LP・石油ガス販売業界のM&A・事業承継・買収の動向/相場/メリットを解説【事例あり】

近年のLP・石油ガス販売業界は、価格競争や後継者不足などの課題に直面しており、M&A・事業承継が注目されています。本記事では、LP・石油ガス販売業界のM&A動向や相場、M&A・事業承継・買収を行うメリットについて解説します。


目次

  1. LP・石油ガス販売業界とは
  2. LP・石油ガス販売業界のM&A・事業承継・買収動向
  3. LP・石油ガス販売業界のM&A・事業承継・買収相場
  4. LP・石油ガス販売業界のM&A・事業承継・買収のメリット
  5. LP・石油ガス販売業界のM&A・事業承継・買収事例
  6. LP・石油ガス販売業界のM&A・事業承継・買収を成功させるには
  7. LP・石油ガス販売業界のM&A・事業承継・買収の相談先
  8. まとめ

1. LP・石油ガス販売業界とは

LP・石油ガス販売業界とは

LP・石油ガス販売業界とは、LPガス販売事業(Liquefield Petoroleum Gas=液石油ガス)や石油ガス販売事業者(石油系液化天然ガス)が属する業界を指します。

近年は、業界内の価格競争激化や後継者不足による事業承継課題に直面しており、その解決手段としてM&Aにが注目されています。本章では、LP・石油ガス販売業界の現状と将来予測をみていきます。

LP・石油ガス販売業界の現状

LP・石油ガス販売業界の現状には、以下4つの特徴がみられます。

【LP・石油ガス販売業界の現状】

  1. 業界全体の2極化
  2. 価格競争の激化
  3. 経営の多角化
  4. 引退・事業売却検討の増加

1.業界全体の2極化

2017年4月より始まった都市ガス自由化の影響により、LP・石油ガス販売業界には電力会社や通信会社といった異業種からの新規参入が相次ぎました。

近年では、コロナショックの煽りを受け原油価格が急激に下落したことも相まって、業界内での競争はさらに激化しています。

市場規模の拡大が見込みづらいなかで、LP・石油ガス販売業界内ではシェア争いが加速し、企業ごとの格差が広がって業界全体は2極化しています。

2.価格競争の激化

前述のとおり、LP・石油ガス販売業界にはここ数年で多くの新規参入がありました。その影響で価格競争は年々激しくなっており、利益率の縮小を余儀なくされている企業が増加しています。

電力会社のLP・石油ガス販売業界への進出が進んでいるのはその一例であり、都市ガス自由化の1年前に電力市場が自由化され、業績悪化傾向にある企業が増加しています。

価格競争力のある電力・ガスのセット商品などを開発し、参入を強化しています。全国的にLP・都市ガス販売業界への進出は増加基調であり、特に首都圏や近畿地方でその動きが加速しています。

3.経営の多角化

業界内の競争激化は、各社の新市場・新業界への参入を進めるきっかけともなっています。これはつまり、既存のLP・石油ガス販売に代わる収益柱を作り、事業基盤の安定化を図る企業が増えているということです。

電力事業(都市ガスの販売自由化が行われる1年前に、日本国内では電力の小売自由化)や高齢者向け事業、不動産事業などへの進出がその一例です。

4.引退・事業売却検討の増加

LP・石油ガス販売業界への新規参入増加による価格競争激化や国内人口の減少、さらに経営者の高齢化も相まって、引退・事業承継・M&Aを検討する企業が漸次増加傾向にあります。

LP・石油ガス販売業界における経営者の平均年齢は、65歳前後といわれています。しかし、後継者がいない企業が増えており、業界全体として後継者不足が課題となっています。

そのようななか、親族への承継ではなく、M&A・事業売却による第三者への事業承継の件数が増えており、M&A・事業売却は有効な経営戦略として近年注目されています。

LP・石油ガス販売業界の将来予測

LP・石油ガス販売業界全体の需要動向については、直近10年間では拡大と縮小を繰り返しているものの、概ね横ばい推移しています。業界を牽引しているのは工業用ガスであり、家庭用ガスは伸び悩んでいるのが現状です。

