会社売却・M&A仲介会社を選ぶポイント10選!仲介会社ランキングTOP10!

会社売却を検討する際は、多数あるM&A仲介会社の中から自社に最適な相談先を選ぶことが重要です。本記事では、M&A仲介会社の選び方や、選んではいけない仲介会社のポイントを解説しています。また、会社売却におすすめのM&A仲介会社をランキング形式で紹介しています。


目次

  1. 会社売却によるM&Aが増加
  2. 会社売却の際はM&A仲介会社が重要
  3. M&A仲介会社以外の会社売却相談先
  4. 会社売却でM&A仲介会社を選ぶポイント10選
  5. 会社売却でおすすめのM&A仲介会社ランキングTOP10
  6. 会社売却で相談してはいけないM&A仲介会社
  7. 会社売却で失敗しないポイント
  8. まとめ

1. 会社売却によるM&Aが増加

会社売却によるM&Aが増加

近年、M&Aによって会社売却する中小企業が増えています。中小企業庁の調査によると、約380万社ある中小企業のうち、後継者が未定の中小企業は、170万社を超えるとされています。

後継者未定の原因としては、事業を継ぐ子どもが減ったことや、後継者を育てる余裕のない中小企業が増えたこと、事業の先行きが見えにくい時代になったことなどが挙げられます。

その一方で、中小企業経営者の間でM&Aによる会社売却の印象が良くなってきたことや、買収によって事業拡大の効率化を図る企業が増えたことなどが、M&Aによる会社売却の増加につながっています。

2. 会社売却の際はM&A仲介会社が重要

会社売却の際はM&A仲介会社が重要

M&Aによる会社売却の際には、さまざまな専門家のサポートが必要です。中でも、M&A仲介会社によるサポートは、会社売却の成否を左右するといっても過言ではありません。

会社売却時のM&A仲介会社選びのポイントについて述べる前に、まずは会社売却とM&A仲介会社の概要を解説します。

会社売却とは

会社売却とは、会社の資産・権利義務・人材・技術などを、買い手に売却することを言います。

会社売却の際は、株式譲渡や事業譲渡などのさまざまな売却方法の中から、状況に合わせて最適な方法を選び、適切な手続きを踏む必要があります。

会社売却を適切に行うには、法務や会計・税務、企業価値評価などの幅広い専門知識に加え、高い交渉力や柔軟な判断力などの実務能力が必要になります。

M&A仲介会社とは

M&A仲介会社は、M&Aをトラブルなく円滑に進め、利益を最大化できるようにサポートする専門家です。

M&A仲介会社は、会社売却に関する手続きを一貫してサポートします。そのため、M&A仲介会社のアドバイザーには、前述したような幅広い知識と豊富な実務経験が求められます。

M&A仲介会社によって、得意分野や理念、実績は異なります。会社売却を成功させるには、自社に最適なM&A仲介会社とM&Aアドバイザーを選ぶことが重要です。

【関連】会社売却の具体的な戦略の練り方!戦略的M&Aを徹底解説!

3. M&A仲介会社以外の会社売却相談先

M&A仲介会社以外の会社売却相談先

M&A仲介会社以外にも会社売却の相談をできる機関があります。ここでは、以下の相談先の特徴について解説します。
 

  1. 金融機関
  2. 士業専門家
  3. 公的機関

①金融機関

大手金融機関では、主に大企業向けのM&Aを取り扱っています。中には、大手M&A仲介会社と提携して、サービスを提供している金融機関もあります。

地方銀行でも、事業継承を取り扱うところが増えていますが、地方銀行の多くはまだ実績が少なく、M&Aの専門家が少ない状況です。

②士業専門家

弁護士法人や税理士法人などの士業専門家が、M&Aによる会社売却も取り扱っている場合があります。

法務や税務といった専門分野に強みがあるので、会社売却の目的によって相談先を選ぶことができます。

③公的機関

現在は国によって、事業引継ぎ支援センターが全国に設置され、事業譲渡・会社譲渡の支援が行われています。

まだ認知度や仲介実績は少ないものの、地域の小規模事業者が安心して相談できる強みがあります。

【関連】会社売却・M&Aをするのはなぜ?理由20選【経験者の声あり】

4. 会社売却でM&A仲介会社を選ぶポイント10選

会社売却でM&A仲介会社を選ぶポイント10選

会社売却時にM&A仲介会社を選ぶときは、どのようなポイントをおさえておけばいいでしょうか。この章では、会社売却時の相談先としてM&A仲介会社を選ぶときの、10のポイントについて解説します。
 

