20代でセミリタイアした体験談10選!ベストプラン・計画は?

20代でセミリタイアできないかと考えたことがある人も少なくないでしょう。20代で会社を辞めて生活することは可能ですが、決して容易ではありません。本記事では20代でのセミリタイア計画について、体験談ブログも交えて紹介します。


目次

  1. セミリタイアとは
  2. 20代でセミリタイアした体験談ブログ10選
  3. 20代でセミリタイアする際のベストプラン・計画
  4. 20代でセミリタイアすることのメリット
  5. セミリタイアに失敗する理由
  6. まとめ

1. セミリタイアとは

セミリタイアとは

セミリタイアとは、定年を迎える前に会社を退職することです。セミリタイア後は、給与ではない別の収入源をもとにして生活するライフスタイルを送ることになります。

セミリタイアするのはどの年代でも可能であり、実際に20代の人がセミリタイアを目指す、あるいは実践しているケースもあるのです。本記事では、20代でセミリタイアした人の体験談を紹介しながら、セミリタイアのベストプランについて解説します。

最近流行りのFIREムーブメントとは

FIREムーブメントとは、経済的独立と早期退職を目標とする動きを啓蒙する運動を指し、簡単にいえばセミリタイアやアーリーリタイアを促す考え方を広める活動です。

FIREムーブメントは海外で広まっており、特に労働者として一番活躍できる20代~40代で人気が高まっています。このFIREムーブメントは、通常の定年退職とは考え方が少し異なるものです。

日本の定年退職の場合、年金支給額やそれに対する保険料は国や企業によって決まっていますが、FIREムーブメントでは、退職後の生活水準や貯蓄率は自分自身で決めます。

つまり、勤務するべき期間や貯金額、退職後の生活方法や趣味などを自分で決められるのです。自身のライフプランを思いのままに決められる自由さに憧れている人が多いため、FIREムーブメントは人気になっています。

アーリーリタイアとの違い

セミリタイアと類似した言葉であるアーリーリタイアは、定年前に退職し、退職後は資産などをもとに生活していくことを指します。アーリーリタイアは、FIREムーブメントの考え方に近い思想です。

ただし、セミリタイアも定年前に会社を退職することは同じですが、退職後の生活の仕方は収入を得続けることが前提になっています。セミリタイア後の収入源にはさまざまなものがあり、代表的な例はブログでのアフィリエイト収入や株式投資などです。

【関連】50代の早期リタイアに必要な貯金は○千万円?【55歳/56歳/57歳】

2. 20代でセミリタイアした体験談ブログ10選

20代でセミリタイアした体験談ブログ10選

この章では、実際に20代でセミリタイアした人のブログを紹介します。それぞれが自身のセミリタイア体験をつづっており、セミリタイアを検討している人にとって、具体的なイメージがしやすく参考となるでしょう。

【20代でセミリタイアした体験談ブログ10選】

  1. 怠け者の20代が投資やってみたブログ
  2. 資産1500万円でセミリタイアしベトナムで暮らしています
  3. 27歳でアーリーリタイアした男のブログ
  4. 今日はヒトデ祭りだぞ!
  5. 熱血硬派!人生よよよの貧乏セミリタイア塾!
  6. 陸マイラーりくの100万マイルの貯め方
  7. 何かの綴り(仮)
  8. のーまねー、のーふりーだむ
  9. 20代で田舎に移住&山小屋を建ててスローライフ始めました
  10. パラサイトのセミリタイア人生

①怠け者の20代が投資やってみたブログ

①怠け者の20代が投資やってみたブログ

出典: https://20sinvest.com/

1つ目に紹介するセミリタイアのブログは、「怠け者の20代が投資やってみたブログ」です。このブログでは不労所得を手に入れる方法や増やし方、投資の方法について紹介しています。

ブログ管理者がセミリタイアを始めた年齢が20代だったことから、「20代怠け者」というペンネームを使っているそうです。ブログ管理者は、ブログの広告収益、株式投資、本の印税などを主な収入源とし、給与所得に頼らないセミリタイアを生活を送っています。

