スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aの基礎知識!事例・流れ・注意点を詳しく解説!

スポーツクラブ・フィットネスクラブの存続にはM&Aの検討も必要不可欠です。今回はのスポーツクラブ・フィットネスクラブのM&A動向や基礎知識を徹底解説!M&Aの流れをしっかり理解し、良い条件でスポーツクラブ・フィットネスクラブを売却しましょう。


目次

  1. スポーツクラブ・フィットネスクラブの業界動向
  2. スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&A動向
  3. 売却で得られるスポーツクラブ・フィットネスクラブM&Aのメリット
  4. 買収で得られるスポーツクラブ・フィットネスクラブM&Aのメリット
  5. スポーツクラブ・フィットネスクラブの撤退で選べる選択肢
  6. スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aの事例
  7. スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aの流れ
  8. スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aの注意点
  9. まとめ

1. スポーツクラブ・フィットネスクラブの業界動向

スポーツクラブ・フィットネスクラブの業界動向

スポーツクラブ・フィットネスクラブ業界は、1990年代から現在において、右肩上がりで成長し続けている業界です

成長の要因は以下のように考えられます。

  • 高齢化による健康志向
  • 東京オリンピックに向けてのスポーツ人気

特に、シニア層の利用が増えており、定年退職後にスポーツクラブやフィットネスの会員となる人は多いです。さらに、東京オリンピックによって今までスポーツをしてこなかった人も、スポーツクラブやフィットネスに興味を持ち、会員になるケースも増えています。

このようにスポーツクラブ・フィットネスクラブ業界の市場は拡大し続けているのです。

しかし、市場規模の拡大に伴って、価格競争の激化も進んでいます。特に個人事業インストラクターが経営するスポーツクラブやフィットネス会員は、大打撃を受けているのです。

また、小規模で経営しているスポーツクラブ・フィットネスクラブには最新のマシンを入れたり、様々なニーズに同時に答えることが難しくなっています。

そのため、他のと差別化を図ることが重要となるでしょう

2. スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&A動向

スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&A動向

スポーツクラブ・フィットネスクラブ業界のM&Aは、近年活発化してきています

その原因は以下の点にあると言えるでしょう。

  1. 大手スポーツクラブ・フィットネスクラブによる集約化
  2. 価格競争による中規模・個人経営者の撤退
  3. 他業種からの新規参入

それぞれの要因について詳しく確認していきましょう。

M&Aの動向1.大手スポーツクラブ・フィットネスクラブによる集約化

スポーツクラブ・フィットネスクラブは、大手企業に集約化される流れとなっています。

大手スポーツクラブ・フィットネスクラブは競合相手との差をつけるために、以下のようなことを模索するからです。

  1. エリアを拡大するために店舗を増やしたい
  2. インストラクターやトレーナーを確保したい
  3. 新しい健康メソッドなどを取り入れたい

もちろん、自社の力でも可能なことばかりですが、常に成長し続けている業界なので時間がもったいないのです。

手っ取り早く以上のことを行おうと思うと、M&Aをするのが最適だと考えられます。

お金を払うことで、時間や労力を短縮し、他の大手スポーツクラブ・フィットネスクラブと差別化をはかりたいと考えているのです。

M&Aの動向2.価格競争による中規模・個人経営者の撤退

大手スポーツクラブ・フィットネスクラブが拡大化している一方で、中規模企業・個人経営者は撤退する流れとなっています。

大きな要因は、価格競争によるものですが、以下のようなことも原因となっているでしょう。

  • 価格競争の激化による薄利な営業体制
  • 人件費の高騰によるインストラクター不足
  • 高齢化による引退

このような理由から、スポーツクラブ・フィットネスクラブ事業から撤退する中規模企業・個人経営者は多く、M&Aの活発化の要因となっています。

M&Aの動向3.他業種からの新規参入

スポーツクラブ・フィットネスクラブ業界は成長し続けている業界のため、他業種からの新規参入は多いです。

近年、城南進学研究社や三越伊勢丹ホールディングス、日本テレビ、野村不動産などがスポーツクラブ・フィットネスクラブをM&Aで買収し話題となりました。

このように全くの異業種からの新規参入があるほど、スポーツクラブ・フィットネスクラブ業界は成長している業界であると評価されています。

以上が、スポーツクラブ・フィットネスクラブ業界のM&A動向でした。このようにM&Aが活発になっていますが、M&Aのメリットは何なのか気になりますよね。次の章で詳しく確認していきましょう。