  1. 自社と同規模の会社売却実績があること
  2. 手数料・相談料・報酬体系などが明確であること
  3. 親身になって話を聞いてくれること
  4. 情報漏えいなど基本的な管理体制が整っていること
  5. 自社の企業価値評価など適切に判断してくれること
  6. M&Aに関する知識・経験が豊富なこと
  7. 売却先を探す幅広いネットワークを有していること
  8. 売却先との条件交渉などが短時間でスムーズに進むこと
  9. 相談開始から統合プロセスまでサポートしてくれること
  10. 自社や担当との相性が合うこと

①自社と同規模の会社売却実績があること

M&Aは、会社売却の規模によってスケジュールや必要な専門家の数などが変わります。そのため、M&A仲介会社によって得意な案件規模があります。

M&A仲介会社を選ぶ際は、これまでどのような規模の案件を担当してきたか確認し、なるべく自社と同規模の案件実績が多いところを選ぶとよいでしょう。

②手数料・相談料・報酬体系などが明確であること

M&A仲介会社の手数料には、相談料・着手金・中間報・成功報酬・月額報酬などがあります。報酬体系をしっかり把握しておかなければ、予想よりも多くの手数料が取られてしまったということにもなりかねません。

近年では、シンプルな報酬体系で手数料も安いM&A仲介会社が増えています。どのくらい手数料がかかるか見通しが立ちやすいことも、M&A仲介会社を選ぶ際の大事なポイントです。

③親身になって話を聞いてくれること

M&Aは、仲介会社およびその担当者との、信頼関係で成り立ちます。会社売却の際は、さまざまな不安を抱えながら専門家に相談することが多いですが、相談の段階でしっかりと話を聞き、的確なアドバイスをくれると安心して任せることができます。

