M&AのことならM&A総合研究所!手数料や特徴、成約事例を解説

M&A総合研究所は、専門家の支援をリーズナブルに受けられるM&A仲介会社として、相談件数業界No.1を誇ります。本記事では、M&A総合研究所の基本情報や特徴などとともに、M&A総合研究所が支持される理由やメリットなどについてまとめました。


目次

  1. M&A総合研究所の基本情報
  2. 事業承継でM&A総合研究所が選ばれる理由
  3. 口コミでも評判!M&A総合研究所の仲介実績
  4. M&A総合研究所の料金・手数料
  5. M&Aマッチングプラットフォームなら小規模案件も安心
  6. M&A総合研究所をおすすめしたい会社
  7. M&A総合研究所は他の仲介会社とも併用可能!
  8. まとめ

1. M&A総合研究所の基本情報

M&A総合研究所の基本情報

出典: https://masouken.com/

M&A総合研究所は、必ずしも社歴は長くはありませんが、すでに各業界でM&Aサポート実績を持っており、売上高1億円~数十億円まで幅広い規模の会社のM&Aに対応しています。

M&A総合研究所では、豊富な経験と知識を持つM&Aアドバイザーが専任となってフルサポートすることにより、最短3ヶ月でスピード成約する機動力も強みです。

公認会計士、税理士、弁護士など各種専門家とのネットワークも強固なので、仮に手続きなどでトラブルがあっても素早く対応できます。

そして、M&A総合研究所の料金システムは、業界最安値水準の完全成功報酬制です。良質なM&Aサービスをリーズナブルに利用できます。

また、M&A総合研究所では、買い手と売り手が直接交渉できるM&Aマッチングサイト「M&Aプラットフォーム」の運営も行っており、こちらのサービスは基本的に手数料は無料です。

M&A総合研究所をよりご理解いただくための参考情報として、過去にメディアから受けた取材記事があります。以下にリンクを掲示しますので、参考までご覧ください。

Forbes(フォーブス)の取材記事
日本経済新聞の取材記事

M&A総合研究所・会社概要

会社名 株式会社M&A総合研究所
代表取締役社長 佐上 峻作
資本金 4億1,100万円(資本準備金含む)
従業員数 36名
事業内容 M&Aプラットフォーム事業
M&A仲介事業
M&Aメディア事業
所在地 〒106-0032
東京都港区六本木5-2-5 鳥勝ビル3F
TEL:0120-401-970
メール contact@masouken.com
ホームページ https://masouken.com/

2. 事業承継でM&A総合研究所が選ばれる理由

事業承継でM&A総合研究所が選ばれる理由

出典: https://masouken.com/

事業承継・M&Aで多くの会社がM&A総合研究所を選ぶ理由は、以下のとおりです。
 

  1. 相談件数業界No.1
  2. M&A業界最安値水準の料金体系
  3. 希望に沿ったM&A・事業承継を実現
  4. 成約までのスピード
  5. 経験豊富なM&Aアドバイザーのフルサポート

M&A総合研究所には、選ばれるだけの理由があります。ここでは、M&A総合研究所独自の特徴を含め、その魅力について説明します。

①相談件数業界No.1

さまざまな業種の中小企業のM&Aを数多くサポートしてきた実績が評価され、M&A総合研究所は、2019(令和元)年の外部企業による調査で、「月間相談数」・「仲介手数料」・「相談したい会社」の全部門で1位を獲得しました。

このことがさらに支持を受けることとなり、現在、M&A総合研究所に寄せられるM&Aの年間相談件数は、12,000件を超えています。

②M&A業界最安値水準の料金体系

M&A総合研究所の料金体系は完全成功報酬制ですが、この成功報酬額は業界最安値水準となっています。その理由は、最先端AIテクノロジーを業務に組み込んでいることです。

