M&Aのおすすめ本・書籍40選【入門/実務/法務】

M&Aについて学ぶ方法として、最も手軽なのが本・書籍です。M&Aに関する本・書籍は、初学者向けから実務者向け、学術書までさまざまな種類があります。本記事ではM&Aに関する本・書籍を、入門編、実務編、法務編に分けてご紹介します。


目次

  1. M&Aの定義
  2. M&A関連の本・書籍で学べること
  3. M&Aのおすすめ本・書籍40選
  4. M&Aの本・書籍以外での学習手段
  5. M&Aについて学べる講座
  6. まとめ

1. M&Aの定義

M&Aの定義

M&Aとは、合併・買収の総称です。M&Aによって会社を統合したり、会社や事業の売買を行います。M&Aには、株式譲渡や事業譲渡、合併、株式交換、会社分割などさまざまな手法があります。

M&A手法はそれぞれ手続きの進め方やメリット・デメリットなど特徴に違いがありますが、大まかには合併・買収に分けられます。広義には資本提携や業務提携などの緩い協力関係もM&A手法に含まれます。

【関連】M&Aとは?メリットや流れ・費用を解説!仲介会社ランキングや成功事例も紹介!

2. M&A関連の本・書籍で学べること

M&A関連の本・書籍で学べること

M&A関連の書籍で学べる内容は、主に以下のように分かれています。

  1. M&Aに関する知識全般
  2. 個人や中小企業のM&Aについて
  3. 海外を含めたM&A手法などについて
  4. M&Aの税務や財務について
  5. M&Aの法務関係について

①M&Aに関する知識全般

M&Aに関する書籍で最も多いのが、M&Aの知識を広く網羅的に紹介している本です。M&A初学者が体系的にM&Aを理解することに向いています。

しかし、実務レベルでさらに深く知るには、他に分野ごとの書籍を読む必要があります。

②個人や中小企業のM&Aについて

近年増加しているのが、個人向けや中小企業経営者向けの書籍です。

中小企業の事業承継需要や個人のM&Aによる起業が注目されていることから、個人向け、中小企業経営者向けの関連書籍が増加しました。

個人や中小企業経営者がM&Aを行うメリットや基礎知識について解説している書籍が多めです。

【関連】サラリーマンのM&A成功マニュアル!個人で買えるスモールM&A案件を紹介!

③海外を含めたM&A手法などについて

近年海外M&Aが増加していることもあり、実務者向けに海外M&Aに関する章を設ける書籍が増えています。

海外M&Aは国ごとに法令が違うので、経験者による書籍が重宝されます。

④M&Aの税務や財務について

税務・財務に関する書籍は、M&A初学者向けの基本的な書籍から、学問的な書籍、実務者向けの専門書までさまざまなレベルの書籍が出版されています。

税務・財務に関する書籍は、自身の目的に合わせた書籍を選ぶ必要があります。

⑤M&Aの法務関係について

法務関係の書籍は法令の改定などによって情報が変化するため、なるべく最新版の書籍を購入する必要があります。

また、実務者向けの専門書は発行数が少なく値段が高い傾向があります。

【関連】M&Aの法務デューデリジェンスの役割とは?フローや実務内容を解説!

3. M&Aのおすすめ本・書籍40選

M&Aのおすすめ本・書籍40選

ここからは、おすすめの書籍を以下の3つに分類して、合計40選ご紹介します。

  1. 入門におすすめの書籍
  2. 実務学習におすすめの書籍
  3. 法務の学習におすすめの書籍

M&A入門におすすめ

まずは入門としておすすめな以下の書籍をご紹介します。

  1. ポストM&A成功戦略: 企業価値を最大化する統合の実践シナリオ
  2. すらすら図解M&Aのしくみ
  3. M&Aがわかる
  4. JTのM&A: 日本企業が世界企業に飛躍する教科書
  5. 世界でいちばんやさしいM&A入門ゼミナール
  6. 図解はじめての企業買収
  7. 日本のM&A: 理論と事例研究
  8. Q&Aでよくわかる中小企業のためのM&Aの教科書
  9. M&A成長の戦略
  10. 中小企業のM&A 交渉戦略
  11. 事業承継のツボとコツがゼッタイにわかる本
  12. クロスボーダーM&A 成功戦略: 市場競争力と投資効率を最大化する実践シナリオ
  13. タイの投資・M&A・会社法・会計税務・労務
  14. ブラジルの投資・M&A・会社法・会計税務・労務
  15. ベトナムの投資・M&A・会社法・会計税務・労務
  16. 企業内プロフェッショナルのためのM&Aの技術
  17. サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門
  18. ゴールドマン・サックスM&A戦記: 伝説のアドバイザーが見た企業再編の舞台裏
  19. 日本買い: 外資系M&Aの真実