実際に口コミなどでも、仲介会社を選んだ決め手は相談の際の対応であったケースが多く見受けられます。

④情報漏えいなど基本的な管理体制が整っていること

M&Aでは、些細な情報漏えいも重大な問題につながりかねません。つまり、M&A仲介会社の危機管理体制は、そのまま信頼性につながるといえます。

相談するM&A仲介会社がどのような管理システムをとっているか、どのようにスタッフの教育を行っているかなど、できる限り確認してい依頼先を決めるようにしましょう。

⑤自社の企業価値評価など適切に判断してくれること

会社売却の際は、売却価額を判断するための企業価値評価を行い、算定した価額を基に買い手側と交渉します。

M&A仲介会社は、複数ある企業価値評価を組み合わせながら、担当する売却企業の希望や状況も踏まえて価額を算定します。

算定結果は仲介会社によって変わるので、自社の状況や希望をしっかりと汲んでもらえる仲介会社選びが大切です。

⑥M&Aに関する知識・経験が豊富なこと

M&Aの手続きは、マニュアル通りに進まないことも多く、状況に応じて迅速かつ柔軟に対応できる能力が求められます。

そのような能力を身に付けるには、幅広く深い知と豊富な実務経験が必要です。M&A仲介会社に依頼する際は、担当者の実務経験も確認しておきたいポイントといえます。

⑦売却先を探す幅広いネットワークを有していること

最適な売却先と出会うには、さまざまな買い手候補を探せるネットワークを、M&A仲介会社が持っていなければなりません。

会社売却先が決まっていないのであれば、全国の企業や金融機関、士業専門家などとネットワークを持つM&A仲介会社への相談が有効です。

⑧売却先との条件交渉などが短時間でスムーズに進むこと

M&Aでは、経営者同士の交渉がなかなかまとまらないこともあります。交渉が長引くほど、当事者の負担と不安は大きくなっていきます。

そのため、会社売却を仲介会社に依頼する際に、なるべく短期間で円滑に会社売却を終えたいという希望を伝える方もいます。

迅速なサポート体制があるかどうかも、m仲介会社を選ぶ際の大事なポイントです。

⑨相談開始から統合プロセスまでサポートしてくれること

M&A仲介会社は、M&Aの手続きを一貫してサポートしますが、どの範囲までサポートするかは、仲介会社によって異なります。

会社売却完了時点でサポートが終了する仲介会社もあれば、会社売却後の統合プロセスまでサポートする仲介会社もあります。

会社売却後も、事業継承先でしっかりと会社を育てて欲しいと考えるのであれば、統合プロセスまでサポートしている仲介会社を選ぶ方が安心です。

⑩自社と担当との相性が合うこと

満足のいく会社売却ができるかどうかは、仲介会社の担当者との相性が重要です。会社売却に成功した方達が、仲介会社を選んで良かった理由としてよく挙げるのが「担当者に好感が持てた」「信頼が置けた」というものです。

M&A仲介業務もIT化が進んでいるとはいえ、まだまだ属人的な要素が大きい分野です。仲介会社を選ぶ際は、担当者との相性確認も重要です。

【関連】会社売却の手続き・流れを徹底解説!期間や売却後はどうなる?注意点は?

5. 会社売却でおすすめのM&A仲介会社ランキングTOP10

会社売却でおすすめのM&A仲介会社ランキングTOP10

会社譲渡・事業譲渡でおすすめのM&A仲介会社をランキング形式でご紹介します。紹介するM&A仲介会社は、以下の10社です。
 

  1. M&A総合研究所
  2. 株式会社日本M&Aセンター
  3. M&Aキャピタルパートナーズ株式会社
  4. 株式会社中小企業M&Aサポート
  5. 経営承継支援
  6. M&Aベア・ホールディングス
  7. 株式会社MAパートナーズ
  8. インテグループ
  9. 山田コンサルティンググループ株式会社
  10. M&Aアソシエイツ

①M&A総合研究所

会社譲渡・事業譲渡のおすすめM&A仲介会社ランキング1位は、M&A総合研究所です。

M&A総合研究所は、独自AIシステムを導入したマッチングプラットフォームや、実務経験豊富な会計士による専任サポートなど、オンラインとオフラインを融合させることで、円滑で迅速なM&Aを実現しています。
 

特徴 ・専門家による少数精鋭サポート
・独自AIシステムを導入したマッチングプラットフォーム
対応エリア 全国
得意業種・案件規模 業種:全業種
案件規模:小規模〜中規模
公開実績 ・売上20億円飲食業の会社売却・会社譲渡
・創業3年のIT企業を3ヶ月10億円で会社売却・会社譲渡
・後継者不在介護施設の会社売却・会社譲渡
お問い合わせ先 03-6427-841
サイトURL https://masouken.com/lp01

②株式会社日本M&Aセンター

会社譲渡・事業譲渡のおすすめM&A仲介会社ランキング2位は、株式会社日本M&Aセンターです。

大手であり老舗の仲介会社なので、会社売却の実績が豊富です。事業継承のマッチングサイトを運営するなど、近年は小規模事業案件にも力を入れています。
 

特徴 ・全国の専門家ネットワークによるサポート
・豊富な実績に基づいた支援
対応エリア 全国
得意業種・案件規模 業種:全業種
案件規模:中規模〜大規模
公開実績 累計成約実績:4500件以上
年間支援数:649件
お問い合わせ先 0120-03-4150
サイトURL https://www.nihon-ma.co.jp/

③M&Aキャピタルパートナーズ株式会社

会社譲渡・事業譲渡のおすすめM&A仲介会社ランキング3位は、M&Aキャピタルパートナーズ株式会社です。

M&Aキャピタルパートナーズでは株式会社レコフと提携することで、高い提案力を誇っています。また、担当者はオーナー経営者への専任とすることで、スピーディーなM&Aが可能となっています。
 