たとえば、M&Aマッチングにおいて、これまでのM&A業界では人の手作業で取引相手探しを行います。しかし、M&A総合研究所では、ディープラーニング(深層学習)を用いたAIマッチングアルゴリズムを活用し、高速でマッチングの実現が可能です。

このように非効率的な業務で発生するコストを廃することによって、手数料をできるだけ引き下げて他社と同等以上のM&Aサービスが提供できる社内システムになっています。

③希望に沿ったM&A・事業承継を実現

会社を売却される場合、多くの経営者が望む3大条件は、以下とおりです。
 

  • できだけ高額での売却
  • 事業シナジーが強い企業への売却
  • 経営者とともに従業員も満足できるM&Aの実施

M&A総合研究所では、この希望実現のため、他のM&A仲介会社を数倍上回る規模の数の買い手候補を探し、そのなかから希望の実現性が高い買い手を見出します。

M&Aの交渉開始にあたって必要となる効果的な各種資料を作成し、面談時のための具体的なアドバイスなども行い、万全を期してM&Aをサポートしますので、上記の条件実現が可能です。

④成約までのスピード

通常、M&Aは10ヶ月~1年以上かかるとされています。しかし、M&A総合研究所では、最短3ヶ月でのスピード成約が可能です。その理由の1つとして前述したAIを活用したマッチングシステムがあり、最短即日での買い手候補提案ができます。

また、M&A総合研究所のM&Aアドバイザーは、さまざまなM&A仲介会社出身者で構成されており、よいノウハウは融合させ、非効率な悪癖は排除することでM&A総合研究所独自の効率性に優れた社内システムになっているのが2つ目の理由です。

さらに、M&Aのプロセスで時間を要することとなる企業価値算定、デューデリジェンス、交渉などにおいて、経験豊富なM&Aアドバイザーが多数在籍していることから、それらに時間を短縮して実行できる体制にあります。

⑤経験豊富なM&Aアドバイザーのフルサポート

M&A総合研究所のM&Aアドバイザーは、同業他社で経験を積んできた者、M&A総合研究所で数多くM&Aサポートを行ってきた者、いずれも十分かつ豊富なM&Aサポートの経験と知識を兼ね備えています。

M&A総合研究所では、M&Aサポートの依頼を受けた場合、それらM&Aアドバイザーのいずれかが専任となり、M&Aのクロージングまで親身になってフルサポートすることが通常です。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
03-6455-5875
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

3. 口コミでも評判!M&A総合研究所の仲介実績

口コミでも評判!M&A総合研究所の仲介実績

出典: https://masouken.com/

M&A総合研究所について、より理解していただくため、以下の仲介実績3件をピックアップし紹介します。
 

  1. 中堅飲食会社×大手飲食会社のM&A事例
  2. IT会社×人材会社のM&A事例
  3. 中小介護施設運営会社×大手介護施設運営会社のM&A事例

①中堅飲食会社×大手飲食会社のM&A事例

  売り手企業A社 買い手企業B社
業種 飲食業 飲食業
売上高 20億円 150億円
理由・目的 後継者不在 事業拡大

最初に紹介するのは、中堅飲食会社Aと大手飲食会社BのM&Aサポート事例です。

売り手となったA社は、これまで順調に飲食業経営を続けてきましたが、経営者が体調を崩したことで事業承継問題が起きました。身近に事業を渡せる人材がいなかったため、M&Aを検討し始めたのです。

そこで、A社がM&A総合研究所に相談すると、わずか1ヶ月以内にアドバイザーから買い手の紹介がありました。そして、大手飲食会社B社と出会い、希望どおりの価格でM&Aに成功しています。

M&A成立後、体調不良のため引退した売り手企業A社の経営者は、悠々自適な余生を楽しみたいと語っていました。このようにM&A総合研究所では、突然の後継者問題にもスピーディに対応できます。

