  • 着手金:無料
  • 中間報酬:無料
  • 成功報酬:レーマン方式
  • 最低成功報酬:なし

口コミ・評判

ロシェルはアフターM&Aに力を入れていることから、買い手企業の経営者から好評を得ています。

M&Aは引き継ぎ後にトラブルが起きたり、思ったようにM&Aの効果が得られなかったりすることも多いため、丁寧なアフターフォローは経営者の安心材料です。

実績数

実績数は、非公表です。

⑯つばさM&Aパートナーズ

16社目はつばさM&Aパートナーズです。税務関係のサポートを希望する方におすすめの仲介会社です。

特徴・アピールポイント

つばさM&Aパートナーズは、新潟県に拠点を置くM&A仲介会社です。つばさ税理士法人は歴史の古い税理士事務所で、つばさM&Aパートナーズは経営支援室の事業として行われています。

そのため、M&Aの仲介だけでなく、財務診断や経営計画立案、補助金申請のサポートなど、トータルなサポートに強みがあります。

手数料・相談料など

手数料・相談料などは、以下です。

  • 相談料:無料
  • 着手金:30万円〜300万円
  • 中間報酬:無料
  • 成功報酬:レーマン方式
  • 最低成功報酬:有り

口コミ・評判

つばさM&Aパートナーズは、地域の活性化と燕三条市にある地場企業の価値を高めることを目的の1つとしています。

そのため、自社の利益にとらわれず企業のことを考えたサポートで、地元企業から信頼を得ています。

実績数

実績数は、以下です。

  • 仲介実績数:20件

⑰インターリンク

17社目はインターリンクです。積極的な売り込みを求める売却希望の会社におすすめの仲介会社です。

特徴・アピールポイント

インターリンクは比較的大規模の案件を得意としています。買い手から声がかかるのを待つマッチング形式のM&A仲介会社が多い中、インターリンクでは買い手に売り手企業の魅力を売り込むスタイルです。

売り手企業の魅力を積極的に伝えていくことで、最適なマッチング機会を創出します。インターリンクは独立型の仲介会社であり、公平なコンサルティングを重視します。

手数料・相談料など

手数料・相談料などは、以下です。

  • 相談料:無料
  • 着手金:成功報酬に含む
  • 中間報酬:無料
  • 成功報酬:レーマン方式
  • 最低成功報酬:なし

口コミ・評判

インターネットを活用したM&A仲介会社が多い中、インターリンクではインターネットを介した仲介を行いません。

経験豊富なM&Aアドバイザーと対面で話し合いながら、オーダーメイド型の提案を行うことが特徴のため、利用者からは高い信頼を得ています。

実績数

インターリンクの実績数は、以下です。

  • 100件を超える成約実績

⑱フォーバル

18社目はフォーバルです。経営全般の相談もしたい方におすすめの仲介会社です。

特徴・アピールポイント

フォーバルは、多くの企業から相談を受け、経営コンサルティングを行ってきた実績があります。そのため、経営者の気持ちを理解したM&A仲介を行うことが可能です。

また、フォーバルには、『M&A仕掛けプロジェクト』や『PMI100日パック』といった独自のM&A関連サービスもあります。

さらに、経営コンサルタント会社として、M&Aだけでなく親族承継・株式上場・廃業など、さまざまな選択肢を提示・対応できます。

手数料・相談料など

手数料・相談料などは、以下です。

  • 相談料:無料
  • 着手金:50万円〜200万円
  • 中間報酬:無料
  • 成功報酬:レーマン方式
  • 最低成功報酬:有り

口コミ・評判

「フォーバルはさまざまな相談にも迅速、的確に答えてくれる」と好評です。

また、M&Aや経営に関する相談に対して、想像もしていなかった解決策を提示されることがあり、「良い意味で裏切られる」と信頼を高める事例もあります。

実績数

実績数は、非公表です。

⑲クラリスキャピタル

19社目はクラリスキャピタルです。丁寧で細やかなサポートを求める方におすすめの仲介会社です。

特徴・アピールポイント

クラリスキャピタルの創業経営者は、かえでファイナンシャルアドバイザリーで8年間経験を積んだ女性社長です。M&A仲介業では珍しい女性経営者ということもあり、クラリスキャピタルの強みは親身で誠実、細やかな対応です。