特徴 ・専任担当制
・高い情報提供力
対応エリア 全国
得意業種・案件規模 得意業種:調剤薬局
案件規模:中規模
公開実績 2018年制約実績:452件
お問い合わせ先 03-6880-3800
サイトURL https://www.ma-cp.com/

④株式会社中小企業M&Aサポート

会社譲渡・事業譲渡のおすすめM&A仲介会社ランキング4位は、株式会社中小企業M&Aサポートです。

中小企業M&Aサポートは、中小企業の会社譲渡・事業譲渡に特化しています。事業継承の成約率が高いことから、口コミなどで評判が広がっています。
 

特徴 ・中小企業の会社売却・事業継承に特化
・事業継承の高い成約率に強み
対応エリア 全国
得意業種・案件規模 得意業種:全業種
案件規模:小規模
公開実績 ・データ入力会社の株式譲渡による会社売却
・広告デザイン会社の株式譲渡による会社売却
・翻訳会社の株式譲渡による会社売却
お問い合わせ先 03-6860-8272
サイトURL https://www.chusho-ma-support.com

⑤経営承継支援

会社譲渡・事業譲渡のおすすめM&A仲介会社ランキング5位は、経営承継支援です。

経営承継支援はさまざまな選択肢の中からM&Aが最適と判断した場合のみM&A仲介を行う方針をとっています。そのため、会社売却・事業継承における成約率は非常に高い実績を誇っています。
 

特徴 ・親身な相談対応
・高い成約率
対応エリア 全国
得意業種・案件規模 得意業種:薬局、介護
案件規模:中小〜中堅企業
公開実績 ・内装工事業の株式譲渡による会社売却
・システム開発会社の株式譲渡による会社売却
・調剤薬局の株式譲渡による会社売却
お問い合わせ先 03-6279-0596
サイトURL https://jms-support.jp/

⑥M&Aベア・ホールディングス

会社譲渡・事業譲渡のおすすめM&A仲介会社ランキング6位は、M&Aベア・ホールディングスです。

ベア・ホールディングスは福岡を中心とした九州全域の会社売却・事業継承を仲介しています。代表は食品製造会社の経営経験や公的機関での中小企業支援経験を持ちます。
 

特徴 ・九州地方の中小企業支援に強み
・代表の豊富な実務経験
対応エリア 九州
得意業種・案件規模 得意業種:食品業界
案件規模:中小企業
公開実績 非公開
お問い合わせ先 092-600-1123
サイトURL https://bear-holdings.jp/

⑦株式会社東京MAパートナーズ

会社譲渡・事業譲渡のおすすめM&A仲介会社ランキング7位は、株式会社東京MAパートナーズです。

東京MAパートナーズは調剤薬局の会社売却・事業継承を専門に取り扱う仲介会社です。調剤薬局の実情に合わせた独自のサポート体制や報酬体系が強みです。
 

特徴 調剤薬局の会社売却・事業継承に特化
調剤薬局の知識・経験豊富なアドバイザーが対応
対応エリア 全国
得意業種・案件規模 得意業種:調剤薬局
案件規模:主に小規模
公開実績 ・神奈川県小規模調剤薬局の事業譲渡による事業継承
・東京都個人調剤薬局の調剤薬局チェーンへの事業継承
・東京都地域密着型調剤薬局の調剤薬局チェーンへの事業継承
お問い合わせ先 03-3357-6183
サイトURL https://www.tma-partners.co.jp/

⑧インテグループ

会社譲渡・事業譲渡のおすすめM&A仲介会社ランキング8位は、インテグループです。

インテグループの特徴はM&Aアドバイザーの実務能力です。アドバイザー1人あたりの年間担当案件数が他社よりも多いことから、円滑で迅速な会社売却・事業継承が可能です。
 

特徴 ・実務経験豊富なアドバイザーが対応
・会社売却の利益を最大化する仕組み
対応エリア 全国
得意業種・案件規模 得意業種:全業種
案件規模:中小企業・中堅企業
公開実績 ・タクシー会社の大手企業への会社売却・事業継承
・洋食レストラン会社の飲食企業への会社売却・事業継承
・老人ホーム運営会社の同業大手への会社売却・事業継承
お問い合わせ先 03-6206-6980
サイトURL https://www.integroup.jp/