中堅・中小企業にとって、後継者不在は大きな問題です。会社を廃業させないためにも、専任アドバイザーが全力を掛けて買い手探し、手続きのサポートを行いますので、事業承継をお急ぎの場合は、ぜひお問い合わせください。

②IT会社×人材会社のM&A事例

  売り手企業C社 買い手企業D社
業種 IT業 人材関連業
売上高 非公開 100億円
理由・目的 事業成長 IT部門の立ち上げ

次に紹介するのは、IT企業C社と人材会社D社のM&Aサポート事例です。売り手となるIT企業C社は、創業してわずか3年の若い会社です。さらなる事業成長を求め、M&Aを行うと決めました。

しかし、創業間もないこともあり、過去に依頼した仲介会社では最適な買い手を見つけられませんでした。そこでC社は、多数の成約実績を持つM&A総合研究所へ相談します。M&A総合研究所は、依頼を受けてから、わずか1週間で買い手を見つけることに成功したのです。

買い手となったD社は人材派遣会社で、新たにIT部門の立ち上げを狙っていました。IT人材を持つC社とD社の利害が一致し、わずか3ヶ月での成約を実現しています。このM&Aサポートのポイントとなるのが、業界事情に詳しいM&Aアドバイザーの存在です。

M&A総合研究所では、経験豊富なM&Aアドバイザーが経営者を直接サポートします。専門家による充実したサポートをお求めなら、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。

③中小介護施設運営会社×大手介護施設運営会社のM&A事例

  売り手企業E社 買い手企業F社
業種 介護施設運営業 介護施設運営業
売上高 8億円 30億円
理由・目的 業績悪化
経営安定
事業拡大

最後に紹介するのは、中小介護施設運営会社E社と大手介護施設運営会社F社のM&Aサポート事例です。

売り手企業E社は介護施設を経営してきましたが、業績悪化に伴い経営見直しが必要になります。そこでE社の経営者は、M&A総合研究所に相談したのです。M&A総合研究所は、経営基盤の安定した大手のF社を紹介しました。

会社の課題に合った買い手が見つかったことで、E社は安心して経営を続けられるようになったのです。E社の経営者はM&Aに対し漠然とした不安がありましたが、M&A総合研究所のアドバイザーが経営者に寄り添う姿勢を崩さなかったことで不安が解消されたそうです。

M&A総合研究所はM&A成約だけを目指すのではなく、売り手の希望に合った買い手を一緒に探します。売り手企業の経営をさらによいものにすべく、アドバイザーが丁寧にサポートしますので、事業承継全般にお悩みの場合には、ぜひお問い合わせください。

M&A総合研究所の仲介実績は、まだまだたくさんあります。「自社と同じ業界の成功事例が知りたい」、「ほかの成功事例も確認したい」という方は、ぜひ無料相談を活用してください。

過去の事例に加えM&A成立までの流れ、M&Aで解決できる経営課題など事業承継・M&A全般のご質問にお答えできます。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
03-6455-5875
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

4. M&A総合研究所の料金・手数料

M&A総合研究所の料金・手数料

出典: https://masouken.com/

M&A総合研究所の料金システムは完全成功報酬制となっています。したがって、発生する料金は、成功報酬のみです。相談料・着手金・中間金・月額報酬などは全て無料となっているので、会社売却前にまとまった費用を用意するのが難しい場合でも気軽に相談できます。

一般的に事業承継にはかなりのお金がかかるため、会社を残したい思いがあっても費用面を理由に断念する経営者も多いのが現実です。

しかし、M&A総合研究所であれば完全成功報酬制ですから、会社の売却益を獲得してから料金の支払いができるので余裕の少ないなかでも事業承継しやすくなります。

費用を抑えて会社を残したい、という場合には、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。以下では、成功報酬の算定の仕組みについて解説します。