①ポストM&A成功戦略: 企業価値を最大化する統合の実践シナリオ

M&A入門におすすめの本1冊目は「ポストM&A成功戦略」です。

ポストM&A戦略とは、PMI(M&A後の統合プロセス)のことを指します。本書は、PMIの意義と重要性について、事例とともに解説しています。

事業買収後の重要性について知りたいM&A未経験者向けの本です。

②すらすら図解M&Aのしくみ

M&A入門におすすめの本2冊目は「すらすら図解M&Aのしくみ」です。本書はM&Aに必要な基礎知識を、見開きの図で簡単にイメージできる構成になっています。

M&Aとはどのようなものか、イメージをつかみたい未学習者向けの本です。

③M&Aがわかる

M&A入門におすすめの本3冊目は「M&Aがわかる」です。本書は事業再生目的や海外進出目的など、さまざまな目的でM&Aを検討している方向けに作成されています。

事業にM&Aをどう活かせるか学びたい方向けの本です。

④JTのM&A: 日本企業が世界企業に飛躍する教科書

M&A入門におすすめの本4冊目は「JTのM&A」です。JTは外国企業の大型M&Aで成長し続けています。

本書はJTのM&Aを経営者の目線から、ストーリー仕立てで読むことができます。

経営戦略としてのM&Aを学びたい方におすすめの本です。

⑤世界でいちばんやさしいM&A入門ゼミナール

M&A入門におすすめの本5冊目は「世界でいちばんやさしいM&A入門ゼミナール」です。

本書はM&Aの基礎の基礎について、漫画のように読むことができます。M&Aの基礎を短時間で学びたい方向けの本です。

⑥図解はじめての企業買収

M&A入門におすすめの本6冊目は「図解はじめての企業買収」です。本書ではM&Aの手続きが流れに沿って図と共に書かれています。

M&Aの手続きの流れをひと通り知りたい方向けの本です。

⑦日本のM&A: 理論と事例研究

M&A入門におすすめの本7冊目は「日本のM&A 理論と事例研究」です。本書では豊富な事例と共に、M&Aの理論が詳しく書かれています。

日本におけるM&Aの現状を理論的に学びたい方向けの本です。

⑧Q&Aでよくわかる中小企業のためのM&Aの教科書

M&A入門におすすめの本8冊目は「&Aでよくわかる中小企業のためのM&Aの教科書」です。本書では、中小企業がM&Aを行う際のポイントをQ&A形式でまとめています。