そのような状況下、中長期的な目線では市場が拡大する見込みは低いというのが、一般的な予測とされています。人口減少が避けられない状況では、少なくとも需要の大きな拡大は考えにくいというのが理由です。

つまり、今後も市場シェアの確保・拡大を目指し各企業が価格競争は激しくなり、業界の2極化は益々進む可能性が高いと考えられるため、LP・石油ガス販売業者のM&A・事業承継も加速化していくものと考えられます。

【関連】LPガスのM&A・会社売却の動向や流れ、譲渡の相場を解説!成功事例15選

2. LP・石油ガス販売業界のM&A・事業承継・買収動向

LP・石油ガス販売業界のM&A・事業承継・買収動向

LP・石油ガス販売業界では、新規参入の増加等に起因した競争の激化により2極化が進み、また引退や事業売却を検討する企業が増えています。LP・石油ガス販売業界でM&A・事業承継・買収を検討している場合は、その動向を把握しておくことが大切です。

【LP・石油ガス販売業界のM&A・事業承継・買収動向】

  1. 後継者不足・経営難によるM&Aの増加
  2. 固定の収益があるため、M&Aの需要は多い
  3. 大手による事業エリア拡大を目的としたM&Aの増加

1.後継者不足・経営難によるM&Aの増加

LP・石油ガス販売業界では、熾烈な価格競争などによる利益率の低下で厳しい状態にある企業が増加しています。

また、同業界の経営者の平均年齢は60歳を超えており、次世代への引き継ぎを検討すべきステージにありながら、後継者不足によりなかなか事業承継が進まないという企業も多くみられます。

このような課題を解決する方法としてM&Aが有効視されており、自社の存続を目的とするM&A・事業承継が増加しています。

M&Aによる事業承継であれば後継者候補が身近にいない場合でも引き継ぐことができ、後継者育成の時間を確保しなくてよいというメリットもあります。

また、異業種からの新規参入が相次いでいることからもわかるように、LP・石油ガス販売業界は注目度の高い業界であり、M&A・買収をしたいと考える企業が多く存在するのも、M&A・事業承継が増加している理由のひとつといえるでしょう。

2.固定の収益があるため、M&Aの需要は多い

市場の大きな拡大は見込めない状況下ながら、ガスというのは生活必需品のひとつなので一定の需要があるのは事実です。

M&Aを行うにあたっては将来の収益性を考慮することは明白ですが、一定の固定収益があるというのはM&Aを行う企業にとって採算性を予測しやすい材料になります。

また、生活必需品ということであれば最低限の需要は底堅く推移することもわかるので、LP・石油ガス販売事業者のM&A(買収)需要は多いといえます。

3.大手による事業エリア拡大を目的としたM&Aの増加

LP・石油ガス販売を含めたガス業界全体の特徴として、これまでは地域ごとに市場を独占する企業が多くみられました。

しかしながら、2017年の都市ガス自由化に伴って異業種からの新規参入が相次ぐとともに、業界内での事業エリア毎の区分けもなくなってきています。

それらは、事業エリア拡大や事業承継を企図したLP・石油ガス販売事業者同士のM&Aを促す端緒にもなっています。東邦ガスによるヤマサのM&A(2019年)や、カメイによる最上ガスのM&A(同年)などがその一例です。

地方を中心に人口減少が加速し、これまでのマーケットだけでは採算が悪くなってきたことから、M&Aによる新市場開拓を図る企業が増えていることがわかります。

【関連】LPガスの事業承継マニュアル!メリットや手続き・届け出の方法も解説

3. LP・石油ガス販売業界のM&A・事業承継・買収相場

LP・石油ガス販売業界のM&A・事業承継・買収相場

LP・石油ガス販売業界に限らず、M&A・事業承継に相場というものは存在しません。会社規模・事業エリア・事業の特徴・将来性などは企業よって大きく異なるうえ、売り手企業・買い手企業双方の交渉次第で取引価額が変わってくるケースもあります。