⑨山田コンサルティンググループ株式会社

会社譲渡・事業譲渡のおすすめM&A仲介会社ランキング9位は、山田コンサルティンググループ株式会社です。

山田コンサルティンググループは総合的なコンサルティング力に強みを持っています。会社売却の際には、さまざまな角度からサポートを得ることができます。
 

特徴 ・業種ごとの専門人材が対応
・総合的なサポート体制
対応エリア 全国
得意業種・案件規模 得意業種:メーカー、建設業、アパレルなど9業種
案件規模:中小企業、中堅企業
公開実績 ・200床医療法人の事業再生目的の事業継承
・本業の製造業を事業譲渡し不動産賃貸業に集中
・建設業・ホテル業の第三者事業継承
お問い合わせ先 登録フォームより問い合わせ
サイトURL https://www.yamada-cg.co.jp/

⑩M&Aアソシエイツ

会社譲渡・事業譲渡のおすすめM&A仲介会社ランキング10位は、M&Aアソシエイツです。

M&Aアソシエイツは会社売却側と会社買収側の公平性を大事にし、長く継続できる関係を重視した交渉を行います。
 

特徴 ・中長期的視点からのサポート
・売り手と買い手の関係を重視した支援体制
対応エリア 全国
得意業種・案件規模 得意業種:流通・小売
案件規模:中小企業・中堅企業
公開実績 非公開
お問い合わせ先 お問い合わせフォームより相談
サイトURL http://maa.pw

6. 会社売却で相談してはいけないM&A仲介会社

会社売却で相談してはいけないM&A仲介会社

会社売却で相談してはいけないM&A仲介会社には、共通した特徴があります。M&A仲介会社を選ぶ際に注意すべき点は、以下の通りです。
 

  1. 契約内容を依頼主に公開しない仲介会社
  2. 成約ばかりを急ぎすぎる仲介会社
  3. 過去にM&A関連のことで訴訟を起こされている仲介会社
  4. 会社情報を外部に漏らす仲介会社
  5. 仲介先企業の問題点を隠す仲介会社

①契約内容を依頼主に公開しない仲介会社

M&Aの仲介契約は専門用語が多く複雑なので、しっかりと意味を確認して把握しておかないと、後で不利益を被ることがあります。

相談したスタッフによっては、契約を取りたいがために、契約内容をしっかり説明しないケースもないとは言えません。仲介会社を選ぶ際は、説明が丁寧で誠実なところを選ばなければなりません。

②成約ばかりを急ぎすぎる仲介会社

M&A仲介会社のスタッフに相談した際、相談内容を十分に検討しないまま、M&Aを勧めてくる場合は注意が必要です。

最終的にM&Aによる会社売却が最適な方法だったとしても、さまざまな選択肢を検討せずに契約を急かす場合は、信頼関係が築きにくくなります。

③過去にM&A関連のことで訴訟を起こされている仲介会社

M&A仲介会社が、過去に訴訟を起こされているようなケースも、注意が必要です。というのは、契約の仕方や手続きの進め方に問題がある可能性があります。

ただし、訴訟などのトラブルをきっかけに、体質改善を行なっているケースもあるので、管理体制の確認は必要といえるでしょう。

④会社情報を外部に漏らす仲介会社

M&A仲介業務では、登録企業の公開情報以外を外部に漏らすことは、禁止されている行為です。

何気ない会話の中で、他社の非公開情報を話してしまうなどのスタッフがいた場合は、信用性の低い会社といえ、依頼するのは危険であるといえます。

⑤仲介先企業の問題点を隠す仲介会社

M&Aでは、債務のような契約に影響を与える情報は、買い手側に公開しなければなりません。

もし隠したまま手続きが進めば、訴訟によって賠償責任を問われることにもなりかねません。成約させたいがために、不利な情報を隠そうとする仲介会社は信頼できないといえます。