経験豊富なM&Aアドバイザーが少数精鋭で対応するため、質の高いサービスであるにもかかわらず、報酬体系はシンプルで業界最安値水準です。

手数料・相談料など

手数料・相談料などは、以下です。

  • 相談料:無料
  • 着手金:無料
  • 中間報酬:無料
  • 成功報酬:レーマン方式
  • 最低成功報酬:200万円〜

口コミ・評判

クラリスキャピタルを利用した方の多くが、親身で細やかな対応を高く評価しています。利用者の牧野社長への信頼は厚く、設立して日が浅い仲介会社であるにもかかわらず、順調に業績を伸ばし続けています。

また、業界最安値水準の報酬体系もクラリスキャピタルを選ぶ決め手です。

実績数

実績数は、以下です。

  • 累計仲介実績:20件

⑳NIコンサルティング

20社目はNIコンサルティングです。徹底したコンサルティングも受けたい方におすすめの仲介会社です。

特徴・アピールポイント

NIコンサルティングは経営コンサルティング会社であり、事業の1つとしてM&A仲介事業も行っています。本業がコンサルティングなので、M&A仲介でも「可視化経営」手法と「可視化経営システム」の注入といった強みを活かした取り組みが特徴です。

可視化経営とは、経営の戦略と道筋、現状を見える化することで経営改善を促す手法です。また可視化経営システムとは、可視化経営を実現するためのITツール群をさします。このような経営改善まで見据えたM&Aコンサルティングが、大きな特徴です。

手数料・相談料など

手数料・相談料などは、以下です。

  • 相談料:無料
  • 着手金:有り
  • 中間報酬:無料
  • 成功報酬:有り

口コミ・評判

NIコンサルティングは、アフターM&Aが評判です。

上記の「可視化経営」と「可視化経営システム」を用いたM&A後のアフターマネジメントによって、「事業の成長を実感できた」という声がいくつも出ています。

実績数

実績数は、非公表です。

㉑東京MAパートナーズ

21社目は東京MAパートナーズです。調剤薬局を営む方におすすめの仲介会社です。

特徴・アピールポイント

東京MAパートナーズは、調剤薬局に特化したM&A仲介会社です。全国各地にある調剤薬局のM&Aに長らく関わってきたことから、調剤薬局業界の情報とネットワークに大きな強みを持ちます。

特徴的なのは、独自の料金体系です。売買の規模ではなく店舗数に応じた料金設定で、譲渡側は1店舗であれば手数料が無料です。

また、東京MAパートナーズの代表取締役である竹内氏は大手仲介会社ストライクの創業メンバーでもあります。業界では有名な社長のため、東京MAパートナーズの知名度と信頼度も高いです。

手数料・相談料など

手数料・相談料などは、以下です。

譲渡側

  • 1店舗のみの場合:無料(遠隔地の場合交通費の負担有り)
  • 2店舗以上の場合:500万円(固定)
譲受側
  • 中間報酬:100万円
  • 成功報酬:1店舗あたり500万円(小規模の場合は300万円をベースに相談)

口コミ・評判

東京MAパートナーズは、調剤薬局業界での評判と信頼度が非常に高く、特に小規模の調剤薬局から好評を得ています。

小規模調剤薬局に優しい値段設定と、調剤薬局の細かい悩みに対応できるほど業界に精通している点が人気の理由です。

実績数

東京MAパートナーズのホームページに、M&A成約事例を掲載しています。

㉒オンデック

22社目はオンデックです。豊富な経験を求める中小企業におすすめの仲介会社です。

特徴・アピールポイント

オンデックは中小・小規模M&Aに特化したM&A仲介会社としては老舗企業です。そのため、ノウハウの蓄積に優位性があります。

また、オンデックのM&Aコンサルタントは1人あたりの年間成約数が他社に比べて高いため、豊富な経験のある人材が揃っている点が強みです。オンデックは、M&Aに関わる経営をトータルでサポートします。

特に、M&A後になかなか統合効果が見られない企業に対しては、徹底した分析と改善で成長をサポートします。

手数料・相談料など

手数料・相談料などは、以下です。

  • 相談料:無料
  • 着手金:30万円
  • 中間報酬:成功報酬の10%(最低報酬50万円)
  • 成功報酬:レーマン方式

口コミ・評判

オンデックを利用する経営者の多くが、後継者不在問題を抱えています。

オンデックは事業承継の実績が豊富なため、後継者問題を抱えた中小企業の経営者から高い評価を得ています。

実績数

オンデックの累計仲介実績約は、200件です。

㉓名南M&A

23社目は名南M&Aです。製造業を営む中小企業におすすめの仲介会社です。

特徴・アピールポイント

名南M&Aは名古屋市に拠点を置く、東海地方トップクラスの大手M&A仲介会社です。

東海地方では自動車関連の製造業が多いこと、また後継者不在により自動車関連技術の承継が課題となっていることから、名南M&Aには製造業からの相談が多数寄せられています。