M&Aの価格交渉では算出された企業価値を基準としますが、企業価値はどの算出方法を採用するかによっても変わってきます。

LP・石油ガス販売業界のM&A・事業承継においてよく用いられるのは、資産を時価評価したものから負債額を差し引いた時価純資産を企業価値とする時価純資産法です。

時価純資産法は客観性に優れている点がメリットですが、事業の将来性は加味されないので、ケースによってはDCF法などほかの算出方法が適していることもあります。

どの算出法が最適なのかを判断するためには専門的な見解が必要となるため、M&A仲介会社などの専門家に依頼することをおすすめします。

4. LP・石油ガス販売業界のM&A・事業承継・買収のメリット

LP・石油ガス販売業界のM&A・事業承継・買収のメリット

LP・石油ガス販売業者がM&A・事業承継・買収を行うにあたって、どのようなメリットがあるのでしょうか。本章では、LP・石油ガス販売業者のM&A・事業承継・買収をそれぞれ紹介します。

【LP・石油ガス販売業界のM&A・事業承継・買収のメリット】

  1. 事業規模、エリアの拡大が可能
  2. スケールメリットを活かせる
  3. 人材は顧客の獲得ができる

1.事業規模、エリアの拡大が可能

LP・石油ガス販売業界はエリア毎に主要企業が分かれており、言い換えれば自社の主要地域以外にはあまり進出できていないという特徴があります。

M&A・事業承継・買収を行うことによって事業規模を拡大できることは言うまでもありませんが、主要エリアの拡大はLP・石油ガス販売業界の特徴を踏まえれば非常に効果が高いと考えられます。

主要マーケット内での需要縮小が見込まれる環境下では、他地域への進出による事業基盤の確保は非常に有力な経営戦略となり、M&A・事業承継・買収はその一手として注目されています。

2.スケールメリットを活かせる

M&A・事業承継・買収によって事業規模の拡大を図ることができれば、スケールメリット(規模の経済)を享受しやすくなります。

スケールメリットとは、同じようなのものが多数集積することにより、ひとつのものよりも大きな効果を得られることを指します。経営学的にいえば、経営規模の拡大に伴って生産性や効率性が上昇していくことを意味します。

業界によってスケールメリットの効果はさまざまですが、LP・石油ガス販売業界においてはその効果は大きいと考えられます。

というのは、他業界からの新規参入と価格競争が激化するなかで、大量ロットでの低価格仕入れが可能になれば、その分を販売価格に転嫁することに繫がるからです。

消費者ニーズがどんどん変化していく業界においては、大量仕入れはむしろ在庫リスクの増大を招きますが、LP・石油ガス販売業界ではメリットが大きくなる可能性が高いでしょう。

そのような背景から、M&A・事業承継・買収によってスケールメリットを享受し、企業競争力の強化を図る企業が増えています。

3.人材や顧客の獲得ができる

M&A・事業承継・買収は、即戦力となる人材の獲得を可能にするだけでなく、これまで単体ではリーチできなかった顧客との取引にも繋がります。

新規人材や新規顧客の獲得は全業種のM&A案件で起きうるものですが、人材の流出と高齢化、地域毎の事業区分けの色が強いLP・石油ガス販売業界では、よりそれらの効果が表れやすいと考えられます。

また人材確保は、後継者不足の対策としても有効です。後継者不足に頭を抱えるLP・石油ガス販売業者が増加しているなか、M&A・事業承継・買収が課題解決に繋がる可能性は高く、さまざまな企業がM&A戦略の立案や見直しを進めています。

【関連】M&Aで事業承継が増えている理由とは?基礎知識、メリット・デメリットを解説

5. LP・石油ガス販売業界のM&A・事業承継・買収事例

LP・石油ガス販売業界のM&A・事業承継・買収事例

本章では、近年実際に実行されたLP・石油ガス販売業者のM&A・事業承継・買収に関する事例を4つ紹介します。

【LP・石油ガス販売業界のM&A・事業承継・買収事例】

  1. 日本瓦斯による秋山商店の簡易ガス事業の事業譲受
  2. 東邦ガスによるヤマサの完全子会社化
  3. 静岡ガスによる島田瓦斯の子会社化
  4. カメイによる最上ガスの完全子会社化