②資産1500万円でセミリタイアしベトナムで暮らしています

②資産1500万円でセミリタイアしベトナムで暮らしています

出典: https://www.vietnam-life.com/

2つ目に紹介するセミリタイアのブログは、「資産1500万円でセミリタイアしベトナムで暮らしています」です。当初のブログ名は「20代・資産1500万円でセミリタイアしベトナムで暮らしています」でした。

このブログは、開始当初は20代で現在は30代後半であるブログ管理者が、ベトナムでのセミリタイア生活を紹介しています。このブログ管理者の場合、主な収入源は1,500万円からの資産運用とブログの広告収益です。

ブログでは資産運用方法やセミリタイアに関する情報だけでなく、ベトナム生活の紹介やカンボジアなどの隣国についても書かれています。

③27歳でアーリーリタイアした男のブログ

③27歳でアーリーリタイアした男のブログ

出典: https://earlyretirement27.com/

3つ目に紹介するセミリタイアのブログは、「27歳でアーリーリタイアした男のブログ」です。ブログ名はアーリーリタイアとなっていますが、ブログ管理者が行っている内容はセミリタイアです。

ブログ管理者は、会社員時代は営業職に就くかたわら、仮想通貨メディアを立ち上げ、年商1,000万円を超えていました。

その後、同メディアを20代で事業譲渡して27歳でセミリタイアを実現し、現在はWebコンサルタントとして活動しながら不労所得の形成に力を入れています。ブログの内容は、ビジネスマンの視点による不労所得の形成や副業についてなどです。

④今日はヒトデ祭りだぞ!

④今日はヒトデ祭りだぞ!

出典: https://www.hitode-festival.com/

4つ目に紹介するセミリタイアのブログは、「今日はヒトデ祭りだぞ!」です。このブログでは、ブログ管理者のフリーランスに関する考え方やフリーランス生活について紹介しています。

ブログ管理者の主な収入源は、ブログの広告収益ですが、現在は会社を立ち上げてコワーキングスペースやオンラインサービスによる収益も上げているようです。

このブログのコンセプトは「好きなことを好きなように書く」というもので、これがヒットして最近ではブログの収益だけで世界一周旅行をしています。

⑤熱血硬派!人生よよよの貧乏セミリタイア塾!

⑤熱血硬派!人生よよよの貧乏セミリタイア塾!

出典: https://jinseiyoyoyo.hatenablog.com/

5つ目に紹介するセミリタイアのブログは、「熱血硬派!人生よよよの貧乏セミリタイア塾!」です。当初のブログ名は「29歳からの貧乏セミリタイア」でした。このブログでは、29歳でセミリタイアすると生活がどうなるのかを赤裸々につづっています。

ブログ管理者の主な収入源は資産運用です。自身の職業を無職と紹介しリアルなセミリタイア生活を紹介しています。20代でセミリタイアを開始した年の家計は赤字であり、非常に苦しい生活だったそうです。

⑥陸マイラーりくの100万マイルの貯め方

⑥陸マイラーりくの100万マイルの貯め方

出典: https://million-mile.com/

6つ目に紹介するセミリタイアのブログは、「陸マイラーりくの100万マイルの貯め方」です。このブログは、1年間で100万マイルを貯めた20代のブログ管理者が、マイルの貯め方やその使い方について紹介しているブログになります。

ブログ管理者の主な収入源は、プロフィールに書かれていないため詳細はわかりません。したがって、マイルや各種ポイントについて特化したブログであり、海外旅行をするなどセミリタイア後の生活をイメージできるブログになっています。

⑦何かの綴り(仮)

⑦何かの綴り(仮)

出典: https://life-free-monosute.hateblo.jp/

7つ目に紹介するセミリタイアのブログは、「何かの綴り(仮)」です。この記事も、ブログ管理者の日々の生活や実体験を紹介しています。

ブログの管理者は2015(平成27)年に会社を退職し、セミリタイア生活をスタートしましたが、生活費などの問題から2017(平成29)年に再び会社員に復帰しました。

ブログは2014(平成26)年から開始しており、再就職の部分についても赤裸々に書かれています。セミリタイアを考えている人にとっては、非常に参考になるブログです。

⑧のーまねー、のーふりーだむ

⑧のーまねー、のーふりーだむ

出典: http://nm-nf.com/

8つ目に紹介するセミリタイアのブログは、「のーまねー、のーふりーだむ」です。このブログ管理者は、新卒で大企業に勤めた後、セミリタイアしてどのような生活を送っているか紹介しています。

