飲食店のM&Aの方法まとめ!メリットや成功ポイントは?【案件事例あり】

飲食店業界は、競争が激しくトレンドに左右されやすいため、M&Aが活発に行われています。この記事では、飲食店のM&A手法やメリット、成功のポイント、相場を事例とともに解説します。飲食店のM&A事例も紹介しているので、相場の把握にも役立ちます。


目次

  1. 飲食店業界の定義
  2. 飲食店業界の現状
  3. 飲食店業界のM&A動向
  4. 飲食店の主なM&Aの方法
  5. 飲食店のM&A相場
  6. 飲食店のM&Aのメリット
  7. 飲食店のM&Aの案件事例
  8. 飲食店のM&Aの成功ポイント
  9. 飲食店M&Aのおすすめ仲介会社
  10. まとめ

1. 飲食店業界の定義

飲食店業界の定義

飲食店とは、食事を提供したり、持ち帰りの料理を販売したりするお店のことです。店内における飲食サービスを提供する業態には、レストランや定食屋、居酒屋などが挙げられます。

テイクアウトのお店は、ファストフード店をはじめ、弁当や総菜のお店・ドリンクの販売店・アイスクリーム屋・たこ焼き屋などが一般的です。

そのほかには、ケータリングやデリバリー・移動販売など、移動先で料理を提供したり調理した料理を運んだりするサービスも飲食店に含まれます。

飲食店を開業する者は、食品衛生法第52条に則り、都道府県知事の許可が必要です。また、店舗の内外で食品を提供する・調理をする場合には、営業許可のほかに食品衛生責任者の資格が要ります。

取り扱う食品や調理の有無などによっても、細かい規定が設けられているため、飲食店はそれぞれの業態に合わせて定められた基準をクリアし、飲食サービスを提供しています。

2. 飲食店業界の現状

飲食店業界の現状

飲食店業界は、どのような業界なのでしょうか。自社の飲食店を買収・売却を検討している方や売りたい方、飲食店業を始めたい方は、飲食店業界の現状を把握しましょう。
 

  1. 現在売上は上昇傾向にある
  2. 参入障壁が低く競争能力が問われる
  3. トレンドに左右されやすい

①現在売上は上昇傾向にある

1つ目に挙げる飲食店業界の現状は、売上の上昇です。一般社団法人日本フードサービス協会の「令和元年(平成31年1月~令和元年12月)外食産業市場規模推計について」によると、令和元年の外食産業市場規模は26兆439億円と推計され、前年に比べて1.3%の増加です。

平成28年~令和元年度の市場規模を見ても、徐々に売上高が増えていることが窺えます。
 

外食産業市場規模推計
年度 平成28年 平成29年 平成30年 令和元年
市場規模 25兆4,446億円 25兆6,804億円 25兆7,221億円 26兆439億円
(出典:一般社団法人日本フードサービス協会 - 令和元年(平成31年1月~令和元年12月)外食産業市場規模推計について)
 

②参入障壁が低く競争能力が問われる

2つ目に挙げる飲食店業界の現状は、激しいシェア争いです。飲食店業は、他の事業と比べて、少ない資本で事業を始められます。そのため、競争相手が次々と参入し、他社との差別化を強いられるといえます。

安易に飲食店業を始めてしまうと、ライバルとの競争に打ち勝てず、廃業してしまうケースも少なくありません。

このような現状から、飲食店業の開業では、ITなどの利用によって消費者のニーズをうまく掴み、適切な価格で質のよいサービスを提供することが求められます。

③トレンドに左右されやすい

3つ目に挙げる飲食店業界の現状は、トレンドに左右される点です。

一般社団法人日本フードサービス協会の「令和元年(平成31年1月~令和元年12月)外食産業市場規模推計について」によると、飲食店の市場規模は前年と比べて1.7%増加しています。

特に、食堂・レス トランとその他の飲食店(ファストフード・お好み焼き屋など)が顕著に増加しています。食堂・レストランは前年より1.6%増、その他の飲食店は4.9%増という値で、そば・うどん店でも0.9%の増加が見て取れます。

増加の一方で、市場規模が減少した業態も現れています。集団給食の市場規模は、0.2%の減少です。このように、消費者が求める飲食店にはトレンドがあり、その時々によって売上に影響がおよぶといえます。

3. 飲食店業界のM&A動向

飲食店業界のM&A動向

飲食店業のM&Aを検討されている方に向けて、飲食業界のM&A動向を紹介します。業界に見られる特徴的な動きを把握しておけば、飲食店の売却・買収に活かすことができます。飲食店業界での主なM&A動向は、以下のとおりです。
 

  1. M&Aは昔から活発
  2. 他業種・異業種からの参入も多い
  3. 店舗立地や周辺環境の確保を目的としたM&Aも増加

①M&Aは昔から活発

1つ目に取り上げる飲食店業界のM&A動向は、活発に行われてきたM&Aです。飲食店業では、同業種の買収が盛んに行われています。目的は、事業エリアを広げたり、コストを減らしたりなど事業の成長を促すためです。

