スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&A・買収・売却・譲渡!手数料や仲介会社を比較【事例あり】

当記事では、スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&A・買収・売却について、M&A動向や価格相場、メリットなどを解説しています。また、スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&A・買収・売却側におすすめの仲介会社も紹介しています。


目次

  1. スポーツクラブ・フィットネスクラブとは
  2. スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&A・買収・売却・譲渡の動向
  3. スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aのメリット
  4. スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aに掛かる手数料
  5. スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aを行う仲介会社の比較
  6. スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aが行われた事例
  7. スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aにおすすめの仲介会社ランキング
  8. スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aのご相談先
  9. まとめ

1. スポーツクラブ・フィットネスクラブとは

スポーツクラブまたはフィットネスクラブとは

出典: https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%B3-%E9%87%8D%E9%87%8F-91849/

総務省の日本標準産業分類によると、フィットネスクラブとは、室内プール・トレーニングジム・スタジオなどを備えた会員に運動する場を提供する事務所とされています。

スポーツクラブとフィットネスクラブに明確な違いはなく、同じような意味合いで使用されることも多いです。

スポーツクラブ・フィットネスクラブにはプールが併設されていることも多いですが、スイミングスクールの運営は教育・学習支援に分類され含まれない点を覚えておくとよいでしょう。

スポーツジムとの違い

スポーツクラブ・フィットネスクラブと似た施設にスポーツジムがありますが、スポーツジムとは、主に筋力トレーニングを行う運動施設を指します。

ジムとは「体育館」を意味し、施設内ある器具やマシンを利用して、筋力トレーニング・有酸素運動を行う場所を提供することから、スポーツジムには室内プールやフィットネススタジオは設けられていません。

スポーツジムとの曖昧な境界線

スポーツクラブ・フィットネスクラブとスポーツジムには違いがあると述べましたが、実際のところ区別する境界線は曖昧です。というのは、スポーツジムにも屋内プールが設置されているケースが目立つためです。

本来スポーツジムは、器具やマシンを用いて筋力トレーニングと有酸素運動を行う施設とされていますが、近年ではスポーツジムにも屋内プールの設置が目立ち、スポーツクラブ・フィットネスクラブとスポーツジムの境がはっきりとしていません。

利用者のニーズに応えるためやスポーツジム同士の競争に勝つために、スポーツジムにも屋内プールを設置して、業界での生き残りを図っていると捉えられます。

スポーツクラブ・フィットネスクラブ業界の現状

スポーツクラブ・フィットネスクラブ業界では、どのような動きが見られるのでしょうか。フィットネス業界では、以下3つの特徴がみられます。

  1. やや低迷期に入った
  2. 施設数はまだ増えている
  3. 大手2社が半数のシェアを占める

①やや低迷期に入った

1つ目に挙げるスポーツクラブ・フィットネスクラブ業界の現状は、低迷期への突入です。経済産業省の「特定サービス産業動態統計調査」によれば、2016~2018年の売上高は3300億円前後で推移しています。

しかし、スポーツクラブ・フィットネスクラブを利用する会員のうち、約20~30%が60歳以上の高齢者であるため、数年後には利用数の減少が予想されます。

利用が見込める50代は全体の10%弱に留まり、今後は少子化も進むとみられているため、スポーツクラブ・フィットネスクラブ業界は、若干低迷期に入っているといえるでしょう。

②施設数はまだ増えている

2つ目に挙げるスポーツクラブ・フィットネスクラブ業界の現状は、施設数の増加です。経済産業省の「特定サービス産業動態統計調査」によれば、2016~2018年度の事業所数は、1,270~1,443カ所までに増加しています。

さらに、フィットネスクラブの会員数についても、325万7,069~335万5,267人への増加が見られます。

このような動きは、高齢者の利用増加や、東京オリンピック・パラリンピックの影響、提供サービス・施設の多様化が要因とされています。

③大手5社が半数のシェアを占める

3つ目に挙げるスポーツクラブ・フィットネスクラブ業界の現状は、シェアの半数を大手5社に占められている点です。

スポーツクラブ・フィットネスクラブ業界での、売上高のランキングを見てみると、コナミホールディングスがトップの635億円で、2位にはセントラルスポーツの約542億円が位置しています。

3位からはルネサンスの約462億円、新興のライザップが413億円、ティップネスの約378億円と続きます。
 

スポーツクラブ・フィットネスクラブ業界の大手企業によるシェア
ランキング 大手企業 売上高
1位 コナミホールディングス 635億円(2019年3月期)
2位 セントラルスポーツ 約542億円(2019年3月期)
3位 ルネサンス 約462億円2019年3月期()
4位 ライザップ 413億円(2019年3月期)
5位 ティップネス 約378億円(2018年度)

2. スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&A・買収・売却・譲渡の動向

スポーツクラブとフィットネスクラブのM&A動向

出典: https://pixabay.com/ja/photos/%E6%9D%BF-%E9%81%8B%E5%8B%95-%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%8D%E3%82%B9-2054729/

スポーツクラブ・フィットネスクラブは、どのような理由・背景により、M&A・買収・売却・譲渡を行っているのでしょうか。ここでは、スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&A・買収・売却・譲渡の動向を解説します。

【スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&A・買収・売却・譲渡の動向】

  1. M&Aによりスポーツクラブ・フィットネスクラブ業界は再編が活発
  2. 価格競争が激化し売却するオーナーも現れている
  3. 人材確保の手段としても活用
  4. 他業種からの参入も増加

動向① M&Aによりスポーツクラブ・フィットネスクラブ業界は再編が活発

1つ目は、M&Aによるスポーツクラブ・フィットネスクラブ業界では再編が活発化している点です。近年、フィットネス業界では、大手による中小企業の買収が行われています。

