M&Aコンサルってどんな仕事?仲介会社との違いや選び方を解説!

M&Aコンサルとはどのような仕事なのでしょうか。本記事では、M&AコンサルとM&AアドバイザリーやM&A仲介との違い、M&Aコンサルの仕事内容、メリットについて詳しく解説していきます。また、M&Aコンサルを選ぶ際のポイントについても紹介します。


目次

  1. M&Aコンサルとは
  2. M&Aアドバイザリーとの違い
  3. M&A仲介会社との違い
  4. M&Aコンサルの業務内容
  5. M&Aコンサルの必要性・メリット
  6. M&Aコンサル会社の選び方
  7. M&Aコンサルタントの選び方
  8. M&Aコンサル会社の相談料・報酬
  9. M&Aコンサル会社一覧
  10. まとめ

1. M&Aコンサルとは

M&Aコンサルとは

M&Aのサポート形式には、M&AコンサルやM&Aアドバイザリー、M&A仲介と各種ありますが、M&Aコンサルとはどのような形式なのでしょうか。

M&Aコンサルとは、M&Aの手続きをサポートするだけでなく、企業価値を上げるための戦略策定や、企業統合後の経営マネジメントなど、M&Aに付随するコンサルティングをトータルで行う形式のことをさします。

M&Aを検討している企業は、ただM&Aの手続きをサポートしてもらうだけでなく、経営に関わるアドバイスも求めているケースがあります。M&Aコンサルとは、そのような要望に広く応えることのできるコンサルティング業務も行っているのです。

2. M&Aアドバイザリーとの違い

M&Aアドバイザリーとの違い

M&Aアドバイザリーは、M&Aの際に売り手か買い手どちらか一方とアドバイザリー契約を結んでサポートを行います。M&Aアドバイザリーは一方とアドバイザリー契約を結ぶので、利益を最大化するように動いてくれるメリットがあります。

しかし売り手と買い手が別々のM&Aアドバイザリーと契約するため、交渉が難航しやすいというデメリットもあります。M&Aコンサルとは、企業の価値を最大化するためにトータルなコンサルティングを行う形式です。

それに対してM&Aアドバイザリーとは、M&Aのマッチングからクロージングまでを主にサポートし、コンサルティング部分はあくまでM&Aの補助的位置付けで行う点がM&Aコンサルとは違います。

しかしM&Aアドバイザリーでも、M&Aコンサルと同じくコンサルティングを行うアドバイザリーもあります。

【関連】M&Aのアドバイザリー(FA)ってどんな仕事?選び方やランキングあり!

3. M&A仲介会社との違い

M&A仲介会社との違い

M&A仲介会社は、売り手と買い手両方の間に入ってM&Aを仲介します。M&Aアドバイザリーと違って、売り手と買い手両方の要望を聞いて交渉をまとめていくので、M&Aアドバイザリーに比べて交渉がスムーズに進みやすいメリットがあります。

しかしお互いの妥協点を探ることになるので、M&Aアドバイザリーよりも低い条件で交渉がまとまる可能性が高くなるでしょう。M&Aアドバイザリーと同じく、M&A仲介会社も主にM&Aのマッチングからクロージングまでのサポートがメインです。

しかしM&A仲介会社もM&Aコンサルティングを行っている場合があります。

もしM&A仲介会社をお探しの場合は、ぜひM&A総合研究所にお任せください。M&Aに精通したM&Aアドバイザーが親身になって案件をフルサポートいたします。

無料相談を行っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
03-6455-5875
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

4. M&Aコンサルの業務内容

M&Aコンサルの業務内容

M&Aコンサルの業務内容はコンサルティングの案件によって多岐に渡りますが、主な業務は以下のような内容です。

  1. M&A戦略の作成から総合的なアドバイス
  2. M&A手法の相談・決定サポート
  3. M&A先の選定サポート
  4. M&A交渉のサポート
  5. M&Aの実行をサポート
  6. デューデリジェンスをサポート
  7. 弁護士や会計士などの人材紹介