自社で事業エリアを拡大する場合、多くの時間と多額のコストがかかります。その点、M&Aを活用すれば、短期間・低コストで、事業エリアを広げられるでしょう。

さらに、M&Aによって売り手の顧客やノウハウ、人材なども確保できます。M&Aは、自社に足りない要素を補完することにも利用されているといえます。そのため、飲食店業界では昔から、M&Aの活用が盛んに行われているのです。

②他業種・異業種からの参入も多い

2つ目に取り上げる飲食店業界のM&A動向は、他業種・異業種からの参入です。同業種のM&Aはもちろん、近年のM&A動向では、異なる業態を対象にしたM&Aが目立っています。

他業種の参入事例では、持ち帰り寿司を提供する小僧寿しのケースを取り上げてみましょう。2018年4月に宅配事業を行うデリズと簡易株式交換を行っています。M&Aにより、店舗を持たない宅配専門事業を傘下に収め、宅配機能の強化を図るとのことです。

異業種の参入事例では、総合商研によるM&Aが挙げられます。2017年6月に、情報誌の発行や「お取り寄せダイニング十勝屋」を運営する、グリーンストーリープラスの株式を取得しています。対象会社の子会社化により、北海道の食材を道外へ流通させる計画です。

このように飲食店業のM&Aでは、ライフスタイルへの対応や、主力事業へのフィードバックなどを目的として、展開していない業態を買い取っているといえます。

③店舗立地や周辺環境の確保を目的としたM&Aも増加

3つ目に取り上げる飲食店業界のM&A動向は、店舗の立地・周辺環境の確保を目的としたM&Aの増加です。飲食店業の売上は、立地や周辺の環境に左右されます。

いくら消費者のニーズを把握し、サービスを提供しても、店舗までのアクセスが悪かったり、同業者が多かったりすれば、想定した売上には達しません。

そこで、すでに店舗を構えている企業や個人から、営業権や株式を取得し好立地を確保します。集客を望めるため、他社を買収するM&Aが増加傾向にあるといえます。

【関連】M&A戦略のメリット・デメリット26選!買い手・売り手サイドから解説!

4. 飲食店の主なM&Aの方法

飲食店の主なM&Aの方法

飲食店のM&Aでは、どのような方法が用いられているのでしょうか。一般的な飲食店の売却・買収は、以下の手順で進めます。
 

  1. M&Aの相談先を決める
  2. 相談先と秘密保持契約を結ぶ
  3. 売却先を探す
  4. 売却先への提案およびトップ同士の面談
  5. 意向表明書の提示
  6. 基本合意契約書の締結
  7. デューデリジェンスの実施
  8. 最終譲渡契約書の締結
  9. クロージング

①M&Aの相談先を決める

まずは、M&Aの相談先を決めてください。飲食店の売却・買収は、個人や自社の力だけでは、交渉相手を探せなかったり、交渉・成約で不備が生じたりします

以下に取り上げた相談先を参考にして、M&Aの相談先を選ぶとよいでしょう。
 

  1. M&A仲介会社
  2. 飲食店専門の売買マッチングサイト
  3. 地元の金融機関など
  4. その他

M&A仲介会社

1つ目に挙げるM&Aの相談先は、M&A仲介会社です。M&A仲介会社に依頼すると、独自のネットワークからふさわしい買い手を紹介してもらえたり、交渉・譲渡価格・スキーム・契約手続きのアドバイスやサポートなどを受けられたりします。

仲介会社によっては、飲食店のM&Aを専門に行っている会社もあるため、安心してM&Aの仲介を任せられるでしょう。

自社だけでは買い手を見つけられない・初めてM&Aを行う・M&Aの知識が乏しい、という場合は、M&A仲介会社の利用をおすすめします。

もしM&A仲介会社をお探しの場合は、ぜひM&A総合研究所へお任せください。M&A総合研究所には、M&Aの経験や知識が豊富なM&Aアドバイザーが在籍しており、案件をフルサポートいたします。

料金システムは完全成功報酬制となっており、着手金や中間報酬などはなく、M&Aが成約するまで一切費用は発生いたしません。 また、成功報酬額は国内最安値水準ですので、安心してリーズナブルにM&Aの実現が目指せます。

無料相談を行っておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
03-6455-5875
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

飲食店専門の売買マッチングサイト

2つ目に挙げるM&Aの相談先は、飲食店専門のマッチングサイトです。サイト上に売却・買収希望の案件を掲載しているため、時間を問わず、買い手・売り手候補の情報を得られます。