M&A総合研究所の成功報酬算定方法

M&A総合研究所の成功報酬は、基準価格に対し一定の手数料率を掛け合わせて算出するレーマン方式を採用しています。具体的な手数料率は下表のとおりです。

譲渡価格 手数料率
5億円以下の部分 5%
5億円超~10億円以下の部分 4%
10億円超~50億円以下の部分 3%
50億円超~100億円以下の部分 2%
100億円超の部分 1%

レーマン方式は、多くのM&A仲介会社に採用されている成功報酬の算定方法になります。しかし、注意したいのは、手数料率を掛け合わせる基準額が、仲介会社によって異なる点です。

M&A総合研究所では、上表に示したとおり、M&Aで成約した譲渡価格を基準額としています。しかし、他のM&A仲介会社では、基準額が「移動総資産(株式価格+負債総額)」、「企業価値(株式価格+有利子負債)」というケースがるのです。

M&A総合研究所が採用しているM&Aの譲渡価格は、おおよそ株式価格とも言い換えられます。つまり、「移動総資産(株式価格+負債総額)」や「企業価値(株式価格+有利子負債)」が基準額だと成功報酬額は高くなるのです。

これが、M&A総合研究所が業界最安値水準の成功報酬額となる理由になります。

以下では、レーマン方式の計算例を示しました。M&Aでの譲渡価格が15億円だった場合の成功報酬額の計算例です。
 

譲渡価格が15億円の場合
5億円以下の部分 5億円×5%=2,500万円
5億円超~10億円以下の部分 5億円×4%=2,000万円
10億円超~50億円以下の部分 5億円×3%=1,500万円
合計 2,500万円+2,000万円+1,500万円=6,000万円

5. M&Aマッチングプラットフォームなら小規模案件も安心

M&Aマッチングプラットフォームなら小規模案件も安心

出典: https://masouken.com/platform

M&A総合研究所では、小規模なM&A(スモールM&A)を希望する方、自分でM&A交渉を進めたい方に向けたM&Aマッチングサイト「M&Aプラットフォーム」を運営しています。以下は、M&A総合研究所の「M&Aプラットフォーム」の概要です。

M&Aプラットフォームの使い方

M&A総合研究所が運営するM&Aプラットフォームでは、売り手と買い手がそれぞれ自分の情報を登録し、サイトのなかから自社に合う取引相手を選びます。なお、具体的な交渉に進む前までは、それぞれの情報は匿名となっており、秘密がもれることはありません。

マッチング成立後、売り手と買い手が直接、自分たちで交渉を行いM&Aを成約させます。WEBへの情報登録は、サイト上の手続きのみで完結するため、面談に時間を取られることはありません。少しでも早く、効率的に買い手を見つけたい方にぴったりのサービスです。

また、交渉の途中状況で、当事者だけでは成約がおぼつかないようなケースでは、その時点からM&A総合研究所のM&Aアドバイザーに仲介業務を依頼できるようになっています。

M&Aプラットフォームの手数料

M&A総合研究所のM&Aプラットフォームにかかる手数料は、登録から成約まで、全て無料です。どんな買い手がいるのか、という市場調査にも最適ですので、気になる場合にはまず無料登録を行ってみてください。

なお、上述した、途中からのM&Aアドバイザーへの業務依頼を行う場合には、手数料が発生します。

M&A仲介プラットフォームとは | M&A・事業承継の仲介会社ならM&A総合研究所
電話で無料相談
03-6455-5875
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

6. M&A総合研究所をおすすめしたい会社

M&A総合研究所をおすすめしたい会社

出典: https://masouken.com/

以下のような状況にある会社の場合、M&A総合研究所にM&Aサポート業務を依頼することをおすすめします。
 

  1. 早く会社を売却したい会社
  2. たくさんの利益を手元に残したい会社
  3. 業界に詳しい専門家のアドバイスを受けたい会社

M&A総合研究所は、手数料の安さ、サポート力、成約までのスピードが強みです。その点を含めて、おすすめする理由を以下に掲示します。

①早く会社を売却したい会社

M&A総合研究所は成約までのスピードが最短3ヶ月と非常に早いため、事業承継にお急ぎの方にぴったりです。通常、一般的な企業のM&Aには10ヶ月~1年以上かかるとされています。