会員数の確保・スケールメリット確立・既存事業とのシナジー獲得などを目的としたM&Aが活発なことから、業界再編につながるとみられています。

動向② 価格競争が激化し売却するオーナーも現れている

2つ目は、価格競争からの離脱による売却の選択です。フィットネス業界では、半数以上のシェアを占める大手企業が、多店舗展開により業界を牽引しています。

つまり、中・小規模の事業者は、月額費用や入会金といった価格面では、スケールメリットを活かした大手に太刀打ちできない状況にあります。

このようなフィットネス業界の動向から、価格競争に勝てない中・小規模事業者は、自社・事業を売却して、会社・事業を存続させる道を選択していると考えられます。

動向③ 人材確保の手段としても活用

3つ目は、人材確保のための利用です。スポーツクラブ・フィットネスクラブでは、総合的に体を動かし鍛えるプログラムを用意しているため、トレーナー・インストラクターが必要不可欠です。

スポーツクラブ・フィットネスクラブを運営するために必要な人材を確保するため、M&A・買収を行うケースも増えています。

動向④ 他業種からの参入も増加

4つ目は、他業種からの参入増加です。日本テレビホールディングスによるティップネスの買収に代表されるように、他業種によるフィットネス業界への参入がみられます。

このような動向は、高齢化社会の進行や、東京オリンピック・パラリンピックの影響に起因しているといわれています。

そのため、フィットネス業界での需要を見越して、既存事業と結び付けた事業展開を図るため、他業種からの参入が増えていると考えられます。

【関連】スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aの基礎知識!事例・流れ・注意点を詳しく解説!

3. スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aのメリット

スポーツクラブとフィットネスクラブのM&Aのメリット

出典: https://pixabay.com/ja/photos/%E8%A6%AA%E6%8C%87-%E5%A4%A7%E4%B8%88%E5%A4%AB-%E8%89%AF%E3%81%84-2056022/

スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aを選択すると、どのようなメリットが得られるのでしょうか。この章では、スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aにおけるメリットを、売却側・買収側に分けて紹介します。

買収側

スポーツクラブ・フィットネスクラブを買収する側には、以下4つのメリットが得られます。

  1. 立地・施設などを取得
  2. 事業範囲の拡大
  3. 新規会員・ノウハウの獲得
  4. インストラクターの確保

①立地・施設などを取得

1つ目に挙げる買収側のメリットは、立地・施設などの取得です。既にスポーツクラブ・フィットネスクラブを運営している企業が事業を拡大するためには、新たに立地を確保したり施設を建てたりしなければなりません。

しかし、フィットネス業界は競争が激しいため、めぼしい場所に施設を設けようにも、既にライバル企業が施設を立て営業を行っていることもあります。

そこで、既存のスポーツクラブ・フィットネスクラブをM&A・買収すれば、改装など多少手を加えるだけで、スムーズな事業の拡大を図ることができます。

②事業範囲の拡大

2つ目に挙げる買収側のメリットは、事業範囲の拡大です。近年では健康志向などの高まりにより、フィットネス業界での需要が見込まれています。

そのため、異業種によるスポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aが増えており、施設・設備・人材・ノウハウなどを確保しています。

短期間・低コストで事業範囲を拡大できるメリットがあるため、異業種がスポーツクラブ・フィットネスクラブを買収する例が増えています。

③新規会員・ノウハウの獲得

3つ目に挙げる買収側のメリットは、新規会員・ノウハウの獲得です。施設の利用者を獲得したり、新しいノウハウを構築したりするには、多くの費用と時間を要します。

しかし、既存のスポーツクラブ・フィットネスクラブを買収すれば、対象企業が抱える会員やノウハウを取得することが可能です。

集客力・経営ノウハウに乏しい企業にとっては、買収により低コスト・短期間での取得が実現できることから、メリットがあるといえるでしょう。

④インストラクターの確保

4つ目に挙げる買収側のメリットは、インストラクターの確保です。フィットネス業界では、インストラクターやトレーナーといった指導者の人気が売上を左右するともいわれています。

優秀なインストラクターやトレーナーがいれば、会員の維持や新規会員の獲得につながるため、既存のスポーツクラブ・フィットネスクラブを買収し、人材を確保するケースも多いです。

売却側

スポーツクラブ・フィットネスクラブを売却する側には、以下5つのメリットが得られます。

  1. 創業者利益を得る
  2. 従業員の雇用先を確保できる
  3. 後継者問題の解決
  4. 大手資本によるバックアップ
  5. 債権・債務からの解消

①創業者利益を得る

1つ目に挙げる売却側のメリットは、創業者利益の獲得です。スポーツクラブ・フィットネスクラブをM&A・売却すれば、オーナー(株主)に売却益が入ります。

まとまった資金を獲得できるため、他事業や新会社設立の資金にしたり、引退後の生活費に充当したりすることもできます。

②従業員の雇用先を確保できる

2つ目に挙げる売却側のメリットは、従業員の雇用先を確保できる点です。廃業を選択すると、自社の従業員は解雇しなけばなりません。

しかし、スポーツクラブ・フィットネスクラブの大手企業や同業者にM&A・売却すれば、従業員を引き継いでもらえるため、雇用先を確保することができます。

③後継者問題の解決

3つ目に挙げるメリットは、後継者問題の解決です。近年、多くの中小企業が後継者不足に直面しており、スポーツクラブ・フィットネスクラブ業界も例外ではありません。

経営者の高齢化などにより事業承継を行いたくても、親族に事業を継続する意思がなかったり、自社株式を取得するための負担が大きかったりなど、引継ぎが難しいケースもあります。