事業エリアや業態、売上高、譲渡希望価格など、対象企業の基本情報から自社に見合った取引相手を探せます。

さらに、M&A仲介会社とは異なり、成約が完了した場合にのみ定められた料金を支払うため、M&Aにかかる費用を抑えられます

ただし、M&Aの交渉は当事者同士で行うことが多く、マッチングサイトによっては、アドバイス・サポートを受けられません。

そのため、交渉に不安を感じる場合は、専門家をつけて交渉に臨みましょう。別途料金を支払い、M&Aの専門家を紹介してもらうとよいでしょう。

地元の金融機関など

3つ目に挙げるM&Aの相談先は、地元の金融機関です。事業エリア内の金融機関は、地元の企業と多くの取引を行っていることから、飲食店との関わりがあるといえます。

また、地元の金融機関は地域の活性化を図るため、後継者問題をはじめとした事業承継を支援しています。

M&Aに精通した人材を集めたり、専門機関への出向によりM&Aの知識を獲得させたりと、担当者がM&Aに精通していることも少なくありません。

自社の売却・買収に合った飲食店を探すことができ、ふさわしいスキームの提示や、交渉・契約書の作成サポートなども受けられます。

その他

4つ目に挙げるM&Aの相談先は、その他の機関です。たとえば、公認会計士や税理士などの士業が挙げられます。財務・税務の知識を有しているため、デューデリジェンスや適正な取引価格の提示、M&Aによる課税などのアドバイスが受けられるでしょう。

ただし、これらの士業はM&Aの専門家ではありません。仲介の実績が乏しかったり、十分なネットワークを構築していなかったりします。

飲食店の仲介を依頼するなら、フルサポートを提供する会社・機関を選びましょう。フルサポートが受けられる体制なら、いくつもの機関を介さずにM&Aを終えることができます。

【関連】M&Aの相談相手の選び方まとめ!料金や相談内容一覧を解説!

②相談先と秘密保持契約を結ぶ

手順の2つ目は、秘密保持契約の締結です。相手方の情報が外へ漏れてしまうと、売上の減少や、取引先との契約解除などを誘発しかねません。

そのため、相手方の詳細を知る前に、相談先と秘密保持契約を結んで、情報の秘匿を約束します。

相談先に紹介してもらう場合には、秘密保持契約のほかに、M&A仲介契約や、M&Aアドバイザリー契約を結びます。M&A仲介契約の内容は、売り手と買い手の利益を考えた仲介をさし、M&Aアドバイザリー契約はどちらか一方の立場を尊重する仲介契約です。

対象企業の詳しい情報を得る前に、このような契約を結ぶ必要があることを覚えておきましょう。

【関連】M&Aのアドバイザリー(FA)ってどんな仕事?選び方やランキングあり!

③売却先を探す

手順の3つ目は、売却先の探索です。売却先を探す方法には、いくつかの手段が用いられます。自社・個人で探す、知人・取引先・相談先などからの紹介です。

自社・個人で探したり、知人・取引先からの紹介に頼ったりする場合には、各自の情報網に左右されるため、売却先を見つけられない事態が想定されます。

短期間で売却先を見つけたいなら、先に紹介した相談先に依頼して売却先を紹介してもらうのが有効です。

④売却先への提案およびトップ同士の面談

手順の4つ目は、売却先への提案とトップ同士の面談です。売却先の候補から詳しい情報を得て、交渉相手を絞り込みます。

ノンネームシートを提出し、売却先がこちらに興味を示すと、トップ同士の面談に移ります。

売却先の企業理念を把握し、事業を譲り渡す相手かどうかを確かめてください。経営者の人柄も、交渉を進める・中止する際の判断材料に使いましょう。

⑤意向表明書の提示

手順の5つ目は、意向表明書の提示です。意向表明書は、買い手側から売り手側に提出する書類です。買い手が売り手に対し、交渉の意思があることを示す書類です。

書類には、買い手の詳細や取引価格、M&Aのスケジュール、独占交渉権などが明記されています。売り手は意向表明書の提出を受けて、M&Aの意思を確認し、トップ同士で交渉した企業から交渉を進める相手を選びます。

⑥基本合意契約書の締結

手順の6つ目は、基本合意契約書の締結です。条件のすり合わせを経て、売り手と買い手が契約書を取り交わします。基本合意契約書を結ぶ目的は、契約内容を確認するためです。

互いの認識が異なっていると、最終譲渡契約書の締結に影響がおよびます。円滑に取引を終えられるように、スキームの種類・譲渡する資産・取引額のほか、譲渡日やデューデリジェンスの日程などについて、事前にスケジュールの確認が行われます。

⑦デューデリジェンスの実施

手順の7つ目は、デューデリジェンスの実施です。デューデリジェンスは売り手に対する調査で、買い手によって行われます。

財務・税務・法務などの面から、売り手を調査し、基本合意契約書の内容と照らし合わせ、相違がないことを確かめます。

デューデリジェンスで手を抜いてしまうと、承継後にリスクが発覚することがあるため、買い手は徹底した調査を行い、リスクの回避に努めることが重要です。

【関連】M&AでのDD(デューデリジェンス)の手続き方法!DD項目別に注意点も解説!