M&Aを行う際の最低限の知識を求める中小企業経営者向けの本です。

⑨M&A成長の戦略

M&A入門におすすめの本9冊目は「M&A成長の戦略」です。そもそもM&Aにはどのような意義があるのかなど、M&Aのあり方について深く掘り下げた本です。

若干古い本ですが、将来M&Aに関わる仕事に就きたい方などにおすすめの本です。

⑩中小企業のM&A交渉戦略

M&A入門におすすめの本10冊目は「中小企業のM&A交渉戦略」です。本書は中小企業のM&A交渉で起こりがちな問題点とその対処法などについて解説しています。

M&Aの交渉プロセスについて知りたい方向けの本です。

⑪事業承継のツボとコツがゼッタイにわかる本

M&A入門におすすめの本11冊目は「事業承継のツボとコツがゼッタイにわかる本」です。

本書は中小企業経営者が事業承継の際に遭遇する課題を具体的に解説しています。

事業承継を検討している経営者や、事業承継のアドバイス業務に携わる方向けの本です。

⑫クロスボーダーM&A 成功戦略: 市場競争力と投資効率を最大化する実践シナリオ

M&A入門におすすめの本12冊目は「クロスボーダーM&A 成功戦略」です。本書は外国企業を買収する海外M&Aについて解説しています。

具体例が豊富なので、海外M&Aを検討している経営者におすすめの本です。

⑬タイの投資・M&A・会社法・会計税務・労務

M&A入門におすすめの本13冊目は「タイの投資・M&A・会社法・会計税務・労務」です。

本書では、タイ特有の法制度をはじめとした現地情報を詳しく解説しているため、タイでの海外M&Aを検討している企業や、タイへ進出したばかりの企業におすすめの本です。

⑭ブラジルの投資・M&A・会社法・会計税務・労務

M&A入門におすすめの本14冊目は「ブラジルの投資・M&A・会社法・会計税務・労務」です。

上記のタイ編と同じ著者で、ブラジルでの海外M&Aについてかなり詳しく書かれた数少ない本です。

ブラジルでの海外M&Aを考えている経営者におすすめの本です。

⑮ベトナムの投資・M&A・会社法・会計税務・労務

M&A入門におすすめの本15冊目は「ベトナムの投資・M&A・会社法・会計税務・労務」です。

上記のタイ編、ブラジル編と同じ著者で、本書もベトナムでの海外M&Aに関する情報がかなり詳しく書かれています。

ベトナムでの海外M&Aを検討している経営者におすすめの本です。

⑯企業内プロフェッショナルのためのM&Aの技術

M&A入門におすすめの本16冊目は「企業内プロフェッショナルのためのM&Aの技術」です。

本書は日産自動車のM&A実務経験者によって書かれた本で、実務的な目線と学問的な目線から書かれた章があります。企業内のM&A実務担当者におすすめの本です。

⑰サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門

M&A入門におすすめの本17冊目は「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」です。最近注目されている、サラリーマンによる個人M&Aのメリットについて書かれています。

本書は個人M&Aによる起業のメリットをさまざまな視点から解説しています。サラリーマンの個人M&Aによる起業を後押しする内容となっています。

⑱ゴールドマン・サックスM&A戦記: 伝説のアドバイザーが見た企業再編の舞台裏

M&A入門におすすめの本18冊目は「ゴールドマン・サックスM&A戦記」です。

グローバルな舞台でM&Aアドバイザーを経験してきた著者の自伝的な面もあるので、物語としても楽しめます。

経営者や金融機関のビジネスマンなどにおすすめの本です。

⑲日本買い: 外資系M&Aの真実

M&A入門におすすめの本19冊目は「日本買い 外資系M&Aの真実」です。

本書は外資系投資ファンドが企業を買収する際の視点から書かれた、数少ない書籍となっています。

M&Aに関する別の視点を得たい方向けの本です。

M&A実務学習におすすめ

続いて、実務の学習におすすめな以下の書籍をご紹介します。

  1. 実践M&Aハンドブック
  2. M&A 財務デューディリジェンス
  3. M&A実務ハンドブック: 会計・税務・企業評価と買収契約の進め方
  4. Q&AでわかるM&A実務のすべて
  5. M&Aと組織再編のすべて
  6. バリュエーションの教科書: 企業価値・M&Aの本質と実務
  7. 取引ステップで考える実践的M&A入門
  8. M&A実務の基礎
  9. 中小企業M&A実務必携税務編
  10. M&Aを成功させるデューデリジェンスのことがよくわかる本
  11. 図解入門ビジネス最新ビジネスデューデリがよーくわかる本
  12. この1冊でわかる!M&A実務のプロセスとポイント: はじめてM&Aを担当することになったら読む本
  13. M&Aシナジーを実現するPMI: 事業統合を成功へ導く人材マネジメントの実践
  14. 最新 M&A実務のすべて