3. 売却で得られるスポーツクラブ・フィットネスクラブM&Aのメリット

売却で得られるスポーツクラブ・フィットネスクラブM&Aのメリット

売却で得られるスポーツクラブ・フィットネスクラブM&Aのメリットが以下3つです。

  1. インストラクターの獲得と維持
  2. 経営の安定化
  3. 資金の獲得

それぞれわかりやすく説明するので見ていきましょう。

メリット1.インストラクターの獲得と維持

スポーツクラブ・フィットネスクラブを売ることによって、今まで一緒に頑張ってきてくれたインストラクターを維持することができます。

つまり、従業員の雇用を守ることにつながるのです。いずれ廃業してしまうこともわずかでも考えている状況であれば、積極的に売却の方向で検討を進めていったほうが関係者に喜んでもらえる確率が高まります。

特にインストラクターは、生徒と直接関わる重要な役割を果たしてきたので、将来について考えてあげたほうが良いでしょう。

一方で、スポーツクラブ・フィットネスクラブを買ってくれた会社に資金力があるのなら、新しくインストラクターなど従業員の採用を進めることもできます。今まで資金や時間といったコストのせいで新規雇用ができていなかった場合でも、売却することによって新たな雇用を手に入れることができるかもしれないのです。

新規雇用につなげるためには、自社の事業に魅力を感じてくれていて、コストをかけてでもより成長させたいと思ってくれる買い手を見つけることが非常に重要になるでしょう。

メリット2.経営の安定化

スポーツクラブ・フィットネスクラブを売却すれば、今後の経営自体も安定化していくことが見込めます

事業を売ってしまうのになんで経営が安定するのか、ピンと来ない方も多いと思います。経営の安定化が狙える理由は、買い手側の経営資源を使えるようになるためです。今までは資金不足で広告を出せなかったり、求人できなかったり、いろいろな経営課題を抱えていたかもしれません。

しかし、経営資源が豊富な買い手にスポーツクラブ・フィットネスクラブを買い取ってもらうことで、経営課題の解決につながるでしょう。

したがって、経営を安定化させたいなら、経営資源にゆとりがありそうな買い手を見つけることができれば成功しやすいと言えます。

メリット3.資金の獲得

スポーツクラブ・フィットネスクラブを売ることで得られるメリットは、従業員の将来や事業の経営が安定するだけではありません。

M&Aで事業を売却すれば、その分だけの対価が得られます。ですので、事業から離れてからの暮らしも豊かになるはずです。また、もしもまだ他の事業をこれから頑張っていきたいというときには、スポーツクラブ・フィットネスクラブを売った資金を活用することもできるでしょう。

もしも事業を廃業するだけでは、資金を得ることはできません

今後の生活についても考えているなら、売却資金を得られるのは大きなメリットです。ただし、税金が発生するので売ったことで得られた金額がそのまま受け取れるわけではないことにだけ注意しておいてください。

4. 買収で得られるスポーツクラブ・フィットネスクラブM&Aのメリット

買収で得られるスポーツクラブ・フィットネスクラブM&Aのメリット

買収で得られるスポーツクラブ・フィットネスクラブM&Aのメリットが以下3つです。

  1. 人気インストラクターの確保
  2. サービスの拡充
  3. 新規参入による強みの享受

それぞれ見ていきましょう。

メリット1.人気インストラクターの確保

スポーツクラブ・フィットネスクラブをM&Aすることで、人気のあるインストラクターを確保することができます。

本来は、採用活動を時間をかけて行う方法や、直接インストラクターに声をかけて説得する方法で働いてもらわなければなりません。しかし、M&Aで有名なスポーツクラブ・フィットネスクラブに売却をすれば、買い手側と一緒に事業を発展させていくこともできます。