記事では、総資産1億円を突破したとの報告があり、セミリタイア成功者のブログであるともいえるでしょう。

ブログ管理者の主な収入源は資産運用であり、ブログでは資産運用に関する記事や副業について紹介しているほか、20代の時に会社員勤めをしていたときの給料も公開しています。

⑨20代で田舎に移住&山小屋を建ててスローライフ始めました

⑨20代で田舎に移住&山小屋を建ててスローライフ始めました

出典: https://thesaviour.hatenablog.com/

9つ目に紹介するセミリタイアのブログは、「20代で田舎に移住&山小屋を建ててスローライフ始めました」です。新卒入社2年目の24歳で退職したブログ管理者が、150万円の貯金を元手に小屋暮らしを目指す日常をつづっています。

スローライフを標榜するブログ管理者は、現在、小屋を建てる土地の確保までたどり着いており、今後の展開がどうなるか目が離せません。

⑩パラサイトのセミリタイア人生

⑩パラサイトのセミリタイア人生

出典: https://semiritaiyazinsei.com/

最後に紹介するセミリタイアのブログは、「パラサイトのセミリタイア人生」です。35歳でのセミリタイアを目標としていたブログ管理者が、我慢できずに28歳で会社を退職し、実家で過ごす日々や資産状況などが書かれています。

ブログタイトルにしている「パラサイト(寄生)」とは、ブログ管理者自身が、セミリタイアし実家で生活している自分を自嘲して名づけたもののようです。

【関連】セミリタイア・早期リタイアの人気ブログランキング20!貯蓄額や生活費など成功ポイントを解説!

3. 20代でセミリタイアする際のベストプラン・計画

20代でセミリタイアする際のベストプラン・計画

20代でセミリタイアするためには、どのようなプランを立てておけばよいのでしょうか。この章では、20代でセミリタイアする際のベストプラン・計画について解説します。

【20代でセミリタイアする際のベストプラン・計画】

  1. セミリタイアの大前提・資金の準備
  2. 20代でセミリタイアするための資産運用
  3. 20代でセミリタイアしたあとのこと
  4. 20代でのセミリタイアに失敗した場合

①20代セミリタイアの大前提

20代セミリタイアの前提条件には、「セミリタイアは会社員として働かないこと」、「給与所得以外の所得を得ること」の2つがあります。セミリタイアをするために会社を退職するので、セミリタイア後は会社員として働かないことが大前提です。

しかし、セミリタイア後は働かなくてもよいかといえばそうではありません。リタイア以前に形成した資産だけで生活をするのであればアーリーリタイアとなりますが、20代でアーリーリタイアできる人はあまりいないでしょう。

したがって、セミリタイア後は、アフィリエイト収入のためのブログ開設や株式投資、自分が興味のある事業を立ち上げるなど、給与所得以外の所得を得ながら生活する必要があります。

②20代でセミリタイアするために必要な資金

20代でセミリタイアをするために必要な資金は、自身が可能な貯蓄額やセミリタイア後の生活水準などによって異なります。一般的に、株式投資の経験がある一人暮らしの20代男性であれば、500万円の資金でもセミリタイアは不可能ではありません

毎月の生活費の目安

1ヶ月の主な支出は、生活費と税金の2種類に分類できます。生活費は、総務省統計局の「2017年家計調査(家計収支編)」によると、20代男性の一人暮らしであれば約15万円です。

会社を辞めた直後は所得税・住民税・年金の保険料などが5万円程度かかりますが、翌年からは約2万円に抑えられるはずなので、月17~20万円を稼げればセミリタイアが可能になります。

また、月々の収入を生み出すために必要な元手として、株式投資の場合は最低でも約500万円が必要です。

③20代でセミリタイアするための資産運用

20代でセミリタイアをするためには、資産を運用して資金を増やしたり、生活費を稼ぐ必要があります。セミリタイアするための資産運用方法の主なものは、以下の7つです。

【20代でセミリタイアするための資産運用方法】

  • 株式投資・投資信託
  • 不動産投資
  • 節約による貯金
  • アフィリエイト
  • 電子書籍などの販売
  • ブロガー・YouTuber
  • 副業で起業