⑧最終譲渡契約書の締結

手順の8つ目は、最終譲渡契約書の締結です。デューデリジェンスの結果を踏まえて、内容の調整が行われます。双方が変更した条件に同意すると、最終譲渡契約書の締結が完了します。

表明保証の内容や、チェンジオブコントロール事項などが盛り込まれるため、買い手は、契約後の対応・経営への影響を確かめましょう。

⑨クロージング

手順の9つ目は、クロージングです。取り交わした契約内容に従い、資産の譲渡や、対価の授受、取引先・従業員への発表、PMIなどが行われます。

従業員への説明や事業の引き継ぎを疎かにすると、従業員の離職を招いたり、想定した売上を下回ったりするでしょう。

最終譲渡契約書を取り交わしても、M&Aが完了したとはいえないので、締結後のクロージングも気を抜かずに対応してください。

【関連】M&A実務!流れや企業価値算定、契約書、クロージング手続きを解説!

5. 飲食店のM&A相場

飲食店のM&A相場

飲食店のM&A相場は、減価償却前の営業利益を参考にして算出されます。「時価純資産価額+減価償却前の営業利益×2~5」を目安に、自社や対象とする飲食店の相場を把握しましょう。

【飲食店のM&A相場】

  • 時価純資産価額+減価償却前の営業利益×2~5

このほかにも、飲食店のM&A相場について、以下3つのポイントも確認しておくとよいでしょう。

【飲食店のM&A相場のポイント】

  1. 減価償却前の営業利益とは
  2. 飲食店のM&A相場は変動する
  3. 店舗売却

①減価償却前の営業利益とは

飲食店のM&A相場は、減価償却前の営業利益を基準に算出されます。ここでいう減価償却前の営業利益とは、営業利益に減価償却費を加えた値のことです。

「飲食店業で上げた利益に、設備投資などの固定資産・人件費・家賃などによる費用を加えた値」といえばわかりやすいでしょう。

では、どうして減価償却前の営業利益が相場の基準となるのでしょうか。減価償却前の営業利益を算出すれば、飲食店業が備える収益力を知ることができるからです。

どの費用の影響によって値を下げているかが判明すれば、飲食店の純粋な収益力が明らかになります。このような理由から、飲食店のM&A相場は、減価償却前の営業利益を元に計算されます。

②飲食店のM&A相場は変動する

ただし、飲食店のM&Aでは、店舗の立地や敷地面積によって相場が変動します。一等地に飲食店を構えていたり、十分な広さを確保していたりすれば、相場よりも高い価格に相場が設定されることもあります。

飲食店を売却・買収する方は、目安の相場に加えて、店舗を構える場所や店内の広さも考慮しましょう。

③店舗売却

飲食店の売却では、事業譲渡と似た手法として店舗売却も用いられます。M&Aとは異なりますが、飲食店の売却ではよく利用されている手法です。店舗売却は、いわゆる居抜き物件の譲渡といわれます。

店舗内に厨房や空調設備・内装・トイレなどが残されたお店を、売買の対象とする方法です。店舗の設備全般を譲渡するため、事業譲渡・株式譲渡のように、飲食店が所有する権利やノウハウ、取引先・従業員の引き継ぎは行えません。

一から飲食店を始める場合に、立地を確保したり初期費用を抑えたりするために用いる手法といえるでしょう。そのため、株式譲渡や事業譲渡によるM&A相場と比べて、費用は格段に下がります。

既存の飲食店を買収する方は、M&Aのほかにも、利用できる買収方法があることを覚えておきましょう。

6. 飲食店のM&Aのメリット

飲食店のM&Aのメリット

飲食店のM&Aを利用すると、いくつかのメリットを享受できます。ここでは、飲食店のM&Aをつうじて得られるメリットについて、売却・買収それぞれの立場から解説します。

売却側

飲食店をM&Aで売却する場合、次のメリットを享受できます。飲食店業から手を引く前に、M&Aによる事業承継を知っておくと、会社や経営者、従業員の助けとなるでしょう。
 

  1. 廃業・撤退のコストを削減する
  2. 売却・譲渡時の利益を獲得できる
  3. 従業員の雇用を確保
  4. 個人保証や担保の解消

廃業・撤退のコストを削減する

1つ目に挙げる飲食店のM&Aにおける売却側のメリットは、廃業・撤退コストの削減です。後継者不足や財務の悪化、エリア内の激しい競争などにより、廃業・撤退を選ぶことがあるでしょう。

しかし、廃業・撤退には多額の費用を支払わなければいけません。店舗を借りていれば、契約満了までの賃料や、原状復帰ための費用などが必要です。

そのほか、法手続きや登記の届出に関する代行費用、リースの解約金・在庫や設備の処分費用なども、確保しなければなりません。

そこで、M&Aによる事業承継の利用です。経営権の譲渡により事業は継続され、上記の費用を支払わずに済みます。廃業・撤退を検討している方は、M&Aによる経営権の譲渡も選択肢に加えましょう。

売却・譲渡時の利益を獲得できる

2つ目に挙げる飲食店のM&Aにおける売却側のメリットは、売却・譲渡時における利益の獲得です。事業譲渡を選択すれば、会社が対価を受け取れます。株式譲渡を用いると、オーナーは株式の譲渡益を受け取れます。