それぞれの業務内容について解説します。

①M&A戦略の作成から総合的なアドバイス

M&Aコンサルとは、M&Aに関連した経営戦略をトータルでサポートする業務形式です。M&Aを含めてどの戦略を使うのが良いのか、M&Aを行うとしたらどのスキームを採用するかなどのコンサルティングを行います。

また、M&A後の経営統合プロセスなどもサポートします。どこまでコンサルティングを行うかは、M&Aコンサルごとに違うので確認が必要です。

②M&A手法の相談・決定サポート

課題解決にM&Aを用いるのが最適だと判断されれば、次はどのM&A手法を用いるのが最適かを判断します。

M&Aの手法には株式譲渡事業譲渡合併などさまざまな手法がありますが、M&Aコンサルはどの手法を用いれば利益を最大化できるか、調査・分析を行いながらアドバイスを行います。

M&Aコンサルに依頼することを決めた場合は、M&Aコンサル側から今後の業務の流れや報酬体系などの詳しい契約内容が説明されます。

③M&A先の選定サポート

まだM&Aの相手が決まっていない場合は、M&Aコンサルが持っているネットワークの中から、最適と思われるM&A候補のマッチングをサポートします。案件数や案件の種類はM&Aコンサルによって違うので確認しましょう。

近年はオンラインのマッチングプラットフォームを導入しているM&Aコンサルも増えていて、人気となっています。

④M&A交渉のサポート

M&Aで最も重要で負担も大きいのが条件交渉です。M&Aコンサルは交渉もサポートします。事業譲渡であれば譲渡する資産の選択と譲渡価額、株式譲渡であれば株式数と株式の譲渡価額などの交渉をします。

また、金銭に関わる交渉だけでなく、契約に関わる交渉も細かい部分まで詰めていきます。

⑤M&Aの実行をサポート

M&Aコンサルは、契約書の作成や株主、債権者への通知・承認など、M&Aに必要な手続きを一貫してサポートします。

M&Aコンサルは総合的なサポートを行う形式のため、M&Aの手続き期間だけでも早くて3ヶ月、長ければ1年以上かかります。さらにM&A後のコンサルティングも含めると、長期間に渡るコンサルティングサポートをしてもらうことになるでしょう。

⑥デューデリジェンスをサポート

M&Aコンサルではデューデリジェンスのサポートも行います。デューデリジェンスとは、企業監査のことです。買い手企業とM&Aコンサルは売り手企業からデューデリジェンスに必要な情報を提供してもらい、売り手企業の監査を行います。

M&Aコンサルはデューデリジェンスによって企業価値を算出したり、M&A後のリスクを事前に洗い出したりするのです。

⑦弁護士や会計士などの人材紹介

M&Aコンサルとは会計や税務、法務などあらゆる方面の知識を持っているスペシャリストです。しかし、担当するM&A案件が大規模になると各方面の専門家の協力も必要になります。

M&Aとは違い弁護士や会計士などの専門家は特定分野に特化したスペシャリストなので、M&Aコンサルと協力することで、より質の高いM&Aを行うことが可能です。

5. M&Aコンサルの必要性・メリット

M&Aコンサルの必要性・メリット

小規模のM&Aであれば、M&Aコンサルを利用せずに、付き合いのある税理士などからM&Aのサポートをしてもらうケースや、自力でM&Aを進めるケースもあります。

その点、M&Aコンサルにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

  1. 専門的な知識からのアドバイス
  2. 各種M&Aの契約のアドバイス
  3. M&A先との交渉のアドバイス

これらM&Aコンサルのメリットについて解説します。

①専門的な知識からのアドバイス

M&Aコンサルとは、M&Aに関する知識を横断的に身に付けているM&Aの専門家です。M&Aに関わる知識のうちどれかが欠けると、M&Aの失敗リスクや後のトラブルの可能性が高くなります。

