M&Aの標準プロセス!具体的な手順・流れを解説!

M&Aは通常、1年程度かかるプロセスを考えておく必要があります。M&A仲介会社のサポートを得ながら進めることになりますが、その過程においても自社で検討すべきことが多岐にわたります。最初に知っておくべき、M&Aの標準プロセスを紹介します。


目次

  1. M&Aとは
  2. M&Aの標準プロセスについて
  3. M&Aの標準プロセスを実行する際の注意点
  4. M&Aの標準プロセスの具体的な手順や流れ
  5. M&Aのプロセスに必要な書類
  6. M&Aのご相談は仲介会社まで
  7. まとめ

1. M&Aとは

M&Aとは

M&Aとは「Mergers and Acquisitions」の略で、企業の合併と吸収を意味します。

さらに詳しくは、広義的な意味でのM&Aは複数の企業が一つの目標に向けて協力するのを意味しますが、狭義的な意味でのM&Aは、複数の会社が一つになる合併やある会社が他の会社を買収する統合のみを意味します。よく使われるM&Aの意味は、狭義的な意味のM&Aです。

さらに中小企業のM&Aにおいては、狭義的な意味のM&Aのうちの、株式譲渡事業譲渡の手法で行われるのが9割以上です。

本記事では、中小企業がM&Aを進めるにあたっての標準プロセスをまず解説し、それ以下に各プロセスにおいてすべきことを詳しく紹介していきます。

【関連】M&Aのスケジュールや手順を表で解説!期間を早めることはできる?

2. M&Aの標準プロセスについて

M&Aの標準プロセスについて

M&Aは一種の企業間のディール(Deal)です。ディールとは、売買や取引を意味します。そして、このディールを成立させるためのM&Aのプロセスが、標準プロセスです。

しかし、M&Aの標準プロセスには、このディールのために具体的な交渉などを行う前にすべきことも含まれます。

プレディールとディールがある

中小企業におけるM&Aの標準プロセスは、1年程度かかります。しかしこの1年間の全てが、取引交渉に費やされるプロセスのみをさしているわけではありません。交渉の前にM&A戦略の策定から、ターゲット候補先の選定までのプロセスも、時間を取って慎重に行う必要があります。

このM&A戦略の策定やターゲット候補先の選定は、ディールの準備段階です。このプロセスを、プレディールのプロセスと呼びます。

プレディールが終わり具体的な交渉に入ったら、それはまさにディールで、M&Aの取引を成立させるためのプロセスです。

プレディールの標準プロセス

先にも述べましたが、プレディールはM&Aにおける交渉の準備と考えられます。以下にプレディールの知っておくべきポイントと注意点を紹介します。

①M&A戦略の策定する

まずは、M&A戦略の策定のプロセスです。具体的に検討すべきことは、「M&Aの標準プロセスの具体的な手順や流れ」で紹介しています。

M&A戦略の策定は、M&Aを進めるにあたって、最も大事な軸を定めることになります。後述のターゲットの選定から評価、さらにはディールの標準プロセスにおいての交渉から契約も、変更しない限りここで定めた軸に従うのが求められます。

②M&Aのターゲットを選定する

M&Aのターゲット選びも、プレディールです。

M&Aの戦略に沿ってターゲット選びをしていきますが、この段階ではあまり絞り込みすぎないことも大事になってきます。なぜなら、この段階で選定したターゲットが交渉に応じてくれるとは限りません。そもそもM&Aは成立までたどり着くのが2割程度といわれています。

したがってこの段階で絞り込みすぎてしまうと、その後の展開で候補先がなくなり、また一からこのプロセスに戻ることになりかねません。

③ターゲット企業の評価を検討する

M&Aのターゲットを選定したら、そのターゲット企業を評価していきます。

企業は千差万別ですので、いろいろと検討していくと理想的に見えたり、あまり理想的には見えなかったりする企業に分けられてきます。その過程で自然に、優先順位なども検討されます

注意すべきは、ここでも戦略のところで定めた軸に従うことです。M&Aを成立させることに躍起になり、M&Aを成立させられそうとの観点からターゲット企業の評価をしてしまう場合がありますが、それは避けるべきです。