本業に譲渡益を回す・新規事業の開業資金に充てる・老後の生活費を確保するなど、経営権の譲渡により新しい事業展開・生活が望めるといえるでしょう。

従業員の雇用を確保

3つ目に挙げる飲食店のM&Aにおける売却側のメリットは、従業員の雇用継続です。経営権を譲り渡すことで、従業員の雇用を引き継いでもらえます

事業譲渡のスキームでも、契約に雇用の引き継ぎを盛り込めば、従業員を路頭に迷わせることがありません。

さらに、買い手に資本力のある企業を選べば、従業員の労働環境を向上させられるため、従業員の処遇を気に掛ける方は、M&Aによる経営権の譲渡を検討するとよいでしょう。

個人保証や担保の解消

4つ目に挙げる飲食店のM&Aにおける売却側のメリットは、個人保証や担保の解消です。M&Aによる事業承継を行っても、経営者の個人保証や担保は引き継がれません。

しかし、譲渡契約を結ぶ前に、銀行に個人保証・担保の解除を求め、買い手に肩代わりを約束してもらえれば、個人保証や担保の解消が望めます。

譲渡後の負担を減らしたい方は、譲渡契約の内容に、個人保証と担保の解消を盛り込みましょう

買収側

飲食店のM&Aでは、買収側にもいくつかのメリットがあります。独立による出店や、異業種からの参入などを検討されている方は、買収によるメリットを把握して、開業の方法を決めてください。
 

  1. 欲しい立地条件を獲得できる
  2. 低コストでの新規参入
  3. 飲食店のノウハウや設備を獲得
  4. エリアを超えて事業拡大

欲しい立地条件を獲得できる

1つ目に挙げる飲食店のM&Aにおける買収側のメリットは、望む立地の獲得です。飲食店業では立地の良し悪しが売上を左右します。さらに業態によって、利益を上げやすい立地が異なる特徴も備えています。

しかし、「良い立地」は簡単に手に入れられません。良い立地はすでに、飲食店が営業を行っていることが多く、新規の出店となれば望む立地を確保することは困難です。

そこで、M&Aを利用して既存の店舗から事業承継を望む店舗を探せば、自社に見合った立地を確保できるでしょう。

業態や規模、飲食店の特徴に合った立地の確保も可能です。居抜き物件を探しても自社に見合った立地が見つからない場合は、M&Aの売り案件を探してみましょう。

低コストでの新規参入

2つ目に挙げる飲食店のM&Aにおける買収側のメリットは、低コストでの新規参入です。M&Aによる買収では、店舗を確保でき、飲食店の従業員も引き継げます。

M&Aによる買収なら、新店を構えるよりも出店費用や採用にかかる費用を抑えることが可能です。

飲食店のノウハウや設備を獲得

3つ目に挙げる飲食店のM&Aにおける買収側のメリットは、飲食店のノウハウ・設備の獲得です。M&Aの利用により、売り手が構築したノウハウや、店内の設備が手に入ります。

ノウハウを獲得できれば、既存の店舗との共有により、シナジーの獲得につなげることができます。

異業種からの参入でも、築き上げたノウハウ・既存の設備があれば、一から構築する手間が省け、承継と同時に飲食業を始められるといえます。

エリアを超えた事業の拡大

4つ目に挙げる飲食店のM&Aにおける買収側のメリットは、エリアを超えた事業の拡大です。自社のみで、事業エリアの拡大を図ると、出店する店ごとに新店を任せられる人材を確保しなければなりません。

その点、M&Aの買収では、顧客やノウハウ、従業員を抱えている店舗で営業を始めるため、経験の浅い人物にも飲食店の運営を任せられます。

また、飲食店の案件では、複数の店舗が売りに出ていることも少なくありません。つまり、他のエリアで、まとまった数の店舗が獲得できれば、一度の買収で事業の拡大が見込めます。

【関連】会社を売りたい!会社売却のメリット・デメリット!注意点や成功のコツを解説【案件事例あり】

7. 飲食店のM&Aの案件事例

飲食店のM&Aの案件事例

飲食店のM&Aでは、どのような事業・会社が取引の対象なのでしょうか。飲食店のM&Aに関心がある方に向けて、M&Aの案件事例を紹介します。

事業エリアや事業内容、希望する譲渡価格などの情報を得て、売却・買収の参考にしてください。

【飲食店のM&Aの案件事例】

  1. カフェ3店舗
  2. セブ島の飲食店
  3. 老舗洋食店
  4. 焼肉屋1店舗
  5. 韓国焼肉屋3店舗
  6. 料理のケータリング事業
  7. オシャレ隠れ家BAR
  8. イタリア料理店
  9. ラーメン屋
  10. 飲食店(お弁当・ケータリング)

①カフェ3店舗

1つ目に取り上げる飲食店のM&Aの案件事例は、カフェ3店舗の事業譲渡です。3店舗それぞれが、主要駅という好立地です。

店内のフォトスポットやロゴなどが、若い女子を中心に注目されてSNSでも人気のカフェです。また、こだわりの素材や味も、高い評価を得ています。

 