M&AコンサルはM&Aの手続きをサポートするだけでなく、前述したデューデリジェンスの実行や、PMI(統合後の経営マネジメント計画)を作成できます。M&Aコンサルは専門知識によってM&A後の成功率を上げることができる専門家です。

②各種M&Aの契約のアドバイス

M&Aの際に作成する株式譲渡契約書や事業譲渡契約書などの各種契約書は、記載する内容が法令で規定されていません。そのため、後のトラブルを防ぐためにも専門家による契約書の作成アドバイスが必要です。

契約書の作成に関しては法律の専門家である弁護士に依頼もできますが、M&Aコンサルとは違いM&Aの専門家ではない場合が多いので、目的によって依頼先を変える必要があります。

③M&A先との交渉のアドバイス

M&Aの交渉は、売り手と買い手それぞれが希望する理想の条件があるため、直接交渉は簡単にはいきません。特に自分の会社や従業員に思い入れのある中小企業のオーナー社長同士の交渉ともなれば、交渉でもめることもあるでしょう。

しかしM&Aコンサルは、M&Aの知識だけでなく交渉のスペシャリストでもあるので、感情的になりがちな直接交渉の間に入り、客観的な交渉を行います。

6. M&Aコンサル会社の選び方

M&Aコンサル会社の選び方

M&AコンサルはM&Aに関するスペシャリストですが、M&Aコンサルによって得意・不得意や案件との相性があります。M&Aコンサルを選ぶ際のポイントとして、以下の点について見ていきましょう。

  1. 立場によりM&Aコンサル会社を選ぶ
  2. 過去実績を見てM&Aコンサル会社を選ぶ
  3. 専門知識+営業力など総合力のあるM&Aコンサル会社を選ぶ

①立場によりM&Aコンサル会社を選ぶ

M&Aコンサルはさまざまな案件に対応できる専門家ですが、その中でも事業承継が得意だったり経営再建が得意だったりと、M&Aコンサルごとに得意分野があります。

自社がどのような立場でM&Aを行うのか明確にしながらM&Aコンサルを選ぶことで、より相性の良いコンサルをしてもらえるでしょう。

②過去実績を見てM&Aコンサル会社を選ぶ

M&Aコンサルの過去実績を確認すると、M&Aコンサルごとに得意な案件の規模や得意業種があります。

M&Aコンサルは経験の豊富さも重要なポイントなので、M&Aコンサルを選ぶ際は、自社と同規模、同業種のM&A案件を多数担当しているところを選ぶとM&Aの成功率が上がります。

③専門知識+営業力など総合力のあるM&Aコンサル会社を選ぶ

M&Aコンサルは、その性質上幅広い知識と実務経験が必要になるため、一分野に特化しているだけではうまくいきません。

M&Aコンサルを選ぶ際は、専門知識はもちろんのこと、交渉力や幅広いネットワーク、案件数など、あらゆる面で力のあるM&Aコンサルを選ぶ必要があります。

【関連】事業承継コンサルタントとは?コスパ抜群のコンサル10選を比較&解説!

7. M&Aコンサルタントの選び方

M&Aコンサルタントの選び方

M&Aコンサル会社選びと同じく大事なのが、M&Aコンサルタントの選び方です。M&Aコンサルタントを選ぶポイントとして、以下の点について解説します。

  1. 対応が誠実
  2. 得意分野を持っている
  3. 相性が良い

①対応が誠実

M&Aの際にM&Aコンサルとは何度も打ち合わせを行い、ときにはアドバイスをもらいます。M&Aは企業と経営者にとって大きな負担になります。また、社内の大事な情報をM&Aコンサルに提供することにもなります。

そのため、M&Aコンサルとは信頼関係が必要です。

②得意分野を持っている

M&AコンサルはM&Aに関するあらゆる知識を持っているスペシャリストですが、それに加えて、コンサルタントによって得意な分野があります。

コンサルタントの前職や、コンサルタントがそれまでに担当してきた案件の種類などによって得意分野は違うので、依頼する際は自社の職種に精通したコンサルタントを選びましょう。