⑳実践M&Aハンドブック

M&Aの実務学習におすすめの本1冊目は「実践M&Aハンドブック」です。本書は実例と共に、M&Aについてさまざまな側面から書かれています。

学問的な要素も強いので、M&Aの知識をさらに深めたい方に向いた本です。

㉑M&A 財務デューディリジェンス

M&Aの実務学習におすすめの本2冊目は「M&A 財務デューディリジェンス」です。本書は企業の価値やリスクを調査する財務デューデリジェンスについて書かれた本です。

デューデリジェンスを体系的に学びたい方向けの本です。

㉒M&A実務ハンドブック: 会計・税務・企業評価と買収契約の進め方

M&Aの実務学習におすすめの本3冊目は「M&A実務ハンドブック」です。本書では会計士の視点から、M&Aの実務について詳しく解説しています。

会計・税務面のM&A実務を学びたい方向けの本です。

㉓Q&AでわかるM&A実務のすべて

M&Aの実務学習におすすめの本4冊目は「Q&AでわかるM&A実務のすべて」です。本書は企業でM&Aを担当することになった場合の実務の基本が書かれています。

企業のM&A実務担当者向けの本です。

㉔M&Aと組織再編のすべて

M&Aの実務学習におすすめの本5冊目は「M&Aと組織再編のすべて」です。本書はM&Aの実務を具体的に網羅した、大容量の本です。

1冊でM&A実務を具体的に使えるレベルまで学びたいM&A実務者におすすめの本です。

㉕バリュエーションの教科書: 企業価値・M&Aの本質と実務

M&Aの実務学習におすすめの本6冊目は「バリュエーションの教科書」です。

本書はM&Aの中でも学ぶのが難しい企業価値算定について、実務レベルで詳しく解説しています。

ある程度ファイナンスの知識がある実務者向けの本です。

㉖取引ステップで考える実践的M&A入門

M&Aの実務学習におすすめの本7冊目は「取引ステップで考える実践的M&A入門」です。本書は法律実務家がM&Aに対してどのように取り組んでいるかを具体的に書いた本です。

企業の法務担当や法律実務家におすすめの本です。

㉗M&A実務の基礎

M&Aの実務学習におすすめの本8冊目は「M&A実務の基礎」です。本書はM&Aに必要な手続きを、具体例も含めて主に法律面から解説しています。

企業の法務担当や法律実務家におすすめの本です。

㉘中小企業M&A実務必携税務編

M&Aの実務学習におすすめの本9冊目は「中小企業M&A実務必携税務編」です。本書は中小企業のM&Aで最も多く用いられる、株式譲渡の税務に特化して解説した本です。

金融機関や会計事務所で働く方におすすめの本です。

㉙M&Aを成功させるデューデリジェンスのことがよくわかる本

M&Aの実務学習におすすめの本10冊目は「M&Aを成功させるデューデリジェンスのことがよくわかる本」です。

本書では税務、財務、法務、人事、ITとあらゆるデューデリジェンスの流れを解説しています。

デューデリジェンスを体系的に学びたい方におすすめの本です。

㉚図解入門ビジネス最新ビジネスデューデリがよーくわかる本

M&Aの実務学習におすすめの本11冊目は「図解入門ビジネス最新ビジネスデューデリがよーくわかる本」です。

本書は中小企業でビジネスデューデリジェンスを行う際のポイントが、具体例と共に解説されています。

中小企業のデューデリジェンスの基礎を身に付けたい方向けの本です。

㉛この1冊でわかる!M&A実務のプロセスとポイント: はじめてM&Aを担当することになったら読む本

M&Aの実務学習におすすめの本12冊目は「この1冊でわかる!M&A実務のプロセスとポイント」です。

本書は初めてM&Aの実務を行う企業内担当者向けに書かれた本です。

中小企業のM&A実務の流れを学びたい方におすすめの本です。

㉜M&Aシナジーを実現するPMI: 事業統合を成功へ導く人材マネジメントの実践

M&Aの実務学習におすすめの本13冊目は「M&Aシナジーを実現するPMI」です。

本書ではM&Aの成功に欠かせないPMI(統合プロセス)について、組織や人事といったハード面と、企業文化などのソフト面に分けて解説しています。

PMIを身に付けたいM&A実務者におすすめの本です。

㉝最新 M&A実務のすべて

M&Aの実務学習におすすめの本14冊目は「最新 M&A実務のすべて」です。本書は各種M&Aスキームについて実務レベルで詳しく解説しています。

2019年の最新版も出ているので、最新のM&Aスキームについて学ぶことができます。最新のM&Aスキームを学びたいM&A実務者におすすめの本です。

M&A法務学習におすすめ

最後に、法務の学習におすすめな以下の書籍をご紹介します。

  1. 税務・法務を統合したM&A戦略
  2. 事業担当者のための逆引きビジネス法務ハンドブック M&A契約書式編
  3. 事業承継M&Aの実務 株式譲渡・事業譲渡・会社分割に係る契約書の逐条解説付き
  4. 設例で学ぶオーナー系企業の事業承継・M&Aにおける法務と税務
  5. 法務デューデリジェンスの実務: M&Aを成功に導く
  6. 中小企業買収の法務
  7. M&Aの契約実務