飲食店のM&Aの案件事例
①カフェ3店舗
エリア 東京都・愛知県・大阪府
譲渡希望価額 10,000万円
譲渡理由 選択と集中
事業内容 タピオカ専門店事業
アピールポイント
  • 3店舗とも主要駅の好立地
  • 店内にフォトスポットを設置
  • 見た目・味が高評価

②セブ島の飲食店

2つ目に取り上げる飲食店のM&Aの案件事例は、セブ島の飲食店です。飲食店は、フィリピンのセブ島・繁華街のセブシティにあります。およそ30~35坪に、32の座席を設けた寛げる飲食店です。

経営者は、案件事例のほかに日本で別事業を手掛けています。こちらの事業が忙しく手が回らなくなり、M&Aをつうじた事業承継で経営権の譲渡を希望しています。

 

飲食店のM&Aの案件事例
②セブ島の飲食店
エリア フィリピン・セブ島(セブシティ)
譲渡希望価額 750万~1,000万円
譲渡理由 日本での事業が忙しくなり海外の事業に手が回らないため
事業内容 飲食業
アピールポイント
  • 多数の常連客を抱える
  • 利便性のよい立地
  • 日本人マネージャーが詳しい内容を話してくれる

③老舗洋食店

3つ目に取り上げる飲食店のM&Aの案件事例は、老舗の洋食店です。交通量の多いとおりに店舗を構え、会社員や家族連れなど、幅広い層に料理を提供しています。提供する料理には定評があり、度々メディアに取り上げられています。

事業は本店で3,000万円、支店で3,500万円ほどの売上があるものの、負債と高齢化に加えて子女が事業承継を望んでいないため、店舗・設備を含めたM&Aで、経営権を譲渡したいとのことです。

 

飲食店のM&Aの案件事例
③老舗洋食店(年商6,500万円・個人事業)
エリア 福岡県
譲渡希望価額 7,500万~8,000万円(銀行借入約6,000万円+引退後の生活費1,500万~2,000万円)
※前経営者を従業員として雇用する場合は、負債+600万~800万円
譲渡理由 負債の返済・高齢化・後継者不足
事業内容 洋食店の運営(1店舗は所有、1店舗は賃貸)
アピールポイント
  • 食品衛生責任者・防火管理者免許を保有する
  • 十分な駐車スペースを確保(本店17台・支店22台)
  • 希望により経営者夫妻・子女を従業員として雇える
  • 2店舗を前経営者・支店の店長に任せることで運営に専念できる

④焼肉屋1店舗

4つ目に取り上げる飲食店のM&Aの案件事例は、東北エリアにある連日満席の焼肉屋です。商業施設の中に店舗を構えた焼肉屋で、利用しやすい価格でブランド牛を提供しています。これまでに何度も宮城県内のメディアに取り上げられてきました

また、案件事例の焼肉屋にはリピーターがついていたり、商業施設内の利点により飛び込みのお客が入ってきたりもします。

1.32億円の売上を計上していますが、別業態の出店を決めたため事業譲渡によって焼肉屋の経営権を譲りたいとのことです。

 

飲食店のM&Aの案件事例
④連日満席の焼肉屋1店舗
エリア 宮城県
譲渡希望価額 希望なし
譲渡理由 出店資金(別業態の店舗)
事業内容 焼肉店の運営
アピールポイント
  • 利用しやすい価格でブランド牛を提供できる
  • 仕入先を紹介できる
  • 知名度・立地により、安定した集客を見込める
  • 平日・週末ともに、ほぼ満席の状態
  • 系列店のFC権を譲渡することも可能

⑤韓国焼肉屋3店舗

5つ目に取り上げる飲食店のM&Aの案件事例は、3店舗の韓国焼肉屋です。東京都の23区内に店舗を構え、質の高い牛肉を提供しています。焼肉屋はディナーのみの営業で、利用客の多くは学生・会社員・インバウンドなどです。

後継者不足を理由に、M&Aを利用した経営権の譲渡で、焼肉店の事業承継を希望しています。

 

飲食店のM&Aの案件事例
⑤3店舗の韓国焼肉屋
エリア 東京都
譲渡希望価額 5,000万~1億円
譲渡理由 後継者不足
事業内容 韓国焼肉屋の運営
アピールポイント
  • 安い価格で質のよい牛肉を提供
  • 周辺には競合店となる焼肉屋がない
  • 仕入れルート・料理の味付けを引き継げる
  • 安い賃料

⑥料理のケータリング事業

6つ目に取り上げる飲食店のM&Aの案件事例は、料理のケータリング事業の事業譲渡です。

東京都にある創業20年を超える老舗ケータリング事業で、長年のノウハウからディナービュッフェ・フレンチフルコースなど幅広い料理に対応し、シーンに応じた料理を提供しています。

事業の選択と集中のため、事業譲渡を希望しています。

 

飲食店のM&Aの案件事例
⑥料理のケータリング事業
エリア 東京都
譲渡希望価額 相談
譲渡理由 事業の選択と集中のため
事業内容 ケータリング事業
アピールポイント
  • 長年培ってきたノウハウがある
  • 幅広い料理に対応可能
  • 各シーンに合う料理と雰囲気を提供