そのような場合、同業者や関連業種など企業へ売却すれば、後継者問題を解決することができ、事業の継続が可能になります。

④大手資本によるバックアップ

4つ目に挙げるメリットは、大手資本によるバックアップです。スポーツクラブ・フィットネスクラブの運営には運動用の設備が必要ですが、設備・建物の老朽化が進めば都度修繕しなければなりません。

建物や設備の修繕や維持には費用がかかるため、自社のみでは資金の捻出が難しいケースもあり、結果的にスポーツクラブ・フィットネスクラブの経営自体も困難になります。

大手の傘下に入れば、経営資源を共有できるうえ、資金面のパックアップも受けられるため、自社の経営状況を改善することにも期待できます。

⑤債権・債務からの解消

5つ目に挙げるメリットは、債権・債務からの解消です。回収できない不良債権や返済できない借入金・買掛金などの債務を抱えている企業は、M&Aの買い手が付きづらいことが一般的です。

しかし、買収側が必要とするノウハウや人材などを備えていれば、自社・事業の売却は可能です。

会社そのものを売却する株式譲渡・利益の出ている事業のみを売却する事業譲渡・不採算事業を切り離す会社分割などにより、自社を売却すれば債権・債務からの解消が可能です。

4. スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aに掛かる手数料

スポーツクラブとフィットネスクラブのM&Aに掛かる手数料

出典: https://pixabay.com/ja/photos/%E5%A5%91%E7%B4%84%E3%81%AE%E7%B7%A0%E7%B5%90-%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%AF-%E6%8F%A1%E6%89%8B-3100563/

スポーツクラブ・フィットネスクラブには、多店舗展開をする会社や、パーソナルジムといった小規模の事業者もあり、それぞれ店舗数・会員数・提供するサービス・設備などが異なるため、M&Aの譲渡価格にも差が生まれます。

M&Aの譲渡価格が違えば手数料も変わりますが、そのほか仲介会社の報酬体系などによっても手数料の相場は違ってきます。

手数料の相場は報酬体系によって変化する

M&Aに掛かる手数料は、報酬体系によっても違いが現れます。レーマン方式の成功報酬型を採用している場合でも、依頼する専門家や仲介会社によって料率を掛ける対象が異なるため、支払う手数料に変化が生じます。

【料率を掛ける対象/レーマン方式の成功報酬型】

  • 譲渡価格
  • 資産/時価総資産額

料率をかける対象が何になるのかによって手数料が大きく変わることもあるため、事前に仲介会社・専門の報酬体系をよく確認しておきましょう。

手数料の相場には成功報酬以外の料金も影響を与える

手数料の相場には、初期費用の徴収も影響を与えます。専門家・仲介会社によっては、着手金・中間金・月額費用・デューデリジェンスの費用(買収側)・出張費・登記費用が別途かかるところもあります。

その場合、成功報酬のほかに必要費用を支払わなければならないため、自身が予定していた手数料を大幅に超えることもあるでしょう。

手数料の相場は、初期費用などの成功報酬以外の料金によっても変わるため、仲介先が定める手数料の料率に加えて、必要費用についても確認しておきましょう。

【関連】M&Aの仲介手数料はどれくらい?お得なM&A仲介会社と相場を紹介

5. スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aを行う仲介会社の比較

スポーツクラブとフィットネスクラブのM&Aを行う仲介会社の比較

出典: https://pixabay.com/ja/photos/%E4%BF%A1%E9%A0%BC-%E9%85%8D%E7%BD%AE-%E6%8F%A1%E6%89%8B-3031679/

スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aを検討する場合、どのような仲介会社へ相談すればよいのでしょうか。ここでは、スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&AにおすすめのM&A仲介会社を紹介します。
 

  1. M&A総合研究所
  2. 株式会社ストライク
  3. M&Aキャピタルパートナーズ
  4. インテグループ
  5. 株式会社中小企業M&Aサポート
  6. 株式会社ロシェル
  7. キャピタル・エヴォルヴァー
  8. コーポレート・アドバイザーズ
  9. 日本M&Aセンター
  10. M&Aクラウド

①M&A総合研究所

M&A総合研究所

出典: https://masouken.com/lp01

スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aにおすすめの仲介会社1社目は、M&A総合研究所です。M&A総合研究所は、中堅・中小向けの案件を取り扱う会社で、スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aにも精通しています。

アドバイザー・会計士・弁護士の専門家3名によるフルサポートを提供しており、料金体系は着手金・中間報酬は無料の完全成果報酬制を採用しています。
 

M&A総合研究所
事業内容 M&Aプラットフォーム事業/M&Aアドバイザリー事業
本社所在地 東京都渋谷区桜丘町4-17
お問い合わせ先 0120-401-970
URL https://masouken.com/lp01

特徴・強み

M&A総合研究所には、以下のような特徴と強みがあります。
 

  • 年間の相談件数は3,600件
  • M&Aの成約率は70%
  • 業界に精通したM&Aアドバイザー・会計士・弁護士によるフルサポート
  • 平均3カ月のクロージング
  • 希望額を上回る譲渡額の提示(平均124%のアップ)
  • 対応エリアは国内外
  • 直接交渉を可能とするM&Aマッチングプラットフォームの設置