しかし、M&A総合研究所では最短3ヶ月で成約へと導いているため、時間やコストを掛けずスピーディに手続きをすませることが可能です。特にM&A総合研究所では、買い手を紹介するまでの時間にこだわっています。

最短即日~1週間ほどで最適な買い手企業を紹介できるので、「健康面の不安から、なるべく早くリタイアしたい」、「会社のベストな売り時を逃したくない」という場合には、ぜひM&A総合研究所へお任せください。

②たくさんの利益を手元に残したい会社

M&A総合研究所は、売却価格アップに多くの実績を持っている仲介会社です。2019年度の実績で、希望価格より平均124%も譲渡価格をアップさせ、多くの企業から好評をいただいています。

少しでも多くの利益を得てリタイア後の生活資金にしたい方、売却益を別の事業への投資に活かしたい方は、ぜひM&A総合研究所にご依頼ください。専任アドバイザーが買い手との交渉を行うので、期待以上の価格で売却できる可能性が高いです。

③業界に詳しい専門家のアドバイスを受けたい会社

M&A総合研究所には、各業界のM&Aサポート実績を持つ専門家が多数在籍しているため、「業界ならではの事情を考慮して買い手を紹介してほしい」という要望にもお答えできます。

IT、医療業界などM&Aを行う際、独自の事情やトレンドを考慮しなければならない業界は少なくありません。業界事情を理解した専門家でなければ適切な買い手を紹介できず、事業承継がうまく進まない可能性もあります。

それに比べてM&A総合研究所は、各業界に詳しい専門家が徹底的にサポートを行うので、専門家の知識不足による失敗を防ぐことが可能です。また、事業承継をスムーズに成功させるには、買い手探しや交渉だけでなく、承継後の引き継ぎも重要になります。

承継後の引き継ぎで失敗してしまうと、本来、発揮されるはずだったシナジー効果が得られず、経営が傾いてしまうことも少なくありません。業界に詳しい専門家に依頼すれば、事業承継後の手続きも任せられるので安心です。

「業界の経験豊富な専門家に頼みたい!」という場合には、M&A総合研究所で不安を解消しましょう。

7. M&A総合研究所は他の仲介会社とも併用可能!

M&A総合研究所は他の仲介会社とも併用可能!

出典: https://masouken.com/

M&A総合研究所は、他の仲介会社と併用して利用することも可能です。したがって、「他にも気になっている仲介会社がある」、「最近相談に行った仲介会社では不安」という方も、安心して依頼できる環境が整っています。

一般的な仲介会社は、依頼の際、「専属アドバイザリー契約」を結びます。多くの場合、この専属契約を結ぶと、他の仲介会社に同時依頼できません。しかし、M&A総合研究所は非専属での契約も可能なので、他の仲介会社との併用ができます。

売り手企業は、複数のM&A仲介会社を利用することで買い手企業の選択肢を広げることが可能です。また、見積もった譲渡価格を比較できます。どの仲介会社を使うべきか迷っている場合には、他の仲介会社との併用も含めM&A総合研究所へご相談ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
03-6455-5875
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

8. まとめ

まとめ

出典: https://masouken.com/

M&A総合研究所は、さまざまな業界でM&A成約実績をあげています。M&A仲介会社選びでお悩みの際には、ぜひM&A総合研究所へお問い合わせください。

もちろん、セカンドオピニオンとしての利用も可能なので、「案件だけチェックしたい」、「ひとまず相談だけしたい」というケースにもぴったりです。お問い合わせは電話、WEBで24時間受けつけております。

電話で無料相談
03-6455-5875
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

関連する記事

人気の記事

人気の記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事