買い手側に人気なインストラクターがいれば、自社が提供していたサービスに関わってもらうこともできるのです。それによって、事業やサービスのブランド力が高まり、今までよりも利用者が増える可能性が高まります。

M&Aを行わずに地道にブランド力を高めるのは、時間がかかるものです。したがって、売却先を検討するときは相手企業に人気インストラクターが在籍しているのかも確認しておきましょう。

メリット2.サービスの拡充

スポーツクラブ・フィットネスクラブをM&Aすることで、サービスを今までよりも拡充することも可能です。

自分の事業が持っているノウハウと、売却先が持っているノウハウを組み合わせることによって、以前では考えられなかったようなサービスに取り組めるようになるかもしれません。ノウハウは目には見えないものですが、経営をするにあたって非常に重要です。

本来は長年経営していった経験をもとに蓄積されていくノウハウが短期間で手に入るのは、非常に大きなメリットだと言えます。

特に同業他社のノウハウを得られれば、人気のあるサービスを増やせる可能性は高いです。M&Aで買収先を検討する際には、自分のスポーツクラブ・フィットネスクラブのノウハウを活用できる相手かどうかを考えてみるのも良いでしょう。

メリット3.新規参入による強みの享受

スポーツクラブ・フィットネスクラブを買収することで、新規参入による強みを持つこともできます。

例えば、今まではスポーツクラブ・フィットネスクラブ関係の事業をまったく行っていない異業種のIT企業が買収をしたケースを考えてみましょう。

IT系の大手企業で買収したなら、スポーツクラブ・フィットネスクラブにIT系の技術を取り込むことが可能です。つまり、IT系のノウハウと、自身のスポーツクラブ・フィットネスクラブのノウハウを組み合わせることによって、今までにないような画期的な戦略を実行できるかもしれません。

本来であれば、異業種に参入するのは時間がかかります。しかし、M&Aを行うことによって、まったく自社が取り組んでこなかった事業に関わることができ、スピーディに新規参入して優位に立てるのです。したがって、買収先は同業他社以外も検討してみるのが良いと言えます。

5. スポーツクラブ・フィットネスクラブの撤退で選べる選択肢

スポーツクラブ・フィットネスクラブから撤退したいときの選択肢

もし、リタイアや他の会社を設立するために、スポーツクラブ・フィットネスクラブから撤退としたいと思っているのであれば、経営者には3つの選択肢があります

  1. 外部に売却する
  2. 親族などに承継する
  3. 廃業する

ひとつずつ確認していきましょう。

選択肢1.外部に売却する

スポーツクラブ・フィットネスクラブを撤退したいとき、まず考えられるのが外部への売却です。

すでに述べてきたように、売却を行うことで得られるメリットは非常に大きいと言えます。撤退しようと思っていた事業が他社の役に立ち、今まで以上に発展していくのは嬉しいものです。

もしも自分が今後はスポーツクラブ・フィットネスクラブ事業に関わらないとしても、一緒に頑張ってきた仲間たちが働き続けられる環境を残せるのは安心できます。

M&Aを活用して売買すれば、買い手も売り手も得をするケースが多いです。スポーツクラブ・フィットネスクラブの経営者も売却によって利益を獲得できるので、様々なことに挑戦しやすくなるでしょう。

