CBパートナーズは薬局・介護・医療のM&A専門家!実績や評判、採用・年収もご紹介

CBパートナーズは、薬局・医療・介護・福祉事業を専門にM&A仲介を支援する会社です。当記事は、CBパートナーズの会社概要や特徴、M&Aの手数料を紹介しています。そのほか、過去の成約件数や利用者の口コミ・評判、年収額などの採用情報もまとめています。


目次

  1. CBパートナーズの会社概要
  2. CBパートナーズの特徴・強み
  3. CBパートナーズの口コミ・評判
  4. CBパートナーズはこんな人におすすめ
  5. CBパートナーズのM&Aの料金
  6. CBパートナーズのM&Aの実績
  7. CBパートナーズの採用情報
  8. まとめ

1. CBパートナーズの会社概要

CBパートナーズの会社概要

出典: https://pixabay.com/ja/photos/%E4%BC%9A%E8%AD%B0%E5%AE%A4-%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB-%E3%82%AA%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B9-768441/

CBパートナーズはCBホールディングスのグループ企業であり、主に薬局・介護・医療・福祉事業に対する経営支援を行っています。

以前は、CBホールディングスでこれらの仲介支援を行っていましたが、専門性をより高めるために分社化し、2016年4月に資本金500万円でCBパートナーズを立ち上げました。

CBパートナーズは、東京港区にある本社のほか、全国8か所に事業所を置いています。(札幌・仙台・横浜・名古屋・大阪・岡山・広島・福岡)

CBグループの営業ネットワーク全国11カ所も活用し、薬局・介護・医療・福祉事業への支援を行っています。

事業内容

CBパートナーズでは、調剤薬局・介護施設・病院やクリニックなどの医療施設を対象とするM&A・事業承継の支援を専門に行っています。

コンサルの経験を活かした支援もCBパートナーズの強みであり、マッチングから成約までのサポートのほか、行政手続きや引き継ぎ関連の調整など、地域に欠かせない薬局・介護・医療福祉業のM&A支援を行っています。

資本金

会社概要によれば、CBパートナーズの資本金は500万円となっています。資本金額が低いのは親会社であるCBホールディングスが行っていた調剤薬局・介護施設・病院やクリニックなどの医療施設を対象とするM&A・事業承継の支援事業を分社化したためです。

また、通常であれば必要になる運転資金も多く用意する必要がなかったことや、資本金が1000万円を超えると会社の税負担が大きくなることなども、資本金の額を抑えた要因のひとつではないかと考えられます。

2. CBパートナーズの特徴・強み

CBパートナーズの特徴・強み

出典: https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88-%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF-%E5%9B%9B%E8%A7%92%E5%BD%A2-2470549/

この章では、CBパートナーズの特徴や強みについて、専門性・対象エリア・友好的M&A成立、3つの視点からみていきます。

専門性

仲介会社・CBパートナーズの最大の特徴は、調剤薬局・介護施設・病院やクリニックなど、医療業界のM&A・事業承継のサポートを専門に扱っていることです。

CBグループがもつ広いネットワークと、自社が手掛けてきたM&A・事業承継で培った専門知識を活かし、医療業界のM&Aで加味すべく診療報酬・薬価・介護報酬などの改定も見据えたサポートを行っています。

【関連】調剤薬局のM&A動向!売却事例20個から見る相場とおすすめ仲介会社10選!

薬局・介護・医療

CBパートナーズは、事業承継や事業規模拡大を目的とする薬局・介護・医療の支援にも力をいれています。

後継者がいない場合の事業承継先を探したり、薬剤師などの専門職不足解消のためのM&Aサポートなど、経営者が抱えるさまざまな悩みを専門的な立場からアドバイスを行っています。

そのほか、財産整理と承継手続き、株式売却による創業者利潤の確保、資本・融資などへのアドバイス、行政など手続きや引継ぎに関するサポートなど、幅広い支援を可能としています。

【関連】【2020年最新】介護施設・事業のM&A・譲渡事例30選!成功ポイントや仲介会社ランキング!