ディールの標準プロセス

交渉からディールを完了させるまでのプロセスが、ディールのプロセスです。以下にディールにおいて知っておくべきポイントと注意点を紹介します。

①M&A基本合意書を締結する

プレディールの後の交渉は、まずこの基本合意書の締結のために行われます。

なぜなら、基本合意書の締結をもって初めて、売却側と買収側双方が、具体的にM&Aを進めることを約束したことになるからです。

したがって基本合意書の締結後は、双方がもはや他の候補先を検討せず、お互いを具体的なターゲットとするM&Aの成立のみに注力するのが可能です。

②ターゲット企業の詳細な評価を実施する

プレディール時にもターゲット企業の評価の話が出てきましたが、このディールのプロセスにおける評価はそれとは異なります。

この段階でのターゲット企業の評価は、M&A後の統合プロセス(PMI)を見据えたものです。M&Aがそのシナジー効果を発揮するには、後述の「M&Aの標準プロセスの具体的な手順や流れ」で紹介する統合プロセス(PMI)は計画性をもって行う必要がありますが、それをM&Aのディールが成立してから検討し、計画するのでは遅すぎて失敗を招きます。

基本合意書の締結によって、M&Aを進めることに双方が合意できているわけですし、デューデリジェンスの実施によって売却側の情報よりも詳しく明らかになります。したがってこの段階では、ターゲット企業の情報はより詳らかに明らかにされます。

こうした情報を元に、ターゲット企業を詳細に評価し、それを統合プロセスに反映させていきます。

③M&A最終契約の締結する

M&A最終契約書の締結をします。

ただ、最終契約書が締結したら即座にM&Aのディールは終わるわけではありません。通常、最終契約書にはさまざまな前提条件が規定され、これらの条件が満たされた場合に、M&Aのクロージングが行われるように定められます。

ただし前提条件といっても、この段階で実現可能性の低い条件は課されません。事務的に進めていけば十分クリアできる条件です。

④ディールの完了

前提条件が満たされたら、最終契約書に定められたクロージング日において、M&Aの完了手続きと対価の決済を行います。

これでM&Aのディールのプロセスは完了です。

【関連】M&Aの最終契約書(DA)とは?雛形あり!

3. M&Aの標準プロセスを実行する際の注意点

M&Aの標準プロセスを実行する際の注意点

中小企業のM&Aは、M&A仲介会社にサポートをお願いして進めるべきです。法律や税金、会計など幅広い知識を持ったM&Aアドバイザーや専門家によるサポートで、中小企業が自社単独でM&Aを行うよりもはるかにスムーズにM&Aを進めるのが可能です。

しかし、上記で紹介したM&Aの標準プロセスにおけるプレディールとディールのプロセスで、その活用についての考え方が少々異なります。

プレディールの標準プロセスの注意点

プレディールのプロセスにおける、M&A戦略の策定やターゲット企業の選定・評価を、M&A仲介会社が中小企業に代わって行うことはできません。もちろんM&A仲介会社が、それらを行うための情報提供などを積極的に行ってくれるメリットはとても大きいですが、最終的な戦略の判断は中小企業自身が行うべきです。

つまりプレディールのプロセスは、M&Aの標準プロセスの中でも、中小企業の労力が大きい部分です。そこで、このプレディールの段階における注意点を以下に加えておきます。

M&A、会社売却をするための動機を明確にする

M&Aは大きなイベントですので、ある程度は時間をかけて粘り強く交渉をし、買い手をしっかり見極めて探す方法であれば、結果的にはM&Aを成功に導く可能性が高くなります。

そこで大事になってくるのが、「どれだけ良い条件で売れるか?」で、そこを突き詰めれば「どうして会社を売却し、M&Aをするのか?」の動機がとても大事になります。

最初の動機はしっかり記録しておくべき

後継者不足や事業再編、セミリタイアなど、中小企業のM&Aの動機は人それぞれです。

時間のかかる、時には厳しい交渉実務において、こうした動機はM&Aを成し遂げるためのモチベーションとして非常に重要です。動機は記録しておき、M&Aの各プロセスにおいていつでも見直せる状態にしておくのが大事になってきます。