株式投資・投資信託

1つ目の方法は株式投資・投資信託です。株価は需給関係によって日々変動していますが、その差額分の利益を得ることを目的として株式を売買することを株式投資といい、それを専業とするような人をデイトレーダーと呼びます。

株式投資・投資信託は、少額の資金でも投資可能であることがメリットですが、世界的な大不況に陥ると一瞬で資産が減少するリスクもはらんでいるものです。リスクを最小限にするためには、株式投資・投資信託について十分、知識を得ておくことが肝要になります。

【関連】M&Aと投資の違いは?投資ファンドのM&Aに関しても解説!

不動産投資

2つ目の方法は不動産投資です。アパートやマンションのような不動産を購入し、部屋を貸すことで賃貸収入を得ます。アパートやマンションの稼働率が高い状態が続けばリターンも大きくなるため、非常に効率的な投資方法です。

しかし、逆に稼働率が低下すれば、維持費などによって赤字となります。また、アパートやマンションを購入するための多額の元手が必要になることも、20代にとっては大きなデメリットでしょう。

【関連】不動産の購入は事業承継の節税効果あり!役立つテクニックや注意点も
電話で無料相談
03-6455-5875
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

節約による貯金

3つ目の方法は節約による貯金です。この方法は最もリスクが小さく、20代でも実践しやすい運用方法であり、セミリタイア前に多くの人が行っています。

当然のことながら、月の収入に対する節約額が大きくなると運用効率は高くなり、努力次第では最も運用効率の高い方法です。一方、デメリットは、節約によってストレスがたまることにあります。

特に、セミリタイア後に収入が安定して得られない場合、やむを得ず節約しなければならない状況になるため、目標を達成するための節約とは精神的にも異なるものです。節約によるストレスを軽減させるためには、ときどき贅沢をするなどの息抜きも必要になるでしょう。

アフィリエイト

4つ目の方法はアフェリエイトです。アフェリエイトとは成功報酬型の電子広告のことで、ブログなどに掲載した広告から、ユーザーが商品を購入することで報酬を得られます。購入するユーザーが多くなるほど、報酬額も増える仕組みです。

一方、電子広告を掲載するための費用は当然掛かるので、費用を上回るだけの報酬を獲得できないと赤字になります。アフィリエイトは広告を魅力的に見せるための技術が必要になるため、日々、勉強し技術を習得していないと生活をすることは難しいでしょう。

電子書籍などの販売

5つ目の方法は電子書籍などの販売です。この方法は、自身が執筆した小説などを電子書籍にして販売することです。費用は電子書籍にするための手数料程度ですみ、ほかの資産運用に比べると少額の元手で始められる点がメリットになります。

しかし、電子書籍をどのようにして販売するかという点や、自身の執筆能力が直接、結果につながるなど、リスクが非常に高いことが問題点です。

ブロガー・YouTuber

6つ目の方法は、ブロガー・TouTuberになります。この方法は、自身が発信したブログや動画にスポンサーからの広告を貼りつけ、その広告料を収入にする方法です。

20代で有名ブロガーやYouTuberになれば、読者や視聴者が増えるので、広告料が高くなり収入は激増します。ただし、有名でないときは収入はゼロであり、また、ブログの更新や動画のアップロードをするためのモチベーションを維持することが非常に困難です。

副業で起業

7つ目の方法は副業で起業することです。ここでいう副業とは、自身が興味のあることで会社員時代から収入を得ていた仕事を指します。メリットは、自身が興味のある仕事を行うため、収入が低くてもモチベーションを維持できることです。

デメリットは、副業程度のスケールでは想像できなかった業務が発生したり、経営観点で収入を得る必要があることになります。事業を立ち上げてそれだけで生活をしていくためには、相応の覚悟と努力が必要です。

④20代でセミリタイアしたあとのこと

セミリタイアした後のことも十分に考えておくことが大切です。20代でセミリタイアをした後は時間に余裕ができますが、逆にいえば何も考えていなければ時間を持て余すことでしょう。ここでは、20代セミリタイア後のライフスタイルについて、以下の3つを紹介します。