③相性が良い

M&Aコンサルは業務の性質から、属人的な面が大きい職種です。そのため、M&Aコンサルタントとの人間的な相性もM&Aがスムーズに進むかどうかの重要な要素となります。M&Aコンサルタントを選ぶ際は人間性もよく見ることが重要です。

8. M&Aコンサル会社の相談料・報酬

M&Aコンサル会社の相談料・報酬

M&Aコンサルの多くが相談料は無料です。着手金は数十万円から数百万円かかるところもありますが、中小企業向けのM&Aコンサルでは着手金が無料のところも増えています。

中間報酬は、数千万円かかるところもあれば、成果報酬に対して10%といった形でかかるところもあります。最近では中間報酬も無料のM&Aもあります。

成果報酬は一般的に以下のようなレーマン方式を採用しており、最低成果報酬は数百万から数千万と、M&Aコンサルによって幅があります。

一般的なレーマン方式の手数料

売却価格 手数料
5億円以下 5%
5億円超~10億円以下 4%
10億円超~50億円以下 3%
50億円超~100億円以下 2%
100億円超 1%

9. M&Aコンサル会社一覧

M&Aコンサル会社一覧

実際のM&Aコンサルはどのようなところが行っているのか、主要なM&Aコンサル会社の一覧を特徴とともにご紹介します。ご紹介するM&Aコンサル会社一覧は以下の10企業です。

  1. M&A総合研究所
  2. みずほフィナンシャルグループ
  3. 野村證券
  4. 三井住友フィナンシャルグループ
  5. 大和証券グループ
  6. 三菱UFJモルガン・スタンレー
  7. 三菱UFJフィナンシャルグループ
  8. ゴールドマン・サックス
  9. AGSコンサルティング
  10. 山田コンサルティンググループ

①M&A総合研究所

M&A総合研究所

出典: https://masouken.com/

M&A総合研究所は全国に幅広いネットワークを持っており、銀行などの金融機関から会計士事務所、税理士事務所などの専門家とも提携・連携しています。全国どこからの依頼でも迅速に対応可能です。

また、M&A総合研究所では独自のAIシステムを導入したM&Aマッチングプラットフォームを運用しておりますので、幅広い業種、地域に対応したマッチングが可能となっています。

幅広いネットワークとマッチングプラットフォームにより、着手からクロージングまで通常6ヶ月以上から1年かかるM&Aを、M&A総合研究所では最短3ヶ月でスピード成約いたします。

さらにM&A総合研究所は完全成功報酬制の料金体系であり、着手金と中間報酬は完全無料で、業界最安値水準を実現しております。

M&A総合研究所と他社との比較

会社名 手数料 スピード感 プラットフォーム
M&A総合研究所 ・着手金:0円
・中間報酬:0円
・成果報酬:レーマン方式
最短3ヶ月 あり
他社A ・着手金:100万円~
・中間報酬:数千万円
・成果報酬:レーマン方式
6ヶ月程度~ なし
他社B ・着手金:50万円~500万円
・中間報酬:数千万円
・成果報酬:レーマン方式
6ヶ月程度~ あり
他社C ・着手金:0円
・中間報酬:成果報酬の10%
・成果報酬:レーマン方式
6ヶ月程度~ なし

M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
03-6455-5875
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

②みずほフィナンシャルグループ

みずほフィナンシャルグループは大型案件のM&Aコンサルが中心ですが、中小規模のM&A案件も多く取り扱っていて、M&A案件数は国内最大級となっています。メガバンクとしてグループのネットワークを活かしたM&Aコンサル力が強みです。

③野村證券

野村證券は国内証券会社としての業績や信頼性を活かして、国内の大型M&Aコンサル案件で強みを発揮しています。

しかし日本企業による海外企業買収のM&Aコンサル業務では外資系証券会社やみずほフィナンシャルグループの下に位置するため、現在はクロスボーダーM&Aコンサル業務にも力を入れています。