M&Aの目標、目的を明確にする

動機がはっきりしたら、M&Aの目標と目的が大事になってきます。

具体的に、M&Aをしてどうなりたいのか?何が欲しいのか?といったことも記録しておき、行動の指針にしていきます。

交渉の場面で非常に多くの選択を迫られますが、ここをしっかりとすれば、判断力を欠くことなくプロセスを前に進められます。

目標としては、今後の会社運営面も含めて、少なくとも以下は設定しておきましょう。
 

  • M&A、会社売却で得たい資金の金額
  • 会社のガバナンスや経営者自身の身の振り方など会社運営について
  • 給与水準や人事においての約束、解雇の条件など従業員について
  • 取引先との関係

M&Aのことについてまずは知る

動機と目的がしっかりと定まった後は、実務に向けてM&Aについての知識を最低限でも良いので持つようにする必要があります。

基本的には専門家やM&A仲介会社の手を借りなければ、中小企業のM&Aの実務は進みません。高い専門性と知識が豊富なM&Aのエキスパートが対応してくれるため、そのプロセスにおいて任せられるところは任せても大丈夫ですが、任せっきりにしてしまうと思わぬところで失敗をしてしまう可能性があります。

失敗しないM&Aを進めるために、自身で少しはM&Aに関する知識を身につけておくプロセスは必須です。

ディールの標準プロセスの注意点

ディールのプロセスの段階ではもはや具体的なM&Aの相手も決まり、M&Aの成立に向けて突っ走る段階といえます。

もちろん、ディールのプロセスにおける契約書の締結やクロージングに向けた動きの中にも、実行に向けて検討すべき事柄は多くあります。

しかしディールのプロセスでは、検討項目や事務的作業などの具体的にすべきことがもはや明確になっていますので、M&A仲介会社にサポートをお願いして進められる部分が多くなります。M&A仲介会社にサポートしてもらうのは、ディールの標準プロセスをスムーズに進めるポイントです。

ただし注意すべきは、いくらサポートをしてもらっても、最終的な契約の確認などは自社でしっかり行う必要があるのです。

【関連】M&A実務!流れや企業価値算定、契約書、クロージング手続きを解説!

4. M&Aの標準プロセスの具体的な手順や流れ

M&Aの標準プロセスの具体的な手順や流れ

M&Aの標準プロセスを具体的に紹介していきます。
 

標準プロセス プロセスNo プロセス
プレディール M&Aの目的を決める
M&A戦略を検討する
M&Aの仲介会社を決める
M&Aの手法を決定する
M&Aのターゲット企業を選ぶ
ターゲット企業の価値や分析を行う
ターゲット企業にアプローチする
ネームクリアを実行する
企業概要書を提示する
ディール トップ同士の面談を実施する
M&A基本合意書・意向表明書の締結を行う
デューデリジェンスを実施する
M&A最終契約を締結する
クロージング
統合プロセス(PMI)を実施する

①M&Aの目的を決める

まずは、M&Aの目的を定めるプロセスです。

ただしM&Aは、あくまで経営戦略の手法であり、M&Aを実施するのが目的となってはいけません。なぜM&Aを行うのか、M&Aを行うことで、どのようなメリットが考えられ、どのようなデメリットが危惧されるのか、しっかりと目的を明確化するのが大切です。

これは、M&Aのクロージングの後に行われる、PMIの実施に深く関わります。クロージング後のPMIの実施によって、どのような企業を目指したいのかを考えるのが、M&Aの目的の明確化につながります。

例を挙げると、企業は後継者不足に困っており、M&Aを考えていたとします。この場合の目的は、後継者を見つけることです。後継者を見つける手法は、M&Aだけに限りません。人員の募集をかけることも、後継者不足の解消につながる可能性があります。このように、目的を明確化し、今後の経営改善に最適な方法を見つけるのが大切です。

②M&A戦略を検討する

M&Aの目的が定まったら、M&A戦略を定めるプロセスです。

具体的には、以下の項目を一つひとつ決めていきます。
 

  • 全部の事業を売却するのか、それとも一部にするのか
  • 売却価格をいくらに設定するか
  • どのような方法で売却するか

また、この売却条件にもしっかり優先順位を決めておくことで、交渉がうまく進まないときにも、自社が譲れるものと譲れないものを明確にし、プロセスを前に進めやすくなります。