⑦オシャレ隠れ家BAR

7つ目に取り上げる飲食店のM&Aの案件事例は、恵比寿のオシャレ隠れ家BARです。雰囲気のよいBARは、恵比寿駅から歩いて3~4分の場所で営業しています。利用客には、会社員や芸能・音楽関係者などが多く、軽食とアルコールを提供しています。

譲渡の理由は、本業への専念です。経営者はアパレル業も営んでいます。戦略を見直したことで、経営権の譲渡に至り、M&Aによる事業承継を希望しています。

 

飲食店のM&Aの案件事例
⑦恵比寿のオシャレ隠れ家BAR
エリア 東京都
譲渡希望価額 1,000万~3,000万円
譲渡理由 本業に専念するため
事業内容 お酒・食事を提供するBAR
アピールポイント
  • 好立地(恵比寿駅から徒歩で3~4分)
  • おしゃれな内装(ブルックリンのイメージ)
  • ディナータイムのほか、ランチ営業も行う
  • 経験を積んだバーテンダーを雇用

⑧イタリア料理店

8つ目に取り上げる飲食店のM&Aの案件事例は、三軒茶屋の有名イタリア料理店です。20年以上に渡り、エリア内の住人や、会社経営者などに飲食サービスを提供しています。

また、ランチタイムとディナータイムに営業し、設定価格を中程度に定めています。経営者はワインの販売業を始めるため、M&Aを用いた株式譲渡で経営権の譲渡を希望しています。

 

飲食店のM&Aの案件事例
⑧三軒茶屋の有名イタリア料理店
エリア 東京都
譲渡希望価額 1,000万~3,000万円
譲渡理由 別事業を始めるため
事業内容 イタリア料理店の運営
アピールポイント
  • 価格設定の変更により集客アップが望める
  • 芸能人・有名人を顧客に持つ
  • 従業員の雇用を引き継げる

⑨ラーメン屋

9つ目に取り上げる飲食店のM&Aの案件事例は、営業歴40年を超えるラーメン屋です。現在の経営者は2代目で、札幌の中心街へ続く道路のそばで事業を営んでいます。店舗の近くには地下鉄の出入り口があることから、常連をはじめ一見のお客も多く訪れます

親子2代に渡って案件事例の店舗を営業してきたものの、経営者が新しい人生を歩むことを決めたため、M&Aによる事業承継で経営権の譲渡を望んでいます。
 

飲食店のM&Aの案件事例
営業歴40年超えるラーメン屋
エリア 札幌
譲渡希望価額 250万円
譲渡理由 戦略の見直し・第二の人生を歩むため
事業内容 ラーメン店の運営
アピールポイント
  • 常連客のほか一見さんや有名人も来店する
  • 家賃が安い
  • 賃貸借契約を引き継げる(保証金などの預け入れは不要)
  • 現経営者の母親に譲渡後の勤務を頼むことも可能
  • 現経営者も定めた期間内での勤務は可能

⑩飲食店(お弁当・ケータリング)

10番目に取り上げる飲食店のM&Aの案件事例は、早稲田大学そばの飲食店です。早稲田大学の目の前に店舗を構え、早稲田駅から徒歩3分の距離です。

学生や会社員に向けた店舗内での飲食や、テイクアウトサービスを提供し、テレビ局や制作会社などには、ケータリングや弁当の配達を行っています。

譲渡の理由は、親会社の多忙による人材不足です。事業が忙しくなり、人材を割くことができなくなりました。そのため、M&Aによる株式譲渡で、経営権の譲渡を希望しています。

 

飲食店のM&Aの案件事例
⑩飲食店(お弁当・ケータリング)
エリア 東京都
譲渡希望価額 1,000万~3,000万円
譲渡理由 事業の成長と親会社の多忙による派遣人材の不足
事業内容 ケータリング・弁当を配達する店舗の運営
アピールポイント
  • 好立地(近くに駅と大学がある)
  • 学校・商店街の関係者から団体・貸切の予約がある
  • テレビ局・制作会社・広告代理店を顧客に持つ
  • 店舗内の飲食・ケータリング・弁当配達のサービスがある

8. 飲食店のM&Aの成功ポイント

飲食店のM&Aの成功ポイント


飲食店のM&Aでは、どのような点に注意すればよいのでしょうか。飲食店のM&Aを無事に終えたい方のために、M&Aの成功ポイントを紹介します。
 

  1. 居抜き物件もチェックする
  2. 現実的な売却価額設定をする
  3. 他にはない強み(収益性や安定性など)をアピールする
  4. 今後の収益予測をデータとして提供する
  5. M&Aの専門家に相談する

①居抜き物件もチェックする

1つ目に紹介する飲食店のM&Aにおける成功ポイントは、居抜き物件のチェックです。M&Aの案件を探して、希望に見合った店舗が見つからなければ、居抜き物件も買収の対象にしましょう。