報酬体系

M&A総合研究所の報酬体系は、以下のとおりです。
 

  • レーマン方式の完全成果報酬型を採用
  • 株式価値をベースに手数料を算出
  • 着手金・中間金・月額報酬は無料

②株式会社ストライク

株式会社ストライク

出典: https://www.strike.co.jp/

2つ目に比較するスポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aを行う仲介会社は、株式会社ストライクです。

公認会計士を中心に設立された会社で、日本初のウェブを介したM&Aマッチングサービスの提供を始めています。

 

②株式会社ストライク
事業内容 M&Aの仲介
M&A市場smartの運営
企業価値の向上・財務に向けたコンサルティング
本社所在地 東京都千代田区大手町1-9-2
お問い合わせ先 0120-552-410
URL https://www.strike.co.jp/

特徴・強み

株式会社ストライクには、以下の特徴と強みがあります。
 

  • 対応するスタッフは公認会計士・金融機関の出身者などの専門家
  • M&Aの相談からクロージングまでのフルサポートを提供
  • 対応エリアは全国
  • 企業価値評価・財務デューデリジェンスにも対応
  • 2019年8月期の成約実績は104件
  • M&Aマッチングサービス「M&A市場SMART」の運営
  • 再生を目的としたM&Aの支援も行う

報酬体系

株式会社ストライクの報酬体系は、以下の通りです。
 

  • レーマン方式を採用
  • 売却側からは株式・資産などの譲渡額に料率を掛けて徴収
  • 買収側からは売却側の時価総資産額に料率を掛けて徴収

③M&Aキャピタルパートナーズ

M&Aキャピタルパートナーズ

出典: https://www.ma-cp.com/

3つ目に比較するスポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aを行う仲介会社は、M&Aキャピタルパートナーズです。東証一部に上場する会社で、M&Aの成約においてはトップクラスの実績を有しています。

 

③M&Aキャピタルパートナーズ
事業内容 M&A仲介
本社所在地 東京都千代田区丸の内一丁目9番1号
グラントウキョウノースタワー38階
お問い合わせ先 03-6880-3800
URL https://www.ma-cp.com/

特徴・強み

M&Aキャピタルパートナーズには、以下の特徴と強みがあります。
 

  • 事業承継のM&A中心
  • 専任のコンサルタントが就き、外部の専門家と連携したフルサポートを提供
  • レフコ社との協業により、業界再編やクロスボーダー案件にも対応
  • 自社の顧客データに加え、協業先のデータから最適な交渉先を紹介
  • 2019年9月期の成約実績は107件
  • オンラインでのマッチングサービスも提供

報酬体系

M&Aキャピタルパートナーズの報酬体系は、次の通りです。
 

  • レーマン方式を採用
  • 株式の譲渡対価に料率を掛けて徴収する
  • 着手金・月額報酬・企業評価レポートの作成は無料
  • 中間金は成功報酬の10%を徴収する

④インテグループ

インテグループ

出典: https://www.integroup.jp/

4つ目に比較するスポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aを行う仲介会社は、インテグループです。中堅・中小企業のM&Aに特化した仲介・アドバイザリーサービスを提供する会社で、MBOの支援も行っています。
 

④インテグループ
事業内容 M&A仲介とアドバイザリー
MBOの支援
本社所在地 東京都千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビル26F
お問い合わせ先 03-6206-6980
URL https://www.integroup.jp/

特徴・強み

インテグループの特徴と強みは、以下の通りです。
 

  • 中小規模のM&Aに特化(売上高1億前後~150億円)
  • コンサルタント・会計士などの専門家によるワンストップのM&A支援
  • 利用者の立場に立った誠実な対応
  • 成約実績は113件
  • 提携先の金融機関・会計事務所とのネットワークを持つ
  • M&Aの成立期間は3~6カ月
  • MBO・大型のM&A(売上高100億~数千億円)にも対応
  • 対象エリアは全国

報酬体系

インテグループの報酬体系は、次の通りです。
 

  • レーマン方式の完全成功報酬型を採用
  • 売買金額に料率を掛けて報酬を徴収する
  • 成功報酬の最低額は500万円
  • 着手金・中間金・月額報酬は無料

⑤株式会社中小企業M&Aサポート

株式会社中小企業M&Aサポート

出典: https://www.chusho-ma-support.com/

5つ目に比較するスポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aを行う仲介会社は、株式会社中小企業M&Aサポートです。1999年に設立された仲介会社で、スポーツクラブ・フィットネスクラブを含む、あらゆる業種を取り扱っています。

 

⑤株式会社中小企業M&Aサポート
事業内容 M&Aの仲介
M&Aのコンサルティング
事業再生のコンサルティング
経営コンサルティング
本社所在地 東京都千代田区丸の内1−11−1
パシフィックセンチュリープレイス8階
お問い合わせ先 03-6860-8272
URL https://www.chusho-ma-support.com/

特徴・強み

株式会社中小企業M&Aサポートには、以下の特徴と強みがあります。
 

  • 2017年度のM&A成約実績は、78.3%
  • 経験と知識を備えたアドバイザーが親身に対応する
  • 相談者の意思を尊重し、成約に結び付ける信念を持つ
  • 数千社以上の登録企業や全国各地の士業とのネットワークから最適な相手を紹介
  • M&A成約率向上システムを活用しM&Aの成約率を高める
  • 直接仲介により秘密を厳守し、密なコミュニケーションを取る