【20代でセミリタイアしたあとのこと】

  • 資産運用しつつ贅沢せずに暮らす
  • ぷちバイトを行う
  • ブログなどを始める

資産運用しつつ贅沢せずに暮らす

1つ目の案は、資産運用しつつ贅沢せずに暮らすことです。生活費を抑えられるため、収入を気にする必要はありません。また、20代の場合は独身であることが多いため、このような生活も実現しやすいでしょう。自身が興味のある仕事をしたい人に、おすすめの案です。

ぷちバイトを行う

2つ目の案はぷちバイトを行うことです。収入面とリスクヘッジの観点から有用な方法といえます。20代でのセミリタイア直後は収入が不安定、もしくはゼロであることが多く、20代のセミリタイア以前の生活水準を維持することが困難になる場合も少なくありません。

その生活水準を維持するために、ぷちバイトは有効な方法です。また、株式投資のようにリスクの大きい資産運用では、そのリスクをいかに低減させるかが重要な課題になります。収入のリスクを低減させるためにぷちバイトを行う人もいるのです。

【関連】セミリタイア後の人気アルバイト20選!年齢別に紹介!節税方法は?

ブログなどを始める

3つ目の方法は、ブログなどを始めることになります。ブログやYouTubeなどの広告料で生活するという方法です。ただし、人によっては生活ができるようになるまでに相当の時間がかかります。あるいは、収入を得られるようにはなれないかもしれません。

したがって、セミリタイア後、このような生活を送りたい人は、20代セミリタイア前からブログやYoutubeなどを始めて、自分の適性を判断することをおすすめします。

⑤20代でのセミリタイアに失敗した場合

セミリタイアは、100%成功するわけではありません。そのため、失敗したときのことも考えておくことが必要です。ここでは、20代でのセミリタイアに失敗した場合の対処方法を2つ紹介します。

【20代でのセミリタイアに失敗した場合】

  • 早めの社会復帰をする
  • 再びセミリタイアするか考える

早めの社会復帰をする

失敗した場合の方法1つ目は、早めに社会復帰をすることです。通常、3年程度、生活を行えば、成功か失敗かを判断できます。

20代でセミリタイアしたのであれば、その3年後は20代~30代ですから、まだまだ社会復帰できる年齢です。社会復帰したとしても、次の目標に向かってモチベーション高く前向きに生活をしましょう。

再びセミリタイアするか考える

2つ目の方法は再びセミリタイアするか考えることです。当然、セミリタイアに失敗した場合、そのままセミリタイアを継続することは不可能です。

この段階で、将来的に再びセミリタイアをするか考えてみるのもおすすめします。もし、セミリタイアをする場合は、前回よりも綿密なプランを立てるようにしましょう。

【関連】30代、40代、50代のセミリタイアは貯蓄いくらでできる?成功例を紹介!

4. 20代でセミリタイアすることのメリット

20代でセミリタイアすることのメリット

この章では、20代でセミリタイアをすることのメリットを4つ紹介します。

【20代でセミリタイアすることのメリット】

  1. 自由に使える時間が増える
  2. 興味のあることに時間を使える
  3. 人とは違うさまざまな経験が積める
  4. 再就職もしやすい

①自由に使える時間が増える

メリット1つ目は、自由に使える時間が増えることです。会社員の場合、1週間で40時間プラス残業時間が仕事の拘束時間であり、さらに通勤時間も加算されます。

一方、セミリタイアの場合は、仕事に関する拘束時間はなくなるといっていいでしょう。自由な時間が増えるだけでなく、セミリタイアに成功していると効率的にお金を稼ぐことが可能です。

②興味のあることに時間を使える

2つ目のメリットは、興味のあることに時間が使えることです。自分に興味のない仕事をしている場合、仕事の拘束時間以外でしか興味のあることに時間が使えません。

一方、興味のある仕事をするためにセミリタイアをすると、仕事時間=興味のあることに没頭できる時間となります。また、自由な時間が増えるため、趣味を存分に楽しむことも可能です。

③人とは違うさまざまな経験が積める

3つ目のメリットは、人とは違うさまざまな経験が積めることです。一般的には、20代は会社員として働きます。それに対して、20代でのセミリタイア生活では、会社員を続けていたら経験できないようなことにもチャレンジできます。