【関連】会社を売りたい!会社売却のメリット・デメリット!注意点や成功のコツを解説【案件事例あり】

7. 会社売却で失敗しないポイント

会社売却で失敗しないポイント

会社売却を成功させるためには、以下のポイントを押さえる必要があります。

  1. 適切なタイミングで売却の意思を固める
  2. 自社の強みを最大限アピールする
  3. 自社の企業価値を知り買い叩きにあわない
  4. 清算ではなく売却を選択する
  5. M&A仲介会社に相談する

①適切なタイミングで売却の意思を固める

会社売却の成功にはタイミングが重要です。会社の状態や業界の状況などが良い時に売却の意思を固めることができれば、好条件での会社売却も可能です。

会社売却はまだ先の話だと考えていたとしても、まずはM&A仲介会社などの専門家に相談だけしておくのも戦略の1つです。

②自社の強みを最大限アピールする

会社売却では、自社の特徴・強みを明確にアピールできることが、良い成約につながります。

強みの発掘や創出も含め相談に応じる専門家もいるので、自社の価値に自信がない場合は、まず相談してみることも必要です。

③自社の企業価値を知り買い叩きにあわない

会社売却の際は、さまざまな不安から、売却交渉を妥協してしまうケースがあります。

専門家によって自社の企業価値を綿密に分析してもらい、明確に価値を把握することで、買い手側に買い叩かれることを防ぐことができます。

④清算ではなく売却を選択する

自社に買い手は付かない、会社売却の手続きが面倒・不安などの理由で、M&Aによる会社売却ではなく、会社清算を選ぶ経営者はまだまだ多く存在します。

しかし実際には、赤字企業でも買い手が魅力を感じM&Aが成立したケースや、専門家に企業価値を算定してもらったことによって、埋もれていた強みが出てきたケースもあります。

会社清算を検討している場合でも、まずは会社売却の相談をすることが、さまざまな可能性につながるともいえます。

⑤M&A仲介会社に相談する

上記のように、自社の市場価値を自分で低く見積もっていたために、機会損失しているケースは少なくありません。

会社売却の相談や、簡単な企業価値の見積もりを無料で行う仲介会社もあるので、まずはM&A仲介会社に相談してみる
ことをおすすめします。

M&A総合研究所では、会社売却に精通した会計士が専任に就き、交渉からクロージングまで丁寧にサポートいたします。

相談料・着手金・中間報酬は無料、成功報酬は業界最安水準となっています。無料相談を行っていますので、会社売却をご検討の際は、お気軽にご相談ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

8. まとめ

まとめ

本記事では、会社売却の際にM&A仲介会社を選ぶポイントなどについて解説してきました。

【M&A仲介会社を選ぶポイント】

  1. 自社と同規模の会社売却実績があること
  2. 手数料・相談料・報酬体系などが明確であること
  3. 親身になって話を聞いてくれること
  4. 情報漏えいなど基本的な管理体制が整っていること
  5. 自社の企業価値評価など適切に判断してくれること
  6. M&Aに関する知識・経験が豊富なこと
  7. 売却先を探す幅広いネットワークを有していること
  8. 売却先との条件交渉などが短時間でスムーズに進むこと
  9. 相談開始から統合プロセスまでサポートしてくれること
  10. 自社や担当との相性が合うこと

【会社売却を依頼してはいけないM&A仲介会社の特徴】
  1. 契約内容を依頼主に公開しない仲介会社
  2. 成約ばかりを急ぎすぎる仲介会社
  3. 過去にM&A関連のことで訴訟を起こされている仲介会社
  4. 会社情報を外部に漏らす仲介会社
  5. 仲介先企業の問題点を隠す仲介会社

【会社売却を成功させるためのポイント】
  1. 適切なタイミングで売却の意思を固める
  2. 自社の強みを最大限アピールする
  3. 自社の企業価値を知り買い叩きにあわない
  4. 精算ではなく売却を選択する
  5. M&A仲介会社に相談する

M&A総合研究所では、実績豊富な会計士が専任で一括サポートするため、丁寧かつ迅速な会社売却が可能です。

また、業界最安水準の成功報酬とシンプルな報酬体系を採用しており、コストを抑えつつ会社売却を行うことが可能です。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