※M&Aの手順について詳しくは以下の記事でまとめていますので、こちらも参考にしてみてください。

【関連】M&Aを行う手順とは?プロセスと注意点、必要書類を解説

選択肢2.親族などに承継する

スポーツクラブ・フィットネスクラブはM&Aによって売買しなくとも、親族などに承継することによって経営を続けることができます。

承継先は身近な親族以外には、従業員が考えられるでしょう。外部の知らない人に売ってしまうのは心苦しいという場合、身近な人たちでスポーツクラブ・フィットネスクラブを引き継いでくれる人はいないのかを探してみてください。

ただし、親族や従業員などに承継するのは、時間がかかります

なぜなら、今まで経営したことがない人に、経営をやってもらわなければならないためです。安心して承継できるまで、しっかりと教育してあげましょう。

もしもスポーツクラブ・フィットネスクラブ事業を早めに撤退したいなら、M&Aで納得できる買い手を見つけることをおすすめします。

※事業承継について詳しくは以下の記事で解説していますので、こちらも参考にしてみてください。

【関連】【保存版】事業承継とは?目的や税制、補助金の利用方法まで徹底解説!

選択肢3.廃業する

スポーツクラブ・フィットネスクラブを撤退したいとき、廃業するという選択肢もあります

廃業については、経営者がまず考える選択肢かもしれません。しかし、廃業は基本的におすすめできないです。廃業してしまうと、今まで存続させてきたスポーツクラブ・フィットネスクラブはなくなってしまいます。

つまり、ずっと働いてきてくれた従業員は仕事をなくし、通ってくれていた会員は新しい場所を探さなければならなくなるのです。また、廃業をすると撤退コストが必要になります。設備の廃棄費用や、不動産の原状回復費用が発生するので、お金や時間がかかるのです。

一方で、M&Aで売却すれば逆に譲渡した分だけの利益が手に入ります。したがって、廃業を選んで手続きを進める前に、一度M&Aを検討してみるのが良いでしょう。

※廃業の前に知っておきたい事業承継の問題と解決については、以下の記事を参考にしてみてください。

【関連】中小企業の事業承継問題とは?起きがちなトラブルと解決法を解説

6. スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aの事例

スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aの事例

ここで、最近行われたスポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aの事例を確認してきましょう。

有名企業によるスポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aは以下のような事例があります。

  1. 日本テレビによるティップネス買収
  2. 野村不動産によるメガロスの完全子会社化
  3. ユニチカによるスポーツクラブの譲渡

見ていると、全くの異業種からのスポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aが盛んです。順番に確認していきましょう。

事例1.日本テレビによるティップネス買収

2014年12月に日本テレビホールディングスは関東・東海・関西を中心にフィットネスクラブを展開するティップネスを株式譲渡で買収しました

もともと、ティップネスの株主は、サントリーホールディングスと丸紅でした。

日本テレビホールディングスは全国61店舗展開するフィットネスクラブを、事業のポートフォリオの多様化と位置付けています。生活・健康関連事業として、日本テレビの持つコンテンツ事業とのシナジーを目指しています。

事例2.野村不動産によるメガロスの完全子会社化

2015年5月に野村不動産ホールディングスはフィットネス事業大手のメガロスにTOBを実施しました。

しかし、TOBではすべての株式を取得できなかったため、2015年8月に株式交換を実施し、完全子会社化を実現

完全子会社後は野村不動産ライフ&スポーツという社名で、女性専用スタジオや暗闇ジムなど他のスポーツクラブ・フィットネスクラブとの差別化をはかっています。

事例3.ユニチカによるスポーツクラブの譲渡

2015年2月、ユニチカは子会社であるユニチカ京都ファミリーセンターをコパンへ譲渡しました。

コパンは、東海エリアを中心にスポーツクラブやエステサロンを営んでいる会社ですが、京都・滋賀・兵庫にも店舗を拡大する上で今回のM&Aが実現しました。このM&Aによって、京都府のスポーツクラブを3店舗、大阪府のスポーツクラブを1店舗取得することに成功。