名南M&Aには「専門サービス」があり、後継者不足の現状に対応しています。

手数料・相談料など

手数料・相談料などは、以下です。

  • 相談料:無料
  • 着手金無料:60万円〜200万円
  • 中間報酬:無料
  • 成功報酬:レーマン方式
  • 最低成功報酬:1,000万円

口コミ・評判

名南M&Aは、特に製造業経営者から高い評価を得ています。

口コミなどで評判が広がり、現在は東海地方だけでなく、全国各地から依頼が集まっています。

実績数

実績数は、以下です。

  • 累計成約件数:200件超

㉔リソア

24社目はリソアです。建設業を営む中小企業におすすめの仲介会社です。

特徴・アピールポイント

リソアは建設業に特化したM&A仲介会社です。リソアの代表取締役は建設会社を経営・倒産した経験から、建設会社特有の悩みや課題にも対応できる強みがあります。特に、建設業は債務超過に陥りやすく、多くの会社が資金繰りで悩んでいる状態です。

リソアではM&Aと共に、会社再生や「技」の継承にも積極的に取り組んでいます。M&Aだけでなく、建設業界のトータルなコンサルティングを行える点がリソアの特徴です。

手数料・相談料など

手数料・相談料などは、以下です。

  • 相談料:無料
  • 着手金:100万円〜125万円
  • 中間報酬:成功報酬の10%
  • 月額コンサルタント料:5万円
  • 成功報酬:4%〜5%
  • 最低成功報酬:200万円

口コミ・評判

リソアにM&Aの相談をする建設会社は、赤字経営の企業も少なくありません。しかし、「リソアのコンサルティングによって財務状況が改善し、会社を売却できた」という例がいくつもあります。

「リソアに依頼することで自社の課題がはっきりした」「黒字経営になった」など、資金繰りで悩む建設会社経営者から好評を得ています。

実績数

実績数は、非公表です。

㉕共生基盤

25社目は共生基盤です。安さと速さを求める方におすすめの仲介会社です。

特徴・アピールポイント

共生基盤は、M&A成約までのスピードと高い成約率が強みです。案件の多くは、半年以内に成立しています。特に、小規模事業承継で多くの実績を持つ共生基盤は、報酬体系もリーズナブルです。

また、個人事業主向けに、法人向けよりもさらに安い報酬体系を別途用意しています。

手数料・相談料など

手数料・相談料などは、以下です。

  • 相談料:無料
  • 着手金:無料
  • 中間報酬:無料
  • 成功報酬:レーマン方式
  • 最低成功報酬:300万円
  • 月額報酬:有り

口コミ・評判

M&Aの期間が長くなるほど負担が大きくなる小規模事業者にとって、共生基盤のスピード感あるサポートが人気です。

また、小規模事業者の資金事情に合わせたリーズナブルな料金設定も好評です。

実績数

共生基盤のホームページ上に、M&A実績の事例を掲載しています。

㉖レコフ

26社目はレコフです。豊富な実績とネットワークを求める大企業におすすめです。

特徴・アピールポイント

レコフは1987年創業の老舗M&A仲介会社です。これまで数々の名のある上場企業を担当し、高い認知度と信頼度を持ちます。2016年10月には、大手M&A仲介会社であるM&Aキャピタルパートナーズに事業承継しました。

レコフと大手M&A仲介会社が融合することで、業界トップクラスのネットワークと情報力があります。また、レコフは海外にもネットワークを持ち、クロスボーダーM&Aで大手メガバンクや大手証券会社などとも戦える環境を整えています。

手数料・相談料など

手数料・相談料などは、下記です。

  • 月額手数料:有り
  • 成功報酬:レーマン方式

口コミ・評判

レコフは、豊富な実績で大企業を中心に大きな信頼を得ています。特に、M&Aによる事業再編の遂行能力は、高い評価を獲得しています。

実績数

レコフのホームページ上に、成約案件実績の事例を掲載しています。

㉗アドバイザリー

27社目はアドバイザリーです。丁寧な対応を求める小規模事業者におすすめです。

特徴・アピールポイント

アドバイザリーは、中小企業専門のM&A仲介会社です。アドバイザリーでは事業規模や地域を限定していないので、年商で数十万円から80億円までの売り手企業を取り扱った実績があります。