㉞税務・法務を統合したM&A戦略

M&Aの法務学習におすすめの本1冊目は「税務・法務を統合したM&A戦略」です。本書では税務も税法という法務の1つと捉え、M&A戦略について解説しています。

会計・法律の実務者向けの本です。

㉟事業担当者のための逆引きビジネス法務ハンドブック M&A契約書式編

M&Aの法務学習におすすめの本2冊目は「事業担当者のための逆引きビジネス法務ハンドブック M&A契約書式編」です。

本書はM&A契約について、契約書の書き方や各条項の主旨などを法令の引用と共に詳しく解説しています。M&A法務のミニ辞書として使える本です。

㊱事業承継M&Aの実務 株式譲渡・事業譲渡・会社分割に係る契約書の逐条解説付き

M&Aの法務学習におすすめの本3冊目は「事業承継M&Aの実務 株式譲渡・事業譲渡・会社分割に係る契約書の逐条解説付き」です。

本書は親族外承継について、主に事業譲渡を用いた方法を解説しています。中小企業の事業承継に携わる方におすすめの本です。

㊲設例で学ぶオーナー系企業の事業承継・M&Aにおける法務と税務

M&Aの法務学習におすすめの本4冊目は「設例で学ぶオーナー系企業の事業承継・M&Aにおける法務と税務」です。

本書では同族経営の会社が第三者に事業承継を行う際の実務について、具体的な解決策を示しながら解説しています。

中小企業の事業承継に携わる方におすすめの本です。

㊳法務デューデリジェンスの実務: M&Aを成功に導く

M&Aの法務学習におすすめの本5冊目は「法務デューデリジェンスの実務」です。本書は法務デューデリジェンスの実務に特化して網羅的に解説している数少ない書籍です。

法務デューデリジェンスを担当することになった方におすすめの本です。

㊴中小企業買収の法務

M&Aの法務学習におすすめの本6冊目は「中小企業買収の法務」です。本書は事業承継型M&Aとベンチャー企業型M&Aに分け、実務で実際に起こり得る課題を具体的に解説しています。

ベンチャー企業などの企業法務担当者におすすめの本です。

㊵M&Aの契約実務

M&Aの法務学習におすすめの本7冊目は「M&Aの契約実務」です。

本書はM&Aに必要な契約条項について解説している他、海外M&Aに必要な実務知識に関しても解説しています。

M&A契約実務の定番書籍です。

4. M&Aの本・書籍以外での学習手段

M&Aの本・書籍以外での学習手段

M&Aを学ぶ方法は書籍以外にも以下の方法があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

  1. WEBサイト
  2. セミナー
  3. 動画
  4. 公的機関への相談
  5. 専門家への相談

①WEBサイト

WEBサイトではさまざまな専門家や仲介会社がM&Aについて解説しています。WEBサイトでは知りたい知識をすぐに学べる手軽さがメリットです。

しかし情報が間違っていたり執筆者の主観が多いこともあるので、複数のサイトで確認する必要があります。

②セミナー

セミナーではM&Aの専門家が直接解説します。M&Aの目的ごとに開催され、専門家に直接質問できるメリットがあります。

ただし、セミナーの多くが都市部での開催なので、地方在住者は参加しにくいという難点もあります。

③動画

実際に開催された講座などを動画で視聴できるサイトやDVDがあります。文字で学ぶことが苦痛な方におすすめです。

ただし書籍やWEBサイトに比べて数は多くないので、知りたい情報が得られない場合があります。

④公的機関への相談

現在各都道府県には事業引継ぎ支援センターという公的機関が設置されています。

M&Aに関する相談に乗ってもらうこともできますが、他の方法に比べて手軽さはありません。

⑤専門家への相談

実際にM&Aを検討しているのであれば、M&A仲介会社などの専門家に直接相談する方法があります。

M&A総合研究所では中小企業・小規模事業者などの幅広いM&A案件を取り扱っています。

ご相談は無料
なので、お気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

5. M&Aについて学べる講座

M&Aについて学べる講座

M&Aについて体系的に学びたい場合は、講座を受講する方法もあります。

ここでは、M&Aの基礎を学べる講座を3つご紹介します。

①日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)

日本M&Aアドバイザー協会では、M&Aの基礎を体系的に学ぶことができます。

講座を修了することでM&Aの流れをひと通り身に付けることができ、日本M&Aアドバイザー協会の認定資格である「JMAA認定M&Aアドバイザー」をもらうことができます。