報酬体系

株式会社中小企業M&Aサポートは成功報酬型を採用していますが、売却・買収側では報酬体系が以下の点で異なります。

【売却側の報酬体系】

  • 事業譲渡の場合は、譲渡金額+保証金に料率を掛ける
  • 株式譲渡・第三者割当増資・合併・分割などの場合は、売買金額に料率を掛ける
  • 着手金・月額報酬・企業価値算定は、無料
  • 中間金は100万円
  • 最低成功報酬額は、150万円
 
成功報酬額
事業譲渡 株式譲渡・第三者割合増資・合併・分割など  
譲渡金額+保証金 売買金額 手数料
1千万円以下 150万円
3千万円以下 250万円
6千万円以下 350万円
1億円以下 500万円
1億超5億円以下の部分 5%
5億超10億円以下の部分 4%
10億超50億円以下の部分 3%
50億円超の部分 2%


【買収側の報酬体系】
  • 着手金・中間金は50万円
  • 成功報酬額は、売却側の算出表と同じ

⑥株式会社ロシェル

株式会社ロシェル

出典: https://www.rochelle.co.jp/

6つ目に比較するスポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aを行う仲介会社は、株式会社ロシェルです。中堅・中小企業のM&Aを支援する会社で、フィットネスクラブを含む多様な業種を取り扱い、全国の案件を取り扱っています。

 

⑥株式会社ロシェル
事業内容 M&Aアドバイザリー
M&A実務支援
企業戦略に関するコンサルティング業務
本社所在地 東京都千代田区神田佐久間町二丁目1番 奥田ビル4階
お問い合わせ先 03-5829-8412
URL https://www.rochelle.co.jp/

特徴・強み

株式会社ロシェルには、以下の特徴と強みがあります。
 

  • 中堅・中小企業のM&Aに特化
  • 買収価格の相場は、1億~数十億円
  • 買収希望の情報は常時500件を揃える
  • 経験と知識を有する専任のコンサルタントがワンストップサービスを提供
  • 成約後のアフターフォローも行う
  • サイト上で簡易な企業価値算定サービスを提供

報酬体系

株式会社ロシェルの報酬体系は、次の通りです。
 

  • レーマン方式の成功報酬型を採用
  • 株式価額に料率を掛けて報酬を徴収する
  • 着手金・中間金・月額費用は無料

⑦キャピタル・エヴォルヴァー

キャピタル・エヴォルヴァー

出典: http://capitalevolver.com/

7つ目に比較するスポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aを行う仲介会社は、キャピタル・エヴォルヴァーです。

2009年に設立された完全独立系の会社で、利用者の立場を尊重したM&Aアドバイザリーサービスを提供しています。
 

⑦キャピタル・エヴォルヴァー
事業内容 M&Aアドバイザリー
事業・企業再生
買収監査(デューデリジェンス)
再編支援コンサルティング
経営戦略立案による企業価値向上支援
第三者割当増資・資金調達の支援など
本社所在地 東京都千代田区麹町2-10-3 EXPERT OFFICE麹町
お問い合わせ先 03-6276-7534
URL http://capitalevolver.com/

特徴・強み

キャピタル・エヴォルヴァーには、以下の特徴と強みがあります。

  • 中立の立場でM&Aのアドバイスを行う
  • 利用者側の希望を尊重するアドバイザリーサービスの提供
  • 案件ごとに組まれた少数精鋭のチームによる質の高いアドバイザリーサービス
  • 専任のアドバイザーによる親身な対応
  • 知識と経験を備えたアドバザー・専門家を揃える
  • 対応エリアは国内外

報酬体系

キャピタル・エヴォルヴァーの報酬体系は、次の通りです。
 

  • 完全成功報酬型を採用
  • 取引金額に料率を掛けて報酬を徴収する
  • 着手金・中間金・月額報酬・企業価値シミュレーションは無料

⑧コーポレート・アドバイザーズ

コーポレート・アドバイザーズ

出典: https://co-ad.jp/

8つ目に比較するスポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aを行う仲介会社は、コーポレート・アドバイザーズです。

会計事務所のグループ会社で、M&A・財務会計・税務・人事労務・相続の専門家が在籍し、M&Aの仲介・アドバイザリーサービスを提供しています。

 

⑧コーポレート・アドバイザーズ
事業内容 M&A仲介
M&Aアドバイザリー
事業承継コンサルティング
本社所在地 東京都千代田区霞が関3丁目2番5号 霞が関ビルディング33階
お問い合わせ先 03-3593-3239
URL https://co-ad.jp/

特徴・強み

コーポレート・アドバイザーズには、以下の特徴と強みがあります。
 

  • 専門知識を有したスタッフがクロージングまでのフルサポートを提供
  • M&A仲介・助言における成約数は累計で120件以上
  • 株価算定・デューデリジェンスの支援数は800件以上
  • M&Aマーケティングの専門チームが潜在的な案件を掘り起こす
  • 株価算定・デューデリジェンスの実施
  • PMIの支援

報酬体系

コーポレート・アドバイザーズではレーマン方式の成功報酬型を採用していますが、売却・買収側では以下の点が異なります。

【売却側の報酬体系】

  • 取引金額に料率を掛けて報酬を徴収する
  • 最低報酬額は1,000万円
  • 着手金・企業価値算定シミュレーションは無料
  • 中間金は50万円

【買収側の報酬体系】
  • 取引金額に料率を掛けて報酬を徴収する
  • 最低報酬額は1,000万円
  • 着手金は無料、中間金は200万円
  • M&Aマーケティングサービスは月20万円×3カ月~(オプション)