④三井住友フィナンシャルグループ

日本のメガバンクの1つである三井住友フィナンシャルグループは、多くのM&A案件数を取り扱っています。

三井住友フィナンシャルグループは国内だけでなくクロスボーダーM&A案件にも力を入れています。国内ではM&A案件の中でも大型案件を中心にM&Aコンサルを行っています。

⑤大和証券グループ

大和証券グループは証券仲介業務やM&Aコンサル業務を行っており、顧客の好感度や新卒人気が上がっている、勢いのある証券会社です。

大和証券グループでは中規模から大規模の事業承継案件にも力を入れていて、グループ会社のネットワークを活かして総合的なコンサルティングを行っています。

⑥三菱UFJモルガン・スタンレー証券

三菱UFJモルガン・スタンレー証券は主に大型のM&Aコンサル業務を行っています。外資系金融機関大手であるモルガン・スタンレーと日本のメガバンクである三菱UFJフィナンシャル・グループが組むことで、クロスボーダー案件にも強みを持っています。

⑦三菱UFJフィナンシャル・グループ

三菱UFJフィナンシャル・グループは、グループ会社である三菱UFJモルガン・スタンレー証券が中心となって主に大型のM&Aコンサル業を行っています。

また、近年は日本M&Aセンターと協業で、中小企業のM&Aコンサルにも参入しています。モルガン・スタンレーと日本M&Aセンターとの協力によって日本全国に強いネットワークを持っています。

⑧ゴールドマン・サックス証券

M&Aコンサルといえばゴールドマン・サックス証券といえるほど、長らく世界の大型M&Aを取り扱っており、有名大企業を中心にM&Aコンサルを行っています。

ゴールドマン・サックス証券の手数料は高額です。しかし、世界有数のコンサルタント達がトータルサポートを行うため、世界の多国籍企業がゴールドマン・サックス証券を利用しています。

⑨AGSコンサルティング

AGSコンサルティングは、事業戦略の立案から計画策定、企業再生コンサルティングなど、成長基盤の底上げをサポートしてくれます。

会計士55名、税理士78名が所属しており、会計・税務・ビジネスのスペシャリストがM&Aを成功へと支援します。年間220件超の案件で培ったノウハウが特徴です。

⑩山田コンサルティンググループ

山田コンサルティンググループはM&Aのコンサルティングだけでなく、事業再生コンサルティングやITコンサルティング、不動産コンサルティングや教育研修など、幅広いコンサルティング事業を展開しています。

グループ内外に幅広いネットワークを持っているため、全国のM&A案件に対応可能です。

10. まとめ

まとめ

M&Aコンサルとはどのような仕事なのか、M&AアドバイザリーやM&A仲介会社との違いなどを解説してきました。

M&Aコンサルとは、M&Aの手続きをサポートするだけでなく、企業価値の向上やM&A後の統合マネジメントなどをトータルでサポートする形式の会社のことです。

M&AアドバイザリーやM&A仲介会社と比べてより経営に関わるサポートを行うのがM&Aコンサルです。

しかし実際はM&AアドバイザリーやM&A仲介会社を名乗っていてもトータルサポートを行う会社もあるので、どこまでサポートしてもらえるかはそれぞれの会社によって違います。

M&Aコンサルは以下のような内容をトータルサポートします。

  1. M&A戦略の作成から総合的なアドバイス
  2. M&A手法の相談・決定サポート
  3. M&A先の選定サポート
  4. M&A交渉のサポート
  5. M&Aの実行をサポート
  6. デューデリジェンスをサポート
  7. 弁護士や会計士などの人材紹介

M&Aコンサルの一覧でもご紹介したように、M&Aコンサル会社によって対応する案件の規模やサポート内容は違います。

今回一覧でご紹介したM&Aコンサルは日本国内の主要企業ですが、他にもいろいろな特徴を持ち、さまざまな規模や業種に対応するM&Aコンサルが数多くあります。

関連する記事

人気の記事

人気の記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事