この資格だけでM&Aの実務レベルまで身に付けることはできませんが、M&A未経験者やには最適な講座です。

②株式会社プロフェッションネットワーク(PROnet)

株式会社プロフェッションネットワークの講座は、実際に開催された「M&Aスペシャリスト実務講座」を元に作成された通信講座です。

PROnetはM&A未経験者向けの通信講座となっています。通信講座なので、3ヶ月の期間内であればいつでも好きなタイミングで学べる点がメリットです。

③M&Aフォーラム

M&Aフォーラムでは、初心者向けからM&Aの実務者向けまで、複数の講座が提供されています。最も人気がある講座は、初心者向けの「M&A実践実務講座」です。

M&Aフォーラムでは初心者向け講座を修了することで、さらに上の講座を受講できるステップアップ式となっています。

【関連】M&Aのオススメ講座まとめ!基礎から実務向けまで

6. まとめ

まとめ

本記事ではM&Aにおすすめの本を40冊ご紹介してきました。

M&Aの基礎が学べる本は以下の通りです。

  1. ポストM&A成功戦略: 企業価値を最大化する統合の実践シナリオ
  2. すらすら図解M&Aのしくみ
  3. M&Aがわかる
  4. JTのM&A: 日本企業が世界企業に飛躍する教科書
  5. 世界でいちばんやさしいM&A入門ゼミナール
  6. 図解はじめての企業買収
  7. 日本のM&A: 理論と事例研究
  8. Q&Aでよくわかる中小企業のためのM&Aの教科書
  9. M&A成長の戦略
  10. 中小企業のM&A 交渉戦略
  11. 事業承継のツボとコツがゼッタイにわかる本
  12. クロスボーダーM&A 成功戦略: 市場競争力と投資効率を最大化する実践シナリオ
  13. タイの投資・M&A・会社法・会計税務・労務
  14. ブラジルの投資・M&A・会社法・会計税務・労務
  15. ベトナムの投資・M&A・会社法・会計税務・労務
  16. 企業内プロフェッショナルのためのM&Aの技術
  17. サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門
  18. ゴールドマン・サックスM&A戦記: 伝説のアドバイザーが見た企業再編の舞台裏
  19. 日本買い: 外資系M&Aの真実

また、M&Aの実務が学べる本は以下の通りです。
  1. 実践M&Aハンドブック
  2. M&A 財務デューディリジェンス
  3. M&A実務ハンドブック: 会計・税務・企業評価と買収契約の進め方
  4. Q&AでわかるM&A実務のすべて
  5. M&Aと組織再編のすべて
  6. バリュエーションの教科書: 企業価値・M&Aの本質と実務
  7. 取引ステップで考える実践的M&A入門
  8. M&A実務の基礎
  9. 中小企業M&A実務必携税務編
  10. M&Aを成功させるデューデリジェンスのことがよくわかる本
  11. 図解入門ビジネス最新ビジネスデューデリがよーくわかる本
  12. この1冊でわかる!M&A実務のプロセスとポイント: はじめてM&Aを担当することになったら読む本
  13. M&Aシナジーを実現するPMI: 事業統合を成功へ導く人材マネジメントの実践
  14. 最新 M&A実務のすべて

主にM&Aの法務が学べる本は以下の通りです。
  1. 税務・法務を統合したM&A戦略
  2. 事業担当者のための逆引きビジネス法務ハンドブック M&A契約書式編
  3. 事業承継M&Aの実務 株式譲渡・事業譲渡・会社分割に係る契約書の逐条解説付き
  4. 設例で学ぶオーナー系企業の事業承継・M&Aにおける法務と税務
  5. 法務デューデリジェンスの実務: M&Aを成功に導く
  6. 中小企業買収の法務
  7. M&Aの契約実務

M&Aを書籍で学ぶ方法では、体系的な知識が得られる点がメリットです。また、分野ごとの専門書によってさらに知識を深めることもできます。ただし情報が古くなりやすい点には注意が必要です。

また、M&Aは案件ごとに柔軟な判断が必要なので、最終的には現場でしか身に付けられない知識もあります。もしM&Aを検討しているのであれば、M&A仲介会社への相談をおすすめします。

M&A総合研究所では、豊富な知識と経験をもつ専門家がご相談から交渉・契約までフルサポートいたします。

ご相談は無料ですので、M&Aをご検討の際はお気軽にお問合せください。
 

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