また、業種も限定していないので、異業種間での成約実績も豊富です。他にもアドバイザリーでは、統合後の支援について「短期プラン」と「中長期プラン」を用意しています。企業の状況に応じてサポート期間を選べる点が特徴です。

手数料・相談料など

手数料・相談料などは、以下です。

  • 相談料:無料
  • 着手金:無料
  • 中間報酬:取引見込対価などの1%分
  • 最低中間報酬:100万円
  • 成功報酬:レーマン方式
  • 最低成功報酬:有り

口コミ・評判

アドバイザリーでは蒲社長の評判が高く、会社を立ち上げる前から多くの実績を積み上げており、蒲社長の評判が数多くの仲介実績につながっています。

実績数

実績数は、下記です。

  • 累計仲介実績:189件(2019年12月時点)

㉘Tryfunds

28社目はTryfundsです。海外M&Aを検討している方におすすめの仲介会社です。

特徴・アピールポイント

Tryfundsは、海外進出を支援するコンサルティング会社です。創業当時24歳だったCEOが立ち上げた、まだ若い会社ですが、すでに多くの海外進出支援実績があり、大手上場企業の支援も手掛けています。

Tryfundsの海外M&A仲介の特徴は、徹底的な支援です。他のM&A仲介機関が行わない支援まで徹底して行うことで、大手M&A仲介機関ではなくTryfundsを選ぶ大手企業が増加しています。

また、Tryfundsは2018年、グローバルM&Aマッチングプラットフォーム『BIZIT M&A』を開始しました。多言語対応のM&Aプラットフォームは日本初ということもあり、着実にユーザーを増やしています。

手数料・相談料など

手数料・相談料などは、以下です。

  • 成功報酬:最大5%

口コミ・評判

Tryfundsは大手・上場企業から高い評価を得ており、大手企業の口コミや紹介によって着実に実績を伸ばしています。また、働きやすく働きがいのある会社としても高い評価を受けています。

実績数

実績数は、以下です。

  • プロジェクト総数:400件以上(M&A仲介のみの実績は非公表)

4. M&A仲介会社を比較するポイント

M&A仲介会社を比較するポイント

M&A仲介会社を選ぶ際の比較ポイントは、以下です。

  1. M&Aの実績がある
  2. 自社と同等のM&A実績がある
  3. 契約書類などをきちんと用意する
  4. 手数料や相談料の有無
  5. 報酬体系の確認
  6. 統合プロセスの調整を行った経験の有無
  7. 税務・法務にも強い
  8. ネットワークの広さ
  9. 専門分野の有無
  10. 担当との相性や対応
  11. M&Aの相談や適格なアドバイスがあること
  12. M&A期間中のサポート力

それぞれの比較ポイントについて解説します。

①M&Aの実績がある

比較ポイントの1つ目は、M&Aの実績です。M&Aは会計・税務、法務、労務などの幅広い知識が求められるうえに、コミュニケーション能力も必要です。

また、企業の規模や業種などによっても、必要な知識、実務は変わります。これらの条件を満たすには、豊富な実務経験が必要です。会社自体の実績だけでなく、代表取締役や中心メンバーの経歴、実績も確認した方が良いでしょう。

②自社と同規模のM&A実績がある

比較ポイントの2つ目は、同規模のM&A実績です。M&A仲介会社によってターゲットとする規模は違います。

M&Aは取り扱う規模によっても必要な能力が変わります。中規模の実績が多いのか、小規模の実績が多いのかなど、得意とする規模の確認が必要です。

③契約書類などをきちんと用意する

比較ポイントの3つ目は、手続きなどの対応力です。契約書類の準備など、手続きを円滑に進めることは当然ですが、仲介会社や担当者によって手際の良さや対応スピードは違います。

特に、スピード感は仲介会社によって大きな差があるので、初期の相談時点でよく見極めることが大切です。

【関連】M&Aのクロージング手続き・流れを解説!期間はどれぐらい?