⑨日本M&Aセンター

日本M&Aセンター

出典: https://www.nihon-ma.co.jp/

9つ目に比較するスポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aを行う仲介会社は、日本M&Aセンターです。国内に7つの拠点を置き、全国の中堅・中小企業に対し友好的なM&Aを支援しています。

 

⑨日本M&Aセンター
事業内容 M&A仲介
PMI支援
企業評価の実施
MBO支援
企業再生支援など
本社所在地 東京都千代田区丸の内一丁目8番2号
鉃鋼ビルディング 24階
お問い合わせ先 0120-03-4150
URL https://www.nihon-ma.co.jp/

特徴・強み

日本M&Aセンターには、以下の特徴と強みがあります。
 

  • 質の高い企業概要書の作成
  • 企業評価の専門機関による公正な評価を実施
  • 341名のコンサルタントが情報交換を行い、最新のトレンドを企業価値に反映
  • 年間の成約実績は770件
  • 案件ごとに法務・税務・会計の専門家が就き、サポートにあたる
  • 国内最大規模のネットワークからふさわしい相手を紹介
  • PMIの専門チームが成約後のフォローを行う

報酬体系

日本M&Aセンターの報酬体系は、次の通りです。
 

  • レーマン方式による成功報酬型を採用(サイトマッチングの場合はアドバイザリー費用が必要)
  • 売却側の時価資産額に料率を掛けて料金を徴収
  • 相談は無料、着手金あり

⑩M&Aクラウド

M&Aクラウド

出典: https://macloud.jp/

10つ目に比較するスポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aを行う仲介会社は、M&Aクラウドです。

迅速な成約につなげられるM&Aマッチングプラットフォームを備え、売り手側への行き届いたアドバイザリーサービスも提供しています。

 

⑩M&Aクラウド
事業内容 プラットフォーム事業
アドバイザリー事業
本社所在地 東京都中央区八丁堀 4-9-13 ニチレックビル6F
お問い合わせ先 03-6431-8460
URL https://macloud.jp/

特徴・強み

M&Aクラウドには、以下の強みと特徴があります。
 

  • 起業・売却の経験を備えたアドバイザーが対応
  • プラットフォームで収集したデータから解析したニーズ・相場を取引に反映
  • 売却経験者・買い手候補者とのネットワークから最適な交渉先を紹介
  • スタートアップ企業に対する戦略・デューデリジェンス・M&A支援が充実
  • マッチングプラットフォームに掲載される買い手は100社、売り手は1,000社を超える

報酬体系

M&Aクラウドの報酬体系は、以下の通りです。
 

  • 成功報酬型を採用
  • 買収側にのみ成約価額に料率を掛けて手数料を徴収する
  • 売却側がオプションを利用した場合には、報酬が発生する

【売却側がオプションを利用した場合】
オプション 報酬体系
資料作成 39万8,000円(原則)
交渉立ち合い 売却価格の3%
資料作成~交渉まで 売却価格の約5%

【関連】M&A仲介会社を徹底比較!口コミ・評判・実績情報まとめ!

6. スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aが行われた事例

スポーツクラブとフィットネスクラブのM&Aが行われた事例

出典: https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84-%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%8D%E3%82%B9-2262083/

スポーツクラブ・フィットネスクラブ業界では、どのような企業が売却・買収の対象とされているのでしょうか。ここでは、スポーツクラブ・フィットネスクラブ業界で行われたM&Aについて、5つの事例を取り上げます。

【スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aが行われた事例】

  1. 日新製糖によるフィットネスクラブ運営会社へのM&A
  2. センコーグループホールディングスによるフィットネスクラブ運営会社へのM&A
  3. ユニチカによるスポーツクラブの譲渡
  4. 野村不動産ホールディングスによるフィットネスクラブ運営会社へのM&A
  5. 日テレHDによるフィットネスクラブ運営会社へのM&A

事例① 日新製糖によるフィットネスクラブ運営会社へのM&A

日新製糖によるフィットネスクラブ運営会社へのM&A

出典: https://www.nissin-sugar.co.jp/

1つ目に紹介するスポーツクラブ・フィットネスクラブのM&A事例は、日新製糖株式会社によるフィットネスクラブ運営会社へのM&Aです。

砂糖の製造や販売を中心とする食品事業やフィットネスクラブ事業を展開する日新製糖は、2019年2月、東京都で総合フィットネスクラブやコンパクトジム(9店舗)を運営する株式会社エヌエーシーシステムの株式をすべて取得しました。

エヌエーシーシステムは、和洋菓子・パン・食品の製造および販売を手掛ける株式会社中村屋の子会社です。

この買収により、日新製糖は総合フィットネスを行う店舗を増やし、既存のフィットネスクラブとの融合させた店舗展開を進めることで多様なニーズに応え、フィットネスクラブ事業の拡大を図るとしています。

事例② センコーグループホールディングスによるフィットネスクラブ運営会社へのM&A

センコーグループホールディングスによるフィットネスクラブ運営会社へのM&A

出典: http://www.senkogrouphd.co.jp/

2つ目のスポーツクラブ・フィットネスクラブM&A事例は、センコーグループホールディングスによるフィットネスクラブ運営会社へのM&Aです。

物流・商事・ビジネスサポート・ライフサポート事業を展開するセンコーグループホールディングス株式会社は、2017年9月、山梨県を中心に総合フィットネスクラブや小規模のフィットネスジムなどを営む株式会社ブルーアースと関連する2社の株式を取得しました。

センコーグループホールディングスは、対象会社のすべての株式を取得して子会社としており、今回の買収により、フィットネス業界への進出を果たし、需要が見込める介護事業との連携を図る方針です。