全国対応

CBパートナーズは、全国を対象としてM&A・事業承継の支援を行っています。親会社であるCBホールディングスがもつネットワークを最大限に活かし、地域を越えた相手とのマッチングを行っています。

過去の成約実績をみても、同じ事業エリアでの仲介はもちろん、九州と関西、関東と北海道など、全国を対象としたマッチングから成約へ至ったケースも多くみられます。

友好的なM&A

CBパートナーズでは、当事者の互いに納得できる友好的なM&A成立を目指してサポートを行っています。

当事者の希望を聞き条件の落としどころを提案し、双方が納得できるよう円満なM&Aを進めていきます。

3. CBパートナーズの口コミ・評判

CBパートナーズの口コミ・評判

出典: https://pixabay.com/ja/illustrations/%E9%A1%A7%E5%AE%A2%E3%81%AE%E7%B5%8C%E9%A8%93-%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88-%E3%81%9F%E3%81%84%E3%81%B8%E3%82%93%E8%89%AF%E3%81%84-3024488/

CBパートナーズを利用を検討している方にとっては、利用者の口コミ・評判が気になるところでしょう。ここでは、CBパートナーズの口コミ・評判の一部を、事例を交えて紹介します。

①希望条件に合致する案件を提案してくれた

総合建築業と並行して介護事業を営んでいる事業者からの口コミ・評判です。CBパートナーズへの相談により、条件に見合った介護事業者を引き合わせてくれたと語っています。

過去に関わったM&Aの仲介会社は、優先したい介護事業者の案件ばかりを紹介されたため、自身の希望条件に合うものはありませんでした。

CBパートナーズに紹介された交渉先は、担当者に伝えた条件に見合った介護事業者だったため、自社の希望を第一に考えてくれると判断し、M&A仲介を依頼しています。
 

利用者の情報
業種 総合建設業、建物総合管理業、不動産業、介護事業
資本金 8億6750万円
M&Aの対象案件 介護事業

②関係者への理解を得られた

2つ目は調剤薬局を営んでいた経営者からの口コミ・評判です。利用者の会社概要から、CBパートナーズとの関わりは、CBパートナーズのグループ企業への相談に始まります。

自社のみでは人材を集めることが難しかったため、採用支援を行うコンサル会社へ人材の確保を依頼したところ、担当者から採用に加えて譲渡も検討する時期だと助言を受け、調剤薬局の譲渡を検討し始めます。

CBパートナーズからは大手の3社が紹介され、企業理念などを目安にした選定が望ましいとの助言により、譲渡先を決めています。

また、CBパートナーズは福祉・医療関連の事業に明るいため、調剤薬局事業で関わりのある医師の理解を得るための適切な伝え方やタイミングについてもアドバイスもあり、スムーズに調剤薬局のM&Aを完了できています。

 

利用者の情報
業種 調剤薬局業
資本金 非公開
M&Aの対象案件 調剤薬局

③調剤薬局事業を理解したM&A支援を受けられた

3つ目は、在宅医療に注力していた調剤薬局の経営者からの口コミ・評判です。在宅医療に関わる調剤薬局を営んでいたものの、薬剤師は経営者1人しかおらず対応が難しくなったため、薬局のネットワーク会社を介してCBパートナーズへ相談しました。

経営者は、事業エリアでのM&A実績があったためCBパートナーズへ依頼することを決めていましたが、交渉の進め方や譲渡価格の決め方、社員への通知や承継後の対応はどのようにすべきかという不安もありました。

実際には、交渉の助言や、希望額と財務内容・収益性を加味した譲渡額の提示、雇用を引き継ぐ相手との引き合わせ、適切な通知時機の教示により、満足のいく調剤薬局のM&Aを行えています。
 

利用者の情報
業種 調剤薬局業
資本金 非公開
M&Aの対象案件 調剤薬局

④待遇の改善が見込める相手をみつけられた

4つ目は複数の従業員を抱える調剤薬局の経営者から口コミ・評判です。利用者の会社概要では、2カ所の医療機関と取引があったことから、経営者自身も常に店頭に立つほどの忙しさで、事業の拡大や社員の待遇改善を行えずにいました。

このまま事業を続けても、薬価の改定などで満足できる利益が上げられないと判断し、CBパートナーズに相談したところ、大手の同業者を3社紹介され、そのうちの1社(上場企業)へ譲渡を決めています。