③M&Aの仲介会社を決める

少なくとも具体的なターゲット企業を探す前までに、サポートをお願いするM&A仲介会社を決めておく必要があります。これには、M&A仲介会社との秘密保持契約とアドバイザリー契約を結ぶプロセスがあります。

M&Aの候補先を自社の情報のみで選定するとなると、自社とつながりがある企業の中から選定を行わなければなりません。候補にできる企業が少なければ少ないほど、統合や買収に最適な対象企業を見つけ出すことも難しくなります。

また交渉における金額や株式の話などの条件を詰めていくことや、必要な手順を踏むことも困難になります。

したがってM&Aを行う際は、M&A仲介会社にサポートを依頼するのが一般的です。M&A仲介会社を利用し、仲介会社が持っている幅広いネットワークを利用できるだけでなく、M&A担当者の負担を軽減できます。

④M&Aの手法を決定する

M&A仲介会社へ相談した後は、より具体的なM&Aの見通しを立てることになります。

まずはM&Aの手法の検討するプロセスですが、最終的な決定は相手先との交渉結果による部分も大きいですので、この段階では自社が取りえる手法、取りえない手法を、それぞれの手法のメリット・デメリットや自社がM&Aを行う目的に照らして絞っておきます。

⑤M&Aのターゲット企業を選ぶ

M&A仲介会社からは、買収を検討している候補先企業をいくつか提案してもらえますので、その中から自社のM&Aの目的、戦略に照らして合いそうなターゲット企業を選ぶプロセスに入ります。

後のプロセスにおけるターゲット企業の価値や分析、および交渉打診の段階で、ここで選んだ全ての候補先全てが面談まで進むことはほとんどありません。したがってまずは、表面上の情報から全く検討対象外になる候補先を外すくらいで大丈夫です。

⑥ターゲット企業の価値や分析を行う

M&Aを行う企業にとって最大の目的となるのは、お互いの企業のシナジー効果を引き出すことです。シナジー効果とは相乗効果のことで、単に会社または事業を足し合わせた以上の成果を生み出すM&Aの効果のことです。

M&Aの実現可能性だけを単に検討するのではなく、M&A後の事業展開とそれによるシナジー効果までを見据えてターゲット企業を選ぶのが大事になってきます。

特に売却側は、売却の実現可能性だけに目が行きがちですが、このシナジー効果を発揮できそうな候補先の方が、自社を高く売却できる可能性が格段に上がります。したがって、シナジー効果の観点からターゲット企業の価値や分析を行い、それを元にターゲット企業を絞り込んで優先順位をつけるプロセスが大切になってきます。

⑦ターゲット企業にアプローチする

ターゲット企業の優先順位の高い順に、その企業へのアプローチを行うプロセスに入ります。

はじめに、ノンネームシートといわれる、企業名を伏せた紹介資料を相手企業に提出します。

ノンネームシートとは、通常、A4用紙1枚程度に、「業務内容」「地域」「社員数」「売上高」「譲渡理由」「特徴」などが記されていますが、具体的な会社は特定されないように伏せられているものです。これは、買収側がまだ検討するかどうかわからない段階での情報漏えいを防ぐために、このようになっています。

⑧ネームクリアを実行する

ターゲット企業がノンネームシートによる自社の情報を元に、自社の情報をより詳しく知るべく興味を示した場合、ネームクリアを実行するプロセスです。

ネームクリアとは、ノンネームシートでは伏せられていた自社の社名を、明らかにするのです。ターゲット企業はこのネームクリアによって、具体的な相手(自社)を知るのが可能になりますので、より前に進んだ自社を対象とする買収の検討プロセスに入ります。

⑨企業概要書を提示する

ネームクリアに加え、さらに自社の企業概要書を、ターゲット企業に提示するプロセスです。

企業概要書とは、事業内容や財務状況なども含めた、売り手企業の詳細な情報が記載された自社の資料です。M&A仲介会社とのアドバイザリー契約後に提出した資料とヒアリングを元に、M&A仲介会社がA4用紙20~30枚程度の企業概要書を作成します。