事業譲渡や株式譲渡のように、営業権やノウハウ、従業員・取引先などは引き継げないものの、いくつかの魅力を備えています。

居抜き物件の魅力

居抜き物件の魅力には、次の2つが挙げられます。1つ目は、開業費用を抑えられることです。店舗には飲食店の設備が残されているため、設備投資にかかる費用を減らせるでしょう。一からお店をつくるよりも、出費を抑えられるのです。

2つ目は、工期の短縮です。居抜き物件では、原状復帰が行われていないため、前の店舗による内装が残されています。一から内装工事を行わずに済むため、短期間で内装を変更することが可能です。

短期間で内装工事が終えられれば、開業前に支払う家賃も抑えられるので、初期費用のカットとなるでしょう。

②現実的な売却価額設定をする

2つ目に紹介する飲食店のM&Aにおける成功ポイントは、現実的な売却価格の設定です。高い価格で買い取ってもらおうとすると、買い手が現れなかったり、交渉が長引いたりします。

そのため、売却価格は相場を目安にして、買い手が興味を示す価格に設定しましょう。そうすれば、売却の機会を逃さず、短期間での成約が望めます。

③他にはない強み(収益性や安定性など)をアピールする

3つ目に紹介する飲食店のM&Aにおける成功ポイントは、他社にはない強みをアピールすることです。例を挙げると、年間を通した収益力やトレンドに左右されない事業の安定性、仕入先の確保・価格変動への対応、人件費の管理体制などが当てはまります。

そのほかにも、買い手が気にするリスク(借入金の存在・土壌汚染・簿外債務など)がないことも、自社の強みです。

このように、買い手に興味を示してもらうためには、自社の強みを把握して他社との違いを主張することがM&Aを成功させるポイントといえるでしょう。

④今後の収益予測をデータとして提供する

4つ目に紹介する飲食店のM&Aにおける成功ポイントは、データ化した収益予想の提供です。これまでの収益だけでは、買い手へのアピールは不足しています。承継後の経営をイメージできるように将来の収益をデータ化して、買い手に提供しましょう。

さらに、買い手の立場を考慮するなら、メニューごとの収益予想も計算しておきます。買い手は、トレンドによる収益の減少を気に掛けているため、飲食店のM&Aを成功させるには、細分化した予測データの提供も、重要と捉えましょう。

⑤M&Aの専門家に相談する

5つ目に紹介する飲食店のM&Aにおける成功ポイントは、M&Aの専門家に相談することです。

地元の士業や金融機関では、M&Aの相談を受け付けていないことも多く、専門性に長けているとはいえません。自社で対応できなければ、仲介会社を紹介してもらえるものの、紹介料を支払う必要があるため費用がかさみます。

その点、M&A仲介会社やM&Aアドバイザーなら、専門的な知識を備えM&Aの実績を積んでいることから、安心して対象企業の紹介・交渉・成約を任せられるでしょう。

さらに、一貫したサポートを提供する会社が多いため、支払う料金も抑えられます。

9. 飲食店M&Aのおすすめ仲介会社

飲食店M&Aのおすすめ仲介会社

飲食店のM&Aでおすすめする仲介会社には、いくつかの特徴が挙げられます。相談する仲介会社が、以下の特徴を備えているか確認しましょう。
 

  • 飲食店の取り扱い実績がある
  • 最適なスキームを提案してくれる
  • クロージングまでサポートを行う
  • 広いネットワークを持っている
  • わかりやすい料金体系を提示している
  • 専門家と連携する

特に、飲食店の取り扱い実績は、確実に押さえておきましょう。飲食店業は、他店・他社との差別化が、業績を左右します。取り扱いの実績があれば、飲食店の強みを理解し、買い手へのアピールに盛り込んでくれるでしょう。

このようなM&A仲介会社であれば、売り手と買い手の希望に沿ったM&Aを実現できるといえます。飲食店のM&Aを検討される方は、M&A仲介会社に相談して、売却・買収を行いましょう。

飲食店のM&A相談はM&A総合研究所へ

飲食店のM&Aをご検討の際は、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。M&Aに精通したM&Aアドバイザーが、親身になって案件をサポートいたします。

料金体系は完全成功報酬制を採用しており、着手金・中間金は無料ですので、初期費用を抑えたい方にもおすすめです。

また、独自のAIシステム・ネットワークを駆使することで、最短3か月での成約を実現させております。

M&A総合研究所では、飲食店業の案件も取り扱っておりますので、飲食店の売却・買収をお考えの際は、どうぞお気軽に無料相談をご利用ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
03-6455-5875
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

10. まとめ

まとめ

飲食店業界の市場は、上昇傾向にあるものの、トレンドに左右されやすく激しい競争に晒されています。

競争に打ち勝てない店舗は、M&Aを選択することで事業や従業員の雇用を守り、買い手もM&Aをつうじた事業の拡大・シナジーの獲得などで、売上の維持に努めています。

今後は高齢化により、後継者不足が加速し売り手の増加も予想されます。売り手は、廃業・撤退を検討する前に、M&Aによる事業承継を検討してください。

飲食店のM&Aに関するご相談をご希望の場合は、M&A総合研究所へお問い合わせください。無料相談をお受けしております。

関連する記事

人気の記事

人気の記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事