1.日本瓦斯による秋山商店の簡易ガス事業の事業譲受

日本瓦斯による秋山商店の簡易ガス事業のM&A(事業承継)

出典: https://www.nichigas.co.jp/

2014年10月、日本瓦斯(ニチガス)は、秋山商店の簡易ガス事業を会社分割によって事業譲受しました。取得金額は6000万円です。

秋山商店は、埼玉県春日部市に本社を構えるLP・石油ガス販売事業者です。本M&Aによって、日本瓦斯は既存LPガス事業の効率化をさらに向上させ、秋山商店の主要市場である埼玉エリアでのシェア拡大を企図しています。

2.東邦ガスによるヤマサの完全子会社化

東邦ガスによるヤマサのM&A(事業承継)

出典: https://www.tohogas.co.jp/

2019年4月、大手石油ガス販売会社である東邦ガスは、ヤマサの発行済み株式100%を取得し完全子会社化しました。ヤマサは、エネルギー事業やリフォーム事業など多岐に渡る事業領域を持つコングロマリットグループです。

LPガス事業の強化を目論む東邦ガスは、今般のM&Aを通じ、当該計画の推進強化を図っていく予定です。

3.静岡ガスによる島田瓦斯の子会社化

静岡ガスによる島田瓦斯のM&A(事業承継)

出典: https://www.shizuokagas.co.jp/

2018年3月、石油ガス販売業界の中で全国第5位の規模を誇る静岡ガスは、島田瓦斯の発行済み株式55.8%を取得し子会社化しました。

島田瓦斯は、静岡県島田市を主要マーケットとしてLP・石油ガス販売事業を営む会社であり、本件は同業種・同地域でのM&Aになります。

このM&Aと通じて、静岡ガスは、島田市内での競争力増強、双方のノウハウを組み合わせることによるシナジー効果の創出などを目指しています。

なお、本件M&Aの9ヶ月後、静岡ガスは島田瓦斯の発行済み株式100%を取得し、完全子会社化を行いました。M&Aの効果を最大化する狙いがあったと考えられます。

4.カメイによる最上ガスの完全子会社化

カメイによる最上ガスのM&A(事業承継)

出典: https://www.kamei.co.jp/

2019年1月、東北随一のLP・石油ガス販売事業者であるカメイは、最上ガスの発行済み株式100%を取得して完全子会社としました。

最上ガスは山形県新庄市に本社を構える地域密着型のLP・石油ガス販売業者です。最上ガスを傘下とすることにより、カメイは、既存のLP・石油ガス販売事業を含めたホーム事業の更なる強化を図っています。

6. LP・石油ガス販売業界のM&A・事業承継・買収を成功させるには

LP・石油ガス販売業界のM&A・事業承継・買収を成功させるには

LP・石油ガス販売業界ではM&A(事業承継)の件数は年々増えており、その目的は経営効率化や新市場進出、後継者不足の解決などさまざまです。

どのような目的であれ、M&A・事業承継・買収を成功するためには、いくつかのポイントを意識して進めてく必要があります。

本章では、LP・石油ガス販売業界のM&A・事業承継・買収を成功するためのポイントを解説します。

【LP・石油ガス販売業界のM&A・事業承継・買収を成功させるためには】

  1. 計画を入念に準備する
  2. デューデリジェンスの徹底
  3. 人材や顧客の流出に注意
  4. 専門家の相談する

1.計画を入念に準備する

M&A・事業承継・買収を成功させるためのポイント1つめは、事前にしっかりと計画策定することです。

M&A・事業承継・買収は企業経営のなかでも特に大きな取引であり、将来に与える影響は計り知れません。計画性もなく成り行きで実行をしてしまうと、その後の企業活動に悪い効果をもたらしてしまう恐れもあります。

また、事業や経営の統合は慣れ親しんだ業務フローや企業文化の変革を行うことでもあるため、どれだけ準備したとしても何の障壁もなくスムーズに成功を収めることは非常に稀です。

M&A・事業承継・買収は、グローバル化が進む現代において非常に有効な経営戦略です。事前にしっかりとM&A計画を策定し、以下のような事由を検討しておくとよいでしょう。