この企業概要書により、ターゲット企業がさらに面談すべきかを判断します。

⑩トップ同士の面談を実施する

ターゲット企業が面談の意向を示したら、経営者同士のトップ面談のプロセスです。

ただし、一回の面談で交渉に入ることはあまりなく、最初はあくまでも交流が中心であるのがほとんどです。オフィスや工場の見学がここで行われることもあります(ただし、M&Aを検討している件が不必要に漏れないことに注意が必要)。

その後、M&A仲介会社に緩衝材の役割を担ってもらいつつ、条件のすり合わせを行います。この手順でいう条件とは、例えば売却金額や売却予定日などです。

⑪M&A基本合意書・意向表明書の締結を行う

面談でターゲット企業が自社の買収を進めたい意向を示したら、ターゲット企業にて意向表明書が提出されます。意向表明書は、買い手側が売り手側に対し、M&Aを進める意向を伝えるための書面です。

また売り手側にとっては、複数の買い手側候補がいる場合、この意向表明書を具体的にM&Aの手順を進める相手を選ぶ際の判断材料になります。

ただしこの意向表明書には法的拘束力はなく、省略される場合もあります。

意向表明書を受けて、自社もターゲット企業を売却相手とするM&Aを進める意思があれば、今度は双方による基本合意書の締結プロセスになります。

このプロセスは、まだM&Aの仮契約であり、本契約ではありません。あくまでもM&Aの検討をお互いに続けることを確認する契約です。

この契約の中には、売却予定金額や譲渡予定日、買収監査の進め方、独占交渉権の付与などが記載されます。

⑫デューデリジェンスを実施する

デューデリジェンスは、M&Aにおける売り手側と買い手側の情報の非対称性の解消を目的として行われるプロセスです。

売り手側は自社の経営情報はよく把握していますが、買い手側にしてみれば、売り手側の内部情報は持っていないので、経営実態を的確に把握できません。M&Aにおいて、買い手側は情報弱者です。そこには情報の非対称性が存在します。

この非対称性を解消し、売り手側と買い手側が対等な立場で検討・交渉を行えるようにするのが、デューデリジェンスの重要な役割です。したがってデューデリジェンスは、買い手側(この場合はターゲット企業)が知りたい事柄に沿って行われます。

デューデリジェンスには、「財務」「税務」「法務」「労務」「ビジネス(事業)」などがあります。

法務デューデリジェンス

法務デューデリジェンスでは、会社が締結しているさまざまな契約書はM&Aを進めるうえで妨げにならないか、法令を順守した経営がなされているか、など事業に関する権利、債券債務について、法務上の問題やリスクの調査をします。

法的リスクがあると、訴訟があった場合に時間とコストがかかってしまい、経営にも影響が出てしまいます。

労務デューデリジェンス

労務デューデリジェンスは就業規則、賃金規定、退職金規定などの各種規程や残業代や有給休暇、会社の内規や稟議のルールなどを調査します。

労務デューデリジェンスの調査は、M&A実施後の組織再編でも重要な役割を持っており、制度やマネジメントの違いによって、社員のモチベーション低下や退職などのリスクを想定したうえで準備を進めます。

ビジネスデューデリジェンス

ビジネスデューデリジェンスとは、対象会社の経営状況を把握し、ヒジネスの将来性を判断する調査です。事業の将来性、事業に関与した場合のシナジー効果などを見極め、経営計画やM&Aの目的と合っているかなどを判断します。

財務デューデリジェンス

財務デューデリジェンスは、財務諸表や借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書などを検証し、対象企業の財政状況を把握する調査です。買い手側は、この結果によって買収金額への影響にもつながるため重要な調査です。

税務デューデリジェンス

税務デューデリジェンスとは、M&A前後にかかる税に関する調査です。株式譲渡のケースでは、税務リスクを引き継ぐ買い手側にとってはとても重要です。主要資産だけではなく、税務リスクの程度や影響額を把握します。

例えばM&A後に納税の誤りなどが見つかった場合、譲受企業に対してペナルティが課されるケースもあるため、正しい申告や納税が実施されているかの調査は細かく行われます。