この経験が20年後、30年後に活かせることもあるので、20代のセミリタイア生活は有意義に過ごすよう心がけておきましょう。

④再就職もしやすい

4つ目のメリットは、再就職もしやすいことです。セミリタイアは人とは違う経験が積めるため、面接の際に大きな武器にもなります。20代~30代が転職で求められる能力は即戦力と潜在能力であり、ほとんどの場合は潜在能力に重きを置いて審査されるはずです。

このような審査基準の場合、さまざまな経験を積んでいる人のほうが将来的に活躍できる可能性を秘めていると判断されやすくなります。ただし、セミリタイア中に自身が何に努力して何を得たのかを、明確にしておくことは必要です。

【関連】サラリーマンのM&A成功マニュアル!個人で買えるスモールM&A案件を紹介!
M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
03-6455-5875
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

5. セミリタイアに失敗する理由

セミリタイアに失敗する理由

最後に、20代でのセミリタイアに失敗する主な理由を3つ紹介します。

【セミリタイアに失敗する理由】

  1. いざセミリタイアしてみると思っていたのと違った
  2. 収入の柱がなくなったことが不安になった
  3. 投資で失敗・体調を崩すなど

①いざセミリタイアしてみると思っていたのと違った

1つ目の理由は、イメージしていたセミリタイアと現実が異なっていたためです。自由な生活に憧れてセミリタイアをする20代はたくさんいますが、そのメリットと引き換えにリスク・デメリットも背負うことになります。

自身が想像していたよりも生活がきつかったり、独立してやりたいことが思うようにいかなかったりして、結局は長くセミリタイア生活が続かなかったというケースも少なくないでしょう。

自分がどれだけ踏ん張れるかという忍耐力も、セミリタイアをするためには必要です。

②収入の柱がなくなったことが不安になった

2つ目の理由は、収入の柱がなくなり、精神的に不安になったからです。セミリタイアは、給与所得という収入の柱をなくすことを意味しています。

そのため、セミリタイアをする前から、収入源になり得ることを定めておきましょう。そうすることで、セミリタイアに失敗する確率を下げられるはずです。

③投資で失敗・体調を崩すなど

3つ目の理由は、投資で失敗した、体調を崩したなどの原因です。投資や事業で失敗した場合は、セミリタイア生活を続けられません。また、セミリタイアは保険となるものがないため、体調を長期間崩すと生活を維持できないでしょう。

これらに備えて、生命保険や収入保障の保険などに加入し、セミリタイア生活を継続できるようにリスクを減らすようにしましょう。

【関連】セミリタイアの失敗原因5選!対策方法も解説【事例あり】

6. まとめ

まとめ

20代のセミリタイアは決して容易ではありませんが、20代だからこそ思い切った決断ができ、失敗時の措置も取りやすいことは大きなメリットでもあります。

また、20代でセミリタイア生活を始めたのであれば、セミリタイア後に立ち上げた事業を売却して次のステップに進めるなど、将来的にもさまざまな可能性を秘めています。

本記事の概要は、以下のとおりです。

【20代でセミリタイアする際に考えておくべきこと】

  1. セミリタイアの収入源や資金の準備方法
  2. セミリタイアするための資産運用方法
  3. 20代でセミリタイアしたあとの時間の使い方を考えておく
  4. セミリタイアに失敗した場合の対処方法を考えておく

【20代でセミリタイアすることのメリット】

  1. 自由に使える時間が増える
  2. 興味のあることに時間を使える
  3. 人とは違うさまざまな経験が積める
  4. 万一失敗しても20代のセミリタイアであれば再就職しやすい

【20代でのセミリタイアに失敗する理由】

  1. いざセミリタイアしてみると思っていたのと違った
  2. 収入の柱がなくなったことが不安になった
  3. 投資で失敗・体調を崩すなど

20代でのセミリタイア生活は、メリットばかりをみてしまうと失敗してしまう確率も高まります。20代、あるいは早い時期のセミリタイアについて考えている場合は、まずプランをしっかり立て、具体的な準備をコツコツと進めることから始めましょう。

関連する記事

新着一覧

最近公開された記事