また、高齢者に生きる喜びを得られる場所を提供し、ライフサポート事業の拡大を進めるとしています。

事例③ ユニチカによるスポーツクラブの譲渡

ユニチカによるスポーツクラブの譲渡

出典: https://www.unitika.co.jp/

3つ目のスポーツクラブ・フィットネスクラブM&A事例は、ユニチカによるスポーツクラブの譲渡です。

高分子・機能材・繊維事業を営むユニチカ株式会社は、2015年3月期、スイミングスクールとフィットネスクラブの経営管理を行う連結子会社ユニチカ京都ファミリーセンターの全株式を、スポーツクラブの運営・企画・管理を行う株式会社コパンへ譲渡しました。

ユニチカは、2015年3月期から掲げる新中期経営計画に基づいて、対象の連結子会社を売却し、高分子事業への注力を図り、成長戦略を推し進めるとしています。

事例④ 野村不動産ホールディングスによるフィットネスクラブ・スポーツクラブ運営会社へのM&A

野村不動産ホールディングスによるフィットネスクラブ・スポーツクラブ運営会社へのM&A

出典: https://www.nomura-re-hd.co.jp/

4つ目のスポーツクラブ・フィットネスクラブM&A事例は、野村不動産ホールディングスによるフィットネスクラブ運営会社へのM&Aです。

不動産事業を中心としたグループ会社を束ねる野村不動産ホールディングス株式会社は、2015年に株式公開買付け(TOB)と株式交換を実施し、首都圏を中心にフィットネスクラブとスポーツクラブの運営を手掛ける株式会社メガロスを完全子会社としています。

野村不動産ホールディングスは、激化するフィットネス業界での競争や、多様化するニーズに対応すべく買収に踏み切っており、自社の経営資源を共有させることで両社がシナジーを得られ、成長速度を早められると判断したため、メガロスを完全子会社としています。

野村不動産ホールディングスは、メガロスの買収により、高まりを見せるフィットネス業界への進出を図る方針です。

事例⑤ 日テレHDによる総合スポーツクラブ運営会社へのM&A

日テレHDによる総合スポーツクラブ運営会社へのM&A

出典: http://www.ntvhd.co.jp/

5つ目のスポーツクラブ・フィットネスクラブM&A事例は、日テレHDによるフィットネスクラブ運営会社へのM&Aです。

テレビ事業大手の日本テレビホールディングス株式会社は、2014年12月、関東・東海・中京・関西などの都市部に61店舗の総合スポーツクラブを展開する株式会社ティップネスの株式をすべて取得し、完全子会社としています。

日本テレビホールディングスは、番組製作とスポーツ中継事業に、成長が見込める生活・健康関連事業を加えることで、既存事業とのシナジーを得る方針です。

7. スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aにおすすめの仲介会社ランキング

スポーツクラブとフィットネスクラブのM&Aにおすすめの仲介会社ランキング

出典: https://pixabay.com/ja/illustrations/%E9%A1%A7%E5%AE%A2%E3%81%AE%E7%B5%8C%E9%A8%93-%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88-%E3%81%9F%E3%81%84%E3%81%B8%E3%82%93%E8%89%AF%E3%81%84-3024488/

スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aでは、どのような仲介会社に依頼すればよいのでしょうか。ここでは、仲介会社の選定に悩んでいる方に向けて、おすすめの仲介会社をランキング形式で紹介します。

  1. M&A総合研究所
  2. 株式会社ロシェル
  3. キャピタル・エヴォルヴァー
  4. 日本M&Aセンター
  5. 株式会社中小企業M&Aサポート

①M&A総合研究所

M&A総合研究所

出典: https://masouken.com/lp01

スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aにおすすめの仲介会社第1位は、M&A総合研究所です。

M&A総合研究所では、スポーツクラブ・フィットネスクラブ業界に精通したM&Aアドバイザー・会計士・弁護士が就き、クロージングまでのフルサポートを提供しています。

料金体系は、着手金・中間報酬は無料の完全成功報酬制(レーマン方式)を採用しています。

平均3カ月でのクロージング、希望額を上回る譲渡額の提示(希望額より平均124%のアップ)を実現しており、年間の相談件数は3,600件で、M&Aの成約率は約70%に達しています。
 

①M&A総合研究所
事業内容 M&Aプラットフォーム事業/M&Aアドバイザリー事業
本社所在地 東京都渋谷区桜丘町4-17
お問い合わせ先 0120-401-970
URL https://masouken.com/lp01

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

②株式会社ロシェル

株式会社ロシェル

出典: https://www.rochelle.co.jp/

スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aにおすすめの仲介会社第2位は、株式会社ロシェルです。中堅・中小企業のM&Aをサポートする会社で、フィットネスクラブの成約実績もあります。

専任のコンサルタントによるワンストップのサービスや、成約後のアフターフォローを実施し、買収希望の情報を常時500件も揃えています。
 

⑥株式会社ロシェル
事業内容 M&Aアドバイザリー
M&A実務支援
企業戦略に関するコンサルティング業務
本社所在地 東京都千代田区神田佐久間町二丁目1番 奥田ビル4階
お問い合わせ先 03-5829-8412
URL https://www.rochelle.co.jp/

③キャピタル・エヴォルヴァー

キャピタル・エヴォルヴァー

出典: http://capitalevolver.com/

スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aにおすすめの仲介会社第3位は、キャピタル・エヴォルヴァーです。多様な業種を取り扱っており、スポーツクラブ・フィットネスクラブの案件も抱えています。