⑬M&A最終契約を締結する

デューデリジェンスの結果を元に、ターゲット企業とM&Aの最終条件や細目事項を決定し、M&Aの最終契約書案を作成するプロセスです。

最終契約書には、以下のような事項が入ります。 
 

  • M&A取引(売却)価格
  • 退職金をどうするか
  • 従業員の処遇
  • 役員の処遇
  • 支払い方法
  • 連帯保証や担保提供の解除方法
  • 契約書に書いていない債務が発生した場合にどうするかなど
  • その他細目事項の決定(社宅をどうするか、骨董品やゴルフ会員権の取り扱い、役員人事等)

デューデリジェンスで指摘された事項があれば、その内容も条件に反映させます。もちろん、これらがターゲット企業と合意できたら、契約の締結です。

また、M&Aのクロージングに向けて、スケジュールの調整や場所の手配の実務、株券の準備が必要な場合は株券の準備の実務、最終契約書の製本の実務、売却後の引き継ぎ計画の実務の他、さまざまな実務も、M&Aの仲介会社や各専門家のサポートを得ながら進めていくことになります。

⑭クロージング

M&Aにおいて、株式譲渡であれば株式の譲渡、事業譲渡であれば事業の譲渡を完了させるための手続きと、その対価の決済手続きのことをクロージングといいます。

M&Aにおいては、最終契約締結と同時にこのクロージングのプロセスが行われることもありますが、多くの場合は、最終契約書を締結した後日(1カ月程度後が多い)にこのクロージングのプロセスが行われます。

これは、通常M&Aの最終契約書にはさまざまな前提条件が規定され、これらの条件が満たされた場合に、最終契約書で定められたクロージング日において、M&Aが実行されると定められていることによります。この、最終契約書の締結からクロージング日までの期間を、クロージング期間と呼びます。

クロージング期間は、最終契約書に定められたM&Aの前提条件を満たすための期間です。前提条件が満たされていることを確認してから、クロージング日においてM&Aの完了手続きと対価の決済を行います。

⑮統合プロセス(PMI)を実施する

M&Aはクロージングが終われば、ターゲット企業はもはやターゲット企業ではなく、同じ一つの会社です。

しかし、M&Aはクロージングをもって見た目のプロセスは完了しますが、M&Aが成果をあげるための作業はこれで終わりではありません。むしろシナジー効果の発揮のためには、クロージング後がとても大事です。

売り手側と買い手側の統合後の新体制の元で、統合後のシナジー効果を発揮するために計画し、経営戦略に落とし込んで徹底していきます。この統合プロセスとマネジメントのことを、PMI(Post Merger Integration)と呼びます。

PMIの対象となる要素は無数にありますが、代表的なものとして以下3点は、具体的なスケジュールで進めていかなくてはなりません。このPMIは、場合によっては年単位の時間をスケジュールに入れる必要があります。
 

  • 経営戦略(ビジョン、戦略、ビジネスモデル、マーケティングなど)
  • 管理体制(組織、業務管理、人事制度等)
  • 運用体制(業務、システム、従業員意識等)

【関連】M&Aを行う手順とは?プロセスと注意点、必要書類を解説

5. M&Aのプロセスに必要な書類

M&Aのプロセスに必要な書類

M&Aはそのプロセスにおいて、多くの書類が必要です。以下の書類の整理は、M&Aが進み始めた段階で着手しておけば、その後のプロセスをスムーズに進められます。

通常はしっかり管理されているか、簡単に取得できるものが中心ですが、中小企業の場合は管理が不十分であるケースも珍しくはないので注意が必要です。

会社の基礎資料

会社の概要を説明する資料です。M&Aにおいては、以下のものが必要です。
 

  • 会社案内・会社経歴書・工場案内等
  • 定款(最新のもの)
  • 会社商業登記簿謄本(法務局より最新の履歴事項全部証明書)
  • 株主名簿
  • 議事録(株主総会、取締役会、経営会議など添付資料を含む)