買い手は事務員・薬剤師の能力を発揮できる環境を整備し、挑戦を忘れない精神をもっていたことから、M&Aに適した相手をCBパートナーズが引き合わせてくれたと語っています。
 

利用者の情報
業種 調剤薬局業
資本金 非公開
M&Aの対象案件 調剤薬局

4. CBパートナーズはこんな人におすすめ

CBパートナーズはこんな人におすすめ

出典: https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%8D%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%82%A4-%E8%AA%BF%E6%95%B4-%E8%AA%BF%E6%95%B4%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99-%E7%94%B7-690084/

薬局・介護・医療・福祉事業を行っていて、自社のみでの事業運営には限界がある・後継者がいない・薬剤師など有資格者が不足しているなど、医療業界でM&Aや事業譲渡を検討している場合は、CBパートナーズへ相談がおすすめです。

CBパートナーズは、医療業界のM&A・事業承継のサポートを専業としているため業界に精通しており、広いネットワークを持っています。

また、全国エリアを対象に交渉先を探すことができるので、事業拡大を目的としてM&Aを行いたい場合も適しているといえるでしょう。

5. CBパートナーズのM&Aの料金

CBパートナーズのM&Aの料金

出典: https://pixabay.com/ja/photos/%E9%9B%BB%E5%8D%93-%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%88-%E8%A8%88%E7%AE%97%E3%81%99%E3%82%8B%E6%96%B9%E6%B3%95-1232804/

この章では、CBパートナーズへM&A支援を依頼した場合に必要な料金についてみていきます。

CBパートナーズでは、成功報酬型の料金システムを採用しています。成功報酬型とは、M&Aが成約した時点で取引額に料率をかけて手数料を計算するシステムで、手数料の料率は取引額が大きくなるほど低く設定されています。

成功報酬

CBパートナーズでは成功報酬型を採用しているため、M&Aが成立した時点で成功報酬が発生します。

成約するまでは手数料を支払う必要がないため、万一成約に至らなかったりM&Aの交渉が長引いたりしても、安心して利用することができます。

【関連】M&Aの成功報酬の相場はどれぐらい?報酬の会計処理も解説

少額の成功報酬には手数料の下限が設定されている

CBパートナーズの成功報酬には、手数料の下限が設定されています。M&Aの取引金額が低くなると考えられる場合は、事前に最低額手数料について確認しておくようにしましょう。

手数料

先に述べたように、CBパートナーズは成功報酬型を採用しており、その際の手数料は下表の取引額と料率によって計算されます。
 

CBパートナーズの手数料
取引額 料率
5億円以下 5%
5億円を超え~10億円以下 4%
10億円超え~20億円以下 3%
20億円超え 2%

6. CBパートナーズのM&Aの実績

CBパートナーズのM&Aの実績

出典: https://pixabay.com/ja/photos/%E6%89%8B%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%A7-%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%AF-3139604/

CBパートナーズのM&A成約件数は、累計で400件を超えています。調剤薬局のM&Aでは、地場・中小企業間や個人間、個人から地場・中小企業・大手への譲渡事例が多くみられます。

また、介護施設のM&Aでは、地場・中小企業間や、地場・中小企業から大手への譲渡、医療機関では地場・中小企業間や、個人医院間、個人医院から地場・中小企業へ譲渡が多く成立しています。

成約件数

CBパートナーズの成約件数は、分社化する前を含めると400件を上回っています。2018年から2020年までの各年度の成約件数は、以下のようになっています。

 

年度 2018 2019 2020
成約件数 36件 57件 25件

事例

ここでは、CBパートナーズが仲介を手掛けた案件から、薬局・介護・医療事業の事例をいくつか紹介します。CBパートナーズの利用を検討している場合は、自社の規模や条件などに当てはまるものがあるかを確認しておくとよいでしょう。
 