【MA計画策定前に検討すべき事項】

  • M&A・事業承継・買収に取り組む意義は何なのか
  • どのような企業を買収(どのような企業に売却)したいのか
  • M&Aを進めるにあたり想定される課題と、それに対する解決策はどのようなものがあるか

2.デューデリジェンスの徹底

LP・石油ガス販売業者がM&A・事業承継・買収を成功させるためには、デューデリジェンスの徹底も不可欠です。

デューデリジェンスとは、投資の際に投資対象の価値やリスクを潜在的な部分まで調査することを指します。DD(ディーディー)とも呼ばれることもあり、財務デューデリジェンス・法務デューデリジェンス・税務デューデリジェンスなど、さまざまな種類があります。

デューデリジェンスは、M&A・事業承継・買収の取引価額を決定する際に重要な物差しになるうえ、表面的にはわかりづらい簿外債務や事業現場における課題など、多くのリスクを洗い出すことができます。

対象企業の価値や投資効果の有無を判断する大きな材料となることから、デューデリジェンスの徹底がM&A・事業承継・買収の成功に直結するといっても過言ではありません。

LP・石油ガス販売業界に関していえば、現場に償却済みの簿外資産が眠っていないかといったことも確認することが可能になります。

3.人材や顧客の流出に注意

人材確保を目的にM&A・事業承継・買収取り組んだにもかかわらず、売却企業への愛着が強い従業員の反発を生み人材流出を招いてしまえば、目標達成は叶いません。

M&A・事業承継・買収というのは、経営者だけでなく役員、従業員にとってもとても大きな影響力を及ぼすイベントです。

M&A・事業承継・買収を行う場合は、経営層だけでに話し合いに執着することなく、従業員への丁寧な説明を心がけることが大切です。

4.専門家に相談する

M&A・事業承継・買収は決して簡単な取引ではありません。LP・石油ガス販売業界の知識だけにとどまらず、M&A・事業承継・買収に関する専門知識が必要不可欠です。

単独で実行することも不可能ではないものの、M&A仲介会社やコンサルティングファームなどの専門家に相談することで、成功率を上げることができます。    

【関連】M&Aでのデューデリジェンス(DD)の手続き方法!DD項目別に注意点も解説!

7. LP・石油ガス販売業界のM&A・事業承継・買収の相談先

LP・石油ガス販売業界のM&A・事業承継・買収の相談先

LP・石油ガス販売業者がM&A・事業承継・買収を成功させるためには、業界動向やM&A傾向の把握、目的い合った戦略策定や交渉力が必要になります。

LP・石油ガス販売業界のM&A・事業承継・買収を検討される場合は、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。

M&A総合研究所は、中堅・中小企業のM&A仲介を得意とするM&A仲介会社です。案件毎に多数の支援実績を有するM&Aアドバイザーが就き、ご相談からご成約までをしっかりサポートいたします。

M&A成約まで費用が発生しない完全成功報酬制を採用しておりますので、コスト面でも安心してご利用いただけます。

無料相談は24時間お受けしておりますので、LP・石油ガス販売業者がM&A・事業承継・買収をご検討の際は、お電話・メールフォームよりお気軽にご連絡ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
03-6455-5875
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

8. まとめ

まとめ

価格競争の激化や業界全体の2極化後継者不足に悩む企業が増えていることも相まって、LP・石油ガス販売業界ではM&A・事業承継・買収に対する注目度が増しています。

M&A・事業承継・買収は業界全体が抱える課題解決に資する経営戦略なので、企業の将来を見据えた計画立案と検討が重要といえるでしょう。

【LP・石油ガス販売業界のM&A・事業承継・買収動向】

  • 後継者不足・経営難によるM&Aの増加
  • 固定の収益があるため、M&Aの需要は多い
  • 大手による事業エリア拡大を目的としたM&Aの増加

【LP・石油ガス販売業界のM&A・事業承継・買収のメリット】
  • 事業規模、エリアの拡大が可能
  • スケールメリットを活かせる
  • 人材または顧客の獲得ができる

関連する記事

人気の記事

人気の記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事