財務関係

確定申告にあたって必要となるものが中心です。税理士事務所に相談しましょう。
 

  • 決算書・期末残高試算表・勘定科目内訳明細 3期分
  • 法人税・住民税・事業税・消費税申告書 3期分
  • 減価償却資産台帳(直近期末分)
  • 月次試算表(直近期1年分および進行期分)
  • 支払保険料内訳・租税公課内訳(総勘定元帳の写しなど)3期分
  • 固定資産課税明細書(最新分)
  • 土地・建物の登記簿謄本(法務局より最新の全部事項証明書)
  • 事業計画

営業・製造関係

自社の営業実態を詳細に説明する資料です。M&A、会社売却においては、通常公開しないものも提出する必要があります。
 

  • 製品・サービスのカタログ
  • 店舗・事業所の概況(所在地、人員数等)
  • 採算管理資料(部門別・商品(製品)別・取引先別等)3期分 要約したもの
  • 売上内訳(部門別・商品(製品)別・取引先別等)3期分 要約したもの
  • 仕入内訳(部門別・商品(製品)別・取引先別等)3期分 要約したもの

人事・労務関係

中小企業においては、きちんと作成・管理されていないケースも多い書類です。そのような場合はM&A、会社売却に取り掛かったら、できる限り揃えるように準備が必要です。
 

  • 組織図(組織別人員数もわかるもの)
  • 主要役員・部門長の経歴書
  • 従業員名簿(生年月日・入社年月日・役職・取得資格がわかるもの)
  • 社内規程(特に就業規則、給与、資金規程、退職金規程)
  • 給与台帳(直近期末分)

契約関係

各種の契約関係の書類です。契約があるものは準備しておく必要があります。
 

  • 土地・建物の賃貸借契約書
  • 銀行借入金残高一覧(返済予定表、差入担保一覧)
  • 保険積立金の解約返戻金資料(直近期末時点の金額)
  • 株式・ゴルフ会員権等の保有数量がわかる資料(取引残高報告書、現物集計など)
  • 金融商品・デリバティブ(為替予約、スワップ、仕組み債など)の最新時価資料
  • 取引先との取引基本契約書
  • 生産・販売委託契約書
  • リース契約一覧
  • 連帯保証人明細表
  • 株主間協定書
  • その他経営にかかわる重要な契約書

その他重要事項(許認可関係)

許認可はM&Aのスキームによっては買収先に引き継げない場合もありますが、自社の活動の根拠になるものなので、準備が必要です。
 

  • 事業活動に必要な全ての免許、許認可、登録、届出の各書類

【関連】M&Aのオススメ講座まとめ!基礎から実務向けまで

6. M&Aのご相談は仲介会社まで

M&Aのご相談は仲介会社まで

中小企業M&Aのプロセスをスケジュールどおりに進めるには、専門家の協力が欠かせません。M&Aアドバイザーは法律や税金、会計など幅広い知識を持っています。

また、優秀なM&Aアドバイザーは、さまざまなM&Aに携わってきた経験から、高い実務能力と、経営者とも対等に交渉ができるコミュニケーション能力を持っています。M&Aを検討したい中小企業の力強い味方です。

M&A総合研究所は、中堅・中小規模の案件を扱う仲介会社です。M&A総合研究所に在籍するM&Aアドバイザーは、M&Aの経験豊富な人材が揃っています。弁護士も在籍しており、法律面でも安心かつ確実なM&Aを実現できます。

着手金、中間報酬は無料で、成功報酬は業界最安値水準のシンプルな料金設定になっています。さらに、M&A総合研究所はスピーディーなサポートを実践しており、最短3カ月で成約を実現します。

無料相談は随時お受けしていますので、M&Aをご検討の際は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
03-6455-5875
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

7. まとめ

まとめ

M&Aは企業の合併と吸収のことです。日本における中小企業のM&Aでは、株式譲渡または事業譲渡のスキームで多く行われています。

M&Aにはディールを成立させるための、標準プロセスがあります。この標準プロセスはプレディールとディールに分けられ、それぞれの知っておくべきポイントと注意点をまず紹介しました。

そのうえで、各プロセスの詳細を紹介しました。

中小企業のM&Aのプロセスについての相談は、M&A総合研究所までご相談ください。M&Aについて詳しくご案内させていただきます。

関連する記事

人気の記事

人気の記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事