一方、ユニチカは採算の合わないユニチカ京都ファミリーセンターを譲渡することで、経営資源の集中を実現させたのです

7. スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aの流れ

スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aの流れ

スポーツクラブ・フィットネスクラブをM&Aするのであれば事前に流れを確認しておきましょう。

なぜなら、ある程度の流れを知っておくだけでもスムーズに進めることができるからです。M&Aと簡単に言ってもすぐに進めることはできません。約半年から1年は期間がかかります。

ですから、計画を立てて順序良く進めていくことがスピーディに成立させるコツとも言えるのです。

例えば、売り手の立場でのM&Aの流れは以下の通りです。

  • STEP1.売却範囲を確定させる
  • STEP2.M&A仲介会社に相談する
  • STEP3.面談を繰り返す
  • STEP4.基本合意契約を交わす
  • STEP5.デューデリジェンスを受ける
  • STEP6.最終譲渡契約を交わす
  • STEP7.統合作業・クロージングで完了

M&Aの手法によっても手順は変わります。

もし、M&Aによって外部にスポーツクラブ・フィットネスクラブを売買することを検討しているなら、事前に確認しておくようにしてみましょう。

※M&Aの詳細な手順については以下の記事で詳しく解説しています。

【関連】M&Aを行う手順とは?プロセスと注意点、必要書類を解説

8. スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aの注意点

スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aの注意点

スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aを検討したなら、以下2点に注意してみてください。

  1. インストラクターの待遇は改善する
  2. 買い手探しが難航する

成功させるためにはリスクを抑えることも大切ですから、参考にしてみてください。

注意点1.インストラクターの待遇は改善する

スポーツクラブ・フィットネスクラブをM&Aで売却するときには、インストラクターの待遇について強く意識しておくべきです。

なぜインストラクターの待遇が大切かというと、M&Aをキッカケに離職されてしまう可能性が高いからだと言えます。M&Aで自分の働いているところが他社に売られてしまうというのは、従業員からしたら大きな不安材料です。

今までと同じように働けなくなるのかもしれないと思われると、多くのインストラクターが職場を変えることを考えてしまうでしょう。

したがって、M&Aの際にはインストラクターの待遇を改善できるように、積極的に条件を固めていってください。また、M&A前の段階でもインストラクターの就業条件を整えることで、売却後も働き続けてくれる可能性が高まります。

注意点2.買い手探しが難航する

スポーツクラブ・フィットネスクラブをM&Aする際には、買い手探しが難航するケースも珍しくはありません。

なぜ難航するのかと言うと、多くの場合は売り手側が理想の条件を追い求めすぎるからです。完璧な買い手はなかなか見つからないということを念頭に置いた上で、妥協できる条件と譲れない条件を検討していきましょう。自分だけでは上手く条件が決められないこともあるはずです。

したがって、条件を決めるときや買い手を選ぶときには、仲介会社などの専門家に客観的なアドバイスを受けると上手くいきやすくなります。業界自体は年々規模が大きくなっている状況なので、適切な条件を設定すればM&Aが成功する確率は決して低くはありません。

9. まとめ

スポーツクラブ・フィットネスクラブ業界は年々市場拡大しており、M&Aも活発に行われています

  1. 大手スポーツクラブ・フィットネスクラブによる集約化
  2. 価格競争による中規模・個人経営者の撤退
  3. 他業種からの新規参入

このような傾向から、スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aは中小規模・個人経営者であっても身近なものとなっています。スポーツクラブ・フィットネスクラブの撤退を考えているのであれば、現金も手に入れられるM&Aを活用しましょう。

また、M&Aを実施するためには専門的な知識が不可欠です。出来るだけ早い段階でM&A仲介会社に相談し、好条件でM&Aを実現させましょう。

M&A仲介会社にお悩みであれば、M&A総合研究所にお声がけください

M&A総合研究所では、M&Aが成立するまで一切の費用がかからない完全成功報酬でサポートいたします。リーズナブルにM&Aを実施することができますので、ぜひ気軽にご相談ください。

関連する記事

人気の記事

人気の記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事