④手数料や相談料の有無

比較ポイントの4つ目は、手数料や相談料の有無です。特に、相談料や着手金の有無を気にする利用者は多いですが、相談料や着手金があることで最初からきちんと対応してもらえるなど、メリットもあります。

M&A仲介会社を比較するときは、手数料に見合った対応をしてもらえるかどうかが重要なポイントです。

⑤報酬体系の確認

比較ポイントの5つ目は、報酬体系の確認です。最終的に思わぬ金額になることもあるので、できるだけシンプルな報酬体系のM&A仲介会社の方が安心です。

また、小規模事業者の場合は、最低報酬金額がいくらなのか確認することも必要です。

⑥統合プロセスの調整を行った経験の有無

比較ポイントの6つ目は、統合プロセス(PMI)の経験です。PMIの質がM&Aの成功率を左右します。PMIの経験が豊富なM&A会社かどうかの確認も必要です。

また、PMIまでが基本サービスに入っている、別料金、PMIを行わない、など仲介会社によってサービス内容が違うので、こちらも確認しましょう。

⑦税務・法務にも強い

比較ポイントの7つ目は、税務・法務への強さです。M&A仲介会社は基本的に税務や法務などの実務に詳しいとはいえ、特に税務や法務に強みを持つ会社もあります。

母体が会計事務所だったり、M&A仲介会社の中心メンバーが会計士や弁護士だったり、税理士事務所や法律事務所と密に提携ネットワークを築いていたりするなど、税務・法務に強いM&A仲介会社選びが重要です。

⑧ネットワークの広さ

比較ポイントの8つ目は、ネットワークの広さです。金融機関や専門士業との幅広い提携ネットワークは、M&Aの成功率にも影響します。また、ネットワークの広さはそのM&A仲介会社の認知度、信頼度にもつながります。

提携数や提携先はWEBサイトで確認できたり、相談の際に質問することで教えてもらえたりするので、確認した方が良いでしょう。

⑨専門分野の有無

比較ポイントの9つ目は、専門分野の有無です。M&Aの中には、特定の業種に特化しているM&A仲介会社があります。また、特定業種に特化していなくても、それまでの案件実績や代表取締役の経歴、担当者の経歴などによって、専門分野化している場合があります。

自社の業種に対して、専門的な対応が可能なM&A仲介会社を選ぶことも、重要なポイントです。

⑩担当との相性や対応

比較ポイントの10個目は、担当者との相性です。M&Aの性質上、M&A仲介会社の業務は属人的になりがちです。そのため、担当者との相性もM&Aを進めるにあたって重要なポイントです。

M&A仲介会社を選んだ理由や満足した理由で多いのが、M&Aアドバイザーの誠実さ・対応の速さなど、担当者に関する点です。納得いくM&Aを行うためにも、担当者との相性は慎重に見極める必要があるでしょう。

⑪M&Aの相談に的確なアドバイスがあること

比較ポイントの11個目は、的確なアドバイスをしてもらえることです。特にスピード感を重視する経営者にとって、相談に対するレスポンスの速さは重要でしょう。

また、具体的なアドバイスが返ってくることも大事です。初めてのM&Aで何をしたら良いかわからない状態では、M&Aアドバイザーの具体的なアドバイスがスムーズな手続きにつながります。

⑫M&A期間中のサポート力

比較ポイントの12個目は、M&A期間中のサポートです。経営者や従業員にとって、M&A期間中に通常業務が滞ることは大きなストレスです。

ただM&Aを進めるだけでなく、通常業務に極力支障がないようにサポートできるM&A仲介会社かどうかも、選ぶ際のポイントです。

5. M&A仲介会社選びにお困りの際は

M&A仲介会社選びにお困りの際は

近年は多くのM&A仲介会社が設立され、さまざまな特色を打ち出しています。その中から自社に合った1社を選ぶのは簡単ではありません。

M&A仲介会社選びにお悩みであれば、ぜひM&A総合研究所にご相談ください。

M&A仲介会社比較の1社目で紹介したように、M&A総合研究所の特徴は、独自AIを用いた利用料完全無料のマッチングプラットフォームです。また、スピーディな手続きやシンプルで業界最安値水準の報酬体系も強みとなっております。

無料相談を行っておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
03-6455-5875
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

6. まとめ

まとめ

主要なM&A仲介会社の特徴を紹介しました。各社ごとに、それぞれ特徴や強みがあります。また、手数料なども仲介会社によって異なります。M&A仲介会社を比較するときは、自社の状況に合うところを選びましょう。

M&A仲介会社をお探しの場合は、ぜひM&A総合研究所にお問い合わせください。M&Aに精通したM&Aアドバイザーが、親身になって案件をフルサポートいたします。

関連する記事

人気の記事

人気の記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事