キャピタル・エヴォルヴァーでは、案件ごとに社内外の専門家で少数体制のチームを組み、質の高いアドバイザリーサービスを提供しており、利用者ごとに専属のアドバイザーがサポートにあたります。

料金体系は完全成功報酬型を採用しており、完全独立系の利点を活かし、中立の立場でふさわしい交渉先を紹介しています。
 

⑦キャピタル・エヴォルヴァー
事業内容 M&Aアドバイザリー
事業・企業再生
買収監査(デューデリジェンス)
再編支援コンサルティング
経営戦略立案による企業価値向上支援
第三者割当増資・資金調達の支援など
本社所在地 東京都千代田区麹町2-10-3 EXPERT OFFICE麹町
お問い合わせ先 03-6276-7534
URL http://capitalevolver.com/

④日本M&Aセンター

日本M&Aセンター

出典: https://www.nihon-ma.co.jp/

スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aにおすすめの仲介会社第4位は、日本M&Aセンターです。創業28年目を迎え、中小企業のM&A支援を中心に事業を展開しています。

特にリスクの回避に力を入れており、30名の専門家で組織されたチームと341名のコンサルタントとの協力により、迅速な対応が可能です。

また、国内外にある8つ拠点をはじめ、全国にある地方銀行の9割・信用金庫の8割、874の会計事務所と提携しており、希望条件に合った交渉先を探すことができます。

さらに、成約後のフォローにも対応し、PMI専門のチームによるサポートはもちろん、成約式の開催や従業員への情報開示、幹部・キーパーソンへの根回しなどを支援してくれます。

 

⑨日本M&Aセンター
事業内容 M&A仲介
PMI支援
企業評価の実施
MBO支援
企業再生支援など
本社所在地 東京都千代田区丸の内一丁目8番2号
鉃鋼ビルディング 24階
お問い合わせ先 0120-03-4150
URL https://www.nihon-ma.co.jp/

⑤株式会社中小企業M&Aサポート

株式会社中小企業M&Aサポート

出典: https://www.chusho-ma-support.com/

スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aにおすすめの仲介会社第5位は、株式会社中小企業M&Aサポートです。

経験豊富なアドバイザーの親身な対応や、数千社を超えるデータベース・全国の士業とのネットワーク・、M&A成約率向上システムを活用し78.3%の高い成約率を維持しています。
 

⑤株式会社中小企業M&Aサポート
事業内容 M&Aの仲介
M&Aのコンサルティング
事業再生のコンサルティング
経営コンサルティング
本社所在地 東京都千代田区丸の内1−11−1
パシフィックセンチュリープレイス8階
お問い合わせ先 03-6860-8272
URL https://www.chusho-ma-support.com/

8. スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aのご相談先

スポーツクラブとフィットネスクラブのM&Aのご相談先

出典: https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E3%83%AC%E3%83%87%E3%82%A3-%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90-3560929/

スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aを検討されている方は、M&A総合研究所へご相談ください。M&A総合研究所は、中堅・中小企業向けの案件を取り扱う仲介会社です。

案件ごとにスポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aに精通したM&Aアドバイザーのほか、会計士・弁護士を就けて、クロージングまでのフルサポートを提供しています。

報酬体系はレーマン方式の完全成功報酬型を採用し、着手金・中間金・月額費用は無料です。

さらに、平均3カ月でのクロージングや、希望額を上回る譲渡額の提示(平均124%のアップ)などの支援を行うほか、年間3,600件の相談を受け、M&Aの成約率は70%に達しています。

スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aを考えている方は、ぜひM&A総合研究所へお問い合わせください。無料による相談を、24時間年中無休で受け付けております。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

9. まとめ

まとめ

出典: https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%A8%E3%82%AC-%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97-%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%8D%E3%82%B9-1994667/

スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&A・買収・売却・譲渡について、手数料の相場や、M&Aの動向、M&Aの事例などを紹介しました。

スポーツクラブ・フィットネスクラブ業界では、再編・価格競争・人材確保・他業種の参入を理由としたM&Aが見られます。

【スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&A・買収・売却・譲渡の動向】

  • M&Aによりスポーツクラブ・フィットネスクラブ業界は再編が活発
  • 価格競争が激化し売却するオーナーも現れている
  • 人材確保の手段としても活用
  • 他業種からの参入も増加

そのほかにも、取り上げたM&Aのメリットを得るために、売却・買収を選択する企業も見られます。

【買収側のメリット】
  • 立地・施設などを取得
  • 事業範囲の拡大
  • 新規会員・ノウハウの獲得
  • インストラクターの確保

【売却側のメリット】
  • 創業者利益を得る
  • 従業員の雇用先を確保できる
  • 後継者問題の解決
  • 大手資本によるバックアップ
  • 債権・債務からの解消

これから、スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aを実行に移す方は、メリットを享受できるようにふさわしい仲介会社を選ぶ必要があるでしょう。取り上げた仲介業者の比較・おすすめの仲介会社を参考に、自社・事業のM&Aに見合った仲介会社を選択してください。

スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aを検討する方は、ぜひM&A総合研究所にご相談ください。M&A総合研究所は、スポーツクラブ・フィットネスクラブに精通したM&Aアドバイザーが在籍する仲介会社です。

専門家3名によるフルサポートをはじめ、初期費用を抑えた報酬体系や、短期間によるクロージング、希望額を上回る譲渡額の提示などのサービスを提供しています。

無料による相談は24時間年中無休で受けておりますので、気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