業種 売り手/エリア/売上高 買い手/エリア M&Aの方法
調剤薬局 地場・中小企業
中国・四国
4000万円
地場・中小企業
中国・四国
事業譲渡
調剤薬局 地場・中小企業
九州
7000万円
地場・中小企業
関西
株式譲渡
調剤薬局 個人薬局
関東
1.1億円
地場・中小企業
関東
事業譲渡
調剤薬局 地場・中小企業
関西
4.3億円
大手
全国
株式譲渡
調剤薬局 地場・中小企業
関東
5000万円
個人薬局
関東
事業譲渡
介護施設 地場・中小企業
中国・四国
1.2億円
地場・中小企業
関西
株式譲渡
介護施設 地場・中小企業
関東
3000万円
地場・中小企業
東海
事業譲渡
介護施設 地場・中小企業
関東
7000万円
大手
全国
事業譲渡
医療機関 個人医院
関西
1億円
地場・中小企業
関西
持分譲渡
医療機関 地場・中小企業
中国・四国
4億円
地場・中小企業
中国・四国

その他
 
医療機関 個人医院
関西
1.5億円
個人医院
関西
持分譲渡

薬局・医療・介護事業のM&Aや事業承継におすすめの仲介会社

M&Aや事業承継を行う際に相談先を決めるときは、まず数社を選び、そのうえで比較検討することをおすすめします。

M&A総合研究所は、完全成功報酬型(レーマン方式)の料金システムを採用しているM&A仲介会社です。譲渡価格に料率を掛けて手数料を算出するため、移動相資産を基準する場合と比較すると費用負担を大きく抑えることができます。

対象地域は全国で、薬局・医療・介護・福祉事業の案件も取り扱っています。案件ごとにアドバイザー・弁護士・会計士が3名体制で担当し、初期のヒアリングからご成約までを一貫サポートいたします。

専門性の高いサポートにより、平均3カ月での成約や希望譲渡価格より平均124%アップを実現可能にしています。

お電話・メールフォームによる無料相談は24時間承っております。薬局・医療・介護・福祉事業のM&Aや事業承継をご検討の際は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

調剤薬局のM&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
03-6455-5875
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する
病院・医療法人のM&A・事業承継ならM&A総合研究所

7. CBパートナーズの採用情報

CBパートナーズの採用情報

出典: https://pixabay.com/ja/illustrations/%E9%9B%87%E7%94%A8-%E5%8B%9F%E9%9B%86-%E4%BB%95%E4%BA%8B-%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AB-1977803/

最後に、CBパートナーズの採用情報について、年収や採用条件を紹介します。採用情報は公式ホームページに掲載されているので、問い合わせなどをする際は事前に確認するようにしてください。

年収

日本の平均年収は376.7万円(ボーナスなし)ですが、CBパートナーズでは年俸400万円を最低額としています。

採用時に備えているスキルに応じた金額の調整を行うため、実際は400万円より高くなる可能性があります。

400万円の年俸額には、年2回のボーナスや時間外労働に対する特別手当(71,800円~)、家族・住宅手当などは含まれていません。また、年2回に年俸の改定があり、成果に応じた年俸アップにも期待できます。

求人

CBパートナーズでは、M&Aアドバイザーの職種を募集しています。主な業務内容は、M&A戦略の相談・紹介先の選定や交渉・買収監査・契約書の作成です。

CBパートナーズは、自社が求める人材として、M&Aコンサルを一から学びたい方、M&A支援の大部分を自己判断で行いたい方、顧客の経営支援に携わりたい方、少ない制限のなかで仕事をしたい方を挙げています。

M&Aに関する経験は必須ではありませんが、採用時に必須とされる条件には、4年生の大学を卒業している、会社に対する営業経験がある、医療・会計・証券・金融に関する知識を備えていることがあります。

8. まとめ

まとめ

出典: https://www.cb-p.co.jp/lflp_pharmacist/

医療業界のM&Aや事業承継を専門に支援するCBパートナーズは、累計成約件数は400件を超えるなど、十分な実績を持つ会社です。

口コミ・評判からも、依頼者の希望に合うよう仲介支援を行っていることや、業界特有の事情に精通していることなどが窺えます。

【CBパートナーズの概要】

  • 薬局や介護、医療、福祉業に限定した仲介支援
  • 対象エリアは全国
  • 友好的なM&Aの実施
  • 累計の成約件数は400件を超える
  • 料金システムは完全成功報酬型(レーマン方式)

関連する記事

新着一覧